« そば酒房 札幌円山柚が大通りに誕生 | トップページ | おつかれ時のチョコアイス »

2010年2月13日 (土)

常夏の後半

こんにちは、yamaです
今日は〆切のため、みんな休日出勤です
ポロコ3月号ももうちょっとで発売なので、もう少しお待ちくださいね

…前回、波乱な旅行記を書いたところ、
周囲の人から「なんかよくわかんないけど、大変だったみたいだね」
と声をかけられるようになりました(笑)

ええ、とっても。

この前は書いている最中に目がゴロゴロしだしたので
書く気が失せてしまったのですが…
(yamaは集中するとまばたきをしなくなります

でも消化不良な感じもイヤなので、続編を

【3日目】
一日中雨
ホテルの人は「今日はずっと雨だから、スパでも行ってゆっくりしてきなヨ」
と言っていたけど、そろそろお土産も買わねば…と思っていたので
その日は一日中買い物デーにすることに。

雨だったけど、私はこの旅で一番イキイキした日でした
というのも、バリは本当に物価が安いので、ショッピングし放題です

観光雑誌で気になっていた、「ジェネバ クラフトセンター」とかいう
超激安ショッピングセンターがクロボカンにあり、
そこまで1〜2時間かけてダラダラと歩きました

途中、何度かコンビニに立ち寄ってはジュースやビールを飲み、
道を間違って、ずぅ〜っと続く怪しい小道(ちょっと踏み外したら汚いどぶに足を
突っ込みそうで、早いバイクが通るたびに緊張する)を歩き続けて
やっと目的地にたどり着きました

そこはアロマグッズ、石けん、雑貨などが豊富で
しかも価格交渉なく、激安(私は初日、お土産屋さんで普通にぼったくられました

それでGETした戦利品たち↓
100206_214001
バリコーヒーはここじゃなくスーパーで買いました

100206_213901_2 
詰め合わせも数十円〜500円くらいで買えるほど

100206_214201
ヤシの実?でできたカップ&ソーサーは、なんと100円未満でGET!

100206_214401
何に使うかさえわからないのに衝動買いしてしまった貝のスプーン

100206_214701
これもスーパーにて。
バリのメジャー(?)即席麺「POP MIE」と、コレをかけたら
すべてアジアンテイストになるという、辛いソース(名前忘れました

この他にも、立ち寄ったお店で
「ちょっとしたパーティに使えるかも」と思って買った
ワンピース(ちょっとしたパーティなんてないのに…)や、
「安いから買っちゃえ〜!」と思って買った水着(海行かないのに…)など
思う存分にショッピングを楽しんだ後は、さすがにぐったりでした

で、デパートの足マッサージ(2度目だったので顔覚えられてました)へ
思えば、この旅で一番交流したのがこのマッサージ店の青年たちでした。
一人は「おだやか光線」を発する23歳の青年、
もう一人はチュートリアルの徳井さんを色黒にして爽やかにした感じの25歳でした。
何でもそこの社長はケチだとかで不満がかなりたまっている様子。
確かに、マッサージもすごく上手なのに1時間500円は申し訳ないな〜と思い、
多少のチップを渡しました。それでその日はパーっと使ったのかな?
帰りに、彼らがオススメしていた地酒「アラック」を買って帰りました。

【4日目】
バリ最終日。
その日は午前中にまたお土産を買い足しに、繁華街へ。
またあてもなくブラブラ歩いていると、日本語がかなり達者な人が
「お土産?お土産ならいいとこあるよ〜」と声をかけてきて
私たちが入った店にまでついてきたんです!!
しかも何故かスマップの「ライオンハート」を歌ってる…
なんだろうな〜と思いながら、私はしばらく買い物に夢中で、
やっと店を出ると、ダンナと仲良くなっちゃってる

もう仲良くなってしまった手前断れなくなり、
結局彼の勧めるお店に連れていかれることに…
(ああ〜これで僻地に連れて行かれたらどうしようと内心焦ってました

そこは普通のお土産屋さんで、仕方がないので
彼はどこでも手に入りそうなサッカーユニフォームを買って
やっと解放されました
ふぅ〜何もなくて本当によかった…

それからまたブラブラしていたら、今度はホテルマンのキャッチに捕まる
その場でクジを引かされて、彼はTシャツ、私は何と特賞的なものが当たってしまい、
プレゼントを渡すから一緒に来てほしいと。

まあ懲りもせず、ついていきました(笑)
そのホテルはヌサドゥア(リゾート地です)にあるということで
タクシーで小1時間くらい。
その間ずっと、この特賞は初めて当たって興奮しているということ、
そして特賞が当たった私たちをホテルに連れていくと、自分の給料がぐんと上がると
いうことを何度もリピートしているので、
とりあえず「いいことしたんだな」ということにしました。

ホテルに着くと、日本人が案内してくれるとのことでしたが
30分以上待っても来ないので、ホテルを少し見学して帰ることに。
キレイなプライベートプール、目の前にはビーチ…
私たちの泊まったホテルとは雲泥の差でした
見なきゃよかった…

ちなみに私の特賞はバリの色んなところで使える割引チケットでした。
宿泊券とかだったら一気にテンション上がっただろうな〜

それからは誰にも引っかかることなく、最初で最後のスパに行って
(ダンナはクリームバスなど全てが慣れないようで固まってました)
日本へ帰ってきたのでした

帰国してからなんかかゆいな〜と思ったら、
計6箇所(!)も虫に刺されてました(今も若干跡が…)
病気にはかからなかったので良かったですが、虫には用心ですね

私にとってはかなりハードな旅でしたが
現実に戻った今となっては、「またバリ行きたいな〜」とか
思ってしまいます。
これぞ旅の魅力でしょうね

毎日忙しく過ごす読者さんも多いかと思いますが、
違う文化に触れて
現地の人と交流して
景色に感動して
そんな旅をしたいと思いませんか?

少しでもお休みが取れるのであれば、ぜひ国内外問わず
旅をしてみてください

私も今度はいつ取ろうか、虎視眈々と狙ってますよ…ふふふ

ではまた〜


|

« そば酒房 札幌円山柚が大通りに誕生 | トップページ | おつかれ時のチョコアイス »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 常夏の後半:

« そば酒房 札幌円山柚が大通りに誕生 | トップページ | おつかれ時のチョコアイス »