カテゴリー「文化・芸術」の5件の投稿

2017年10月16日 (月)

芸術の秋に素敵なコンサートを鑑賞♪

こんにちは。イサです。

このところ木々の紅葉も進んで、ますます秋らしさが増してきましたね。

秋と言えば、芸術の秋ということで、クラシック好きの私は、札幌交響楽団のコンサートを鑑賞してきました。

というのも、現在の首席指揮者マックス・ポンマーさんが、今年度で任期を終えられることとなり、2018年4月からの次期首席指揮者のマティアス・バーメルトさんのコンサートが行なわれるという大注目のコンサートだったのです

Photo

バーメルトさん指揮による繊細さ・緻密さ・ダイナミックさのあふれる演奏に、すっかり引き込まれてしまいました 今後の札幌交響楽団との共演を期待させるような、素晴らしいコンサートでしたよ。
次のバーメルトさん指揮によるコンサートは、2018年4月と少し日程が空いてしまいますが、芸術の秋、素敵なコンサートを鑑賞して、感性を磨くというのもよいですよね。


Photo_5

プログラムの中には、札幌交響楽団事務局の方の手作りの「かぷりっちょ」という通信も入っていて、バーメルトさんの紹介がされてました。クラシック初心者にもわかりやすく、こういうのがあるのはうれしいですよね



3

コンサートの後は、特別にバーメルトさんの記者会見にもお邪魔させていただきました。
バーメルトさんは、これまで「バーゼル放送響」「ロンドン・モーツァルト・プレイヤーズ」「西オーストラリア響」などの音楽監督を務め、2014年に札幌交響楽団と初共演をされました。そのご縁もあり、今回、2018年度から首席指揮者に就任されることとなったそうです。

バーメルトさんは、「指揮を通じて、音程・リズム・アクセントやニュアンスなど、最高のバランスに仕上げて客席へお届けしたい。目の前にいる尊敬するプレイヤーたちの奏でる音を絶妙なバランスに仕上げるのが私の役目です」と語ってくださいました。

来年度からの札幌交響楽団の演奏が、バーメルトさんによって、どのような色になってくるのか楽しみです


公演情報など、気になる方は、ぜひ札幌交響楽団HPよりご確認ください。

http://www.sso.or.jp/
 

日々街がランキングに参加中。→人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月17日 (金)

えっ!!?? 解散!!!!????

今年の夏は、暑さが物足りなかった(○`ε´○)
お久しぶりですポロコ営業番長です(≧ヘ≦)


皆さん、最近感動の涙を流したり
ほっこりした気持ちになって笑顔になったりしてますか

poroco読者の皆様は、泣いたり笑ったりの充実の毎日をお過ごしのことかと思います(o^-^o)


でも・・・最近、いつ感動したかしらぁ~~~
って方にオススメの舞台があります


私は、今年の夏
素敵な劇団に出合ってしまったんです

ちょっと、多忙な日々が続いていて
寝不足気味にもかかわらず、
その眠気が吹っ飛ぶほど引き込まれて見入ってしまった舞台に出合いました

「この舞台は感動ものだから絶対見た方が良いよ
と、勧められた一枚のDVD。。。
2010年公演された「くちづけ」

仕事が終わって家について既に23時過ぎ
翌日ももちろん朝から仕事で観るか観ないか迷いつつ
半分だけ観ようかなぁ~~~~と、入れたのが最後
途中で止めることなんて出来ない素晴らしい舞台だったのです

その劇団とは
東京セレソンデラックス

テレビドラマの「花より男子」シリーズの脚本家でもある
宅間孝行さん主宰の劇団です。

その東京セレソンデラックスの解散公演が11月に札幌にやってきます

宅間さんは、もちろん
最近、注目のイケメン俳優 斉藤 工 さん
黒髪が何とも美しい演技派 芦名 星 さん
と、キャストも豪華な舞台「笑う巨塔」がやってきます

でも、舞台のチケット購入って
ちょぉ~~~っと手間ですよね┐(´-`)┌

アナウンスが長かったり
Lコードを入力したり・・・
何かと手順が面倒で(´ρ`)ぽか~ん

そんな方に朗報です

なんと、poroco読者向けに
8/20(月)10:00 ~ 8/22(水)23:30まで3日間
チケット購入直通特番を設けてもらえることになりましたイェ~~~~イ

簡単にチケットを手に入れたい方
こちらの番号にドシドシおかけください

 
0570-084-614 


宅間さんのインタビュー記事は
20日発売のポロコ9月号にも載っていますので見てね

東京セレソンデラックス公式HP
http://www.ts-dx.com/

私も観に行きます

日々街がランキングに参加中。→ポチっと応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

オータムフェスト in葡萄酒倉庫

皆様、三連休はいかがお過ごしでしたか
いろんなところにいったり、美味しいものを食べたり、楽しく過ごしたのでは

私も札幌の秋を満喫すべく、実はオータムフェストに行くだけでは飽き足らず、実際にお手伝いしてきてしまいました


1316951757492.jpg


大通西4丁目のシェフズキッチン『葡萄酒倉庫』でお客様と触れ合ってきました

快晴の三連休最終日。朝から、列をつくり、長い時間をお待ちいただくお客様…(完全お店の方のような発言すみません!)少しでもスムーズに、気持ちよくお待ちいただけるように、必死に誘導です


1316951768408.jpg
最大60分待ち

それでも、お料理を待ってくださる…そんなお客様も、クオリティの高い葡萄酒倉庫さんも、とてもすごいです(=´∀`)人(´∀`=)

「本当に美味しかったよ」
「どこにお店あるの?」
「ホットワインはどんなものが入ってるの?こんな美味しいの飲んだことない!」

いろんなお客様の生の声を聴いて、『伝えることの重み』を感じましたよー

そして、素敵な時間が…

1316951773378.jpg
じゃーん葡萄酒倉庫さんの愛情いっぱいのまかないです忙しい合間に、私の分まで作ってくださいました
んー全部美味しすぎる…

19時にはほぼ完売
シェフやスタッフの方々は、寝ずに仕込みをして、今日の日に臨んでいます。完売して、残念ながら食べられなかった方々も、まだ明日も葡萄酒倉庫さんのブースは続きます

是非、足をお運びください
わかでした

(近々もっと写真UPしますね!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

クリスマスの裏舞台

みなさんこんにちは
yamaです

今、わたしたちはクリスマスや忘年会の誌面をつくっているわけで。

その12月号(11/20発売)というのは、みなさんご存知の通り、
1年で一番ボリューミィなわけで。

そんなわけで。

101015_131301

こんなんもらいましたけど(笑)

はい、胃腸炎になりました〜

美味しいものを目の前にしても食べることができず、

ただただ、おかゆとうどんをすする毎日です

12月号制作時期は、
毎年続出の病人(私はちょっとフライング)、殺伐とし出す社内・・・

今から考えるだけで身の毛もよだつ状況ですが、
12月号が出来上がると「終わったーーーー」という達成感と、
それを手に取り、「クリスマスディナーはここにしよう」とか
「今年の忘年会はポロコで美味しいお店を選ぼう」と見ていただける読者のみなさまを
想像するだけで、今までのことがすべて救われるのです。


だから皆さん、わたしたち頑張るので
買ってね
(ついでに11月号も

日々街がランキングに参加中。→ポチっと応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

豪華!オペラディナー。

こんにちは!かよです

バタバタしていたporoco12月号の制作が、終わりました

クリスマスに、忘新年会に。
また平日でもふらっと立ち寄りたくたくなった時にぴったりのお店情報ががたっっっくさん載っているので、発売日の11月20日(金)にはぜひお手に取ってみて下さいね。

さて、目まぐるしく過ぎ去っていった制作の日々は、美味しいものやちょっと一杯……もなかなか出来ませんでした。

そんな私へのご褒美……
という訳ではないのですが、シェラトンホテル札幌のオペラディナーショーに行ってきましたよ!!
人生初の!生オペラ!

演目はCosi fan tutte(コジ・ファン・トゥッテ)
モーツァルトが1790年に作曲したオペラブッファです。


お話はというと。

ある姉妹の恋人が姉妹の貞節を試すために、お互い相手を変え変装して口説いたら二人とも心変わりをしてしまった……
「女なんて、みんなこんなものさ!(コジ・ファン・トゥッテ)」 というもの。
(えええぇぇぇぇ〜そんな〜って題名ですよね 笑)

姉妹の恋人達はあの手この手で姉妹を口説いて、それがコミカルでとっても面白い。

そして、最後のほうまで恋人を忠実に愛し続ける姉のフィオルディリージと、意外と早く新しい彼になびいていってしまう妹のドラベッラという、姉妹の違いも見ていてドキドキ

全編イタリア語オンリーなので、残念ながら詳しい台詞はわからなかったのですが……
本場のオペラを感じることが出来ました
↓こんなステキな会場で、プチセレブ気分も味わえました

Rimg1285

またオペラ、見に行きたいなぁ


そして、編集長もブログに書いていましたが、オペラの前に頂いたイタリアンディナーももちろん美味でしたっ

Rimg1276
"道産牛のカルパッチォ
パルミジャーノレッジャーノ ロケット菜を添えて"

Rimg1289
"瀬戸内産真鯛のパッテェーラ
アンチョヴィとケッパーのソース ポレンタと共に"

Rimg1290
"ティラミスと干し柿のコンポート"

ご褒美(違うって……)をたっぷり満喫したかよでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)