日記・コラム・つぶやき

2019年4月 8日 (月)

おみやげもらいました。

おつかれさまです。編集スタッフのkanaです。

だんだん春めいて、陽が長くなってきた今日この頃♪ 

営業スタッフの一人が出張のおみやげを買ってきてくれました。

Img_2558

しかも地酒!

増毛の「国稀」さんは、日本最北の造り酒屋さんです。

せっかくなので、春を感じながらひとつ味わってみようと思います♪

(kana)

| | コメント (0)

2019年3月18日 (月)

スプラウト生活続行中。

スプラウト生活はじめたいと急に盛り上がってから約2カ月。

気温が上がらないうちは育ちが悪かったけれど、史上最強寒波を乗り越えてから、少しずつ収穫できるようになりました

Img_2173

レンズ豆の場合は水をしっかりと切って、こんな風に、フタを斜め下にするのがポイントです 

私はここに気づくまでが長かったです

Img_2219

だんだん伸びてきて、このくらいでも、もう食べられます。

Img_2229

“ピカディージョ”とかいう、スペイン風のサラダにしてみました~ 

スプラウトって、種子の段階にはないビタミンやその他の栄養成分が発生して、種子や新野菜より栄養や酵素を多く含んでいるそうです。

今年はスプラウト生活をもっと進化させたいな~といろいろ妄想中です

(kana)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月12日 (火)

スプラウト生活始めたい!

先日ふと思いつき、ふらふらと江別の蔦谷書店に行ってきました。

お散歩気分でサクッと着くつもりでしたが、ぜんぜんそんなことはなく 雪深すぎて視界ゼロ。本気で遭難しそうになりました

Img_2096_2

雪壁ウォークかっって感じでした。

Img_2097

場所がわからなくなり歩道橋に登って人工物を探し。

・・・けっこう辛かったです。でも途中で変な泣き声の鳥に出合ったりして

Img_2099_2

そこだけ楽しかったです

Img_2101

昨年11月に新オープンした蔦谷書店。

書店では読みたい本を時間かけてピックアップして歩いた挙句、最終的に全部やめてスプラウトの種を買いました。

カイワレとか豆苗はたまにやるんですが、うちの近所ではみつからないいろんな種類のスプラウトがあったので、4種類も大人買いしました。

Img_2103


左から、赤キャベツ、チアシード、レンズ豆、ひまわり。

ちょっとずつ、播き方とか変えたほうがいいなって感じです。

一年で一番寒いけど、とりあえず室内だしいっか、ってことで、早速2種類まきました。

Img_2105

まずは、レンズ豆。説明書によると、種まきから1.5~4日で収穫できるはず。

↓翌朝。ちょっと膨らんだ。

Img_2117

そして、赤キャベツ。種まきから3~10日で収穫だそうです。

Img_2116_3
↓翌朝。変化なしっ
Img_2122

もうちょっと、様子をみようと思います

(kana)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月15日 (水)

~読者のお便りから~

本日は名古屋にお住まいのJimiさんから届いた北海道の山の絵をご紹介します。

「北海道生活」には最新号が出るたびに熱心にお便りをくださる読者の方がたくさんいらっしゃいまして、Jimiさんもそのお一人です。

Jimiさんはどうやら毎年のように北海道にいらっしゃっては、北海道旅行や食べ物を楽しんでおり、山も登られるし、絵を描くのもお上手なようです。

Photo

↑こちらは、支笏湖畔より眺めた恵庭岳の様子。

恵庭岳は札幌の藻岩山の頂上にある展望台からも見えることがある高い山ですね。気象庁により活火山にも指定されています。

2

↑こちらは樽前山です。ユニークな形の樽前山の雰囲気が伝わってきます

樽前山は熔岩円頂丘として、北海道指定文化財の天然記念物に指定されています。

3

↑こちらは支笏湖畔からみた紋別岳です。のぼりはかなりキツイそうですが、頂上の眺めはよさそうですね♪

いつもお便りをいただいてありがとうございます。

読者の皆様からのお便りはいつもすべてに目を通していますので、これからもどんどんお便りお送りいただけるとうれしいです

(kana)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 6日 (月)

北海道のフットパスⅡ

北海道のフットパスⅠを書いたのに、Ⅱがなかったことに気がつきました。

2

こちらは洞爺湖フットパスの「壮瞥公園&果樹園コース」の立ち寄りスポットとなっている「壮瞥滝」です。

全道的にもさほど有名というわけではないですが、いってみると想像以上に勢いのある滝で感動しました。こちらは、洞爺湖の唯一の流出口だそうです。

Photo_2

滝の近くで食いしん坊のリスがいました。けっこう動いていたのですが、私のiPhoneにもそれなりに写りました。昨今のiPhoneカメラはとても優秀なので、本気で人間の仕事が減りそうです

22

壮瞥滝から少し歩くと壮瞥公園展望台へ。

展望台からの景色はまさに絶景

でもこれだけ景色がいいってことは… 当然、登り道があるんですね(^^;)この前に小さな山を上るのです。

やはり、北海道らしい絶景ハンティングをしながら歩くなら、多少なりとも登りや山道は避けられません。

Photo_3


↑壮瞥公園展望台は、インスタ映えする撮影スポット。

ま、車でもいけるんですけど……^^; 車道を歩くわけではないので

フットパスというのは、なだらかな道の場合でも、距離がとても長いので、お散歩気分で歩く ということではありません。それでも歩くってやっぱり楽しいですよね(^^)

Photo_4

長くで地味な道のりの途中に、こんな絶景があるから歩き続けるのが楽しいです。

Photo_5

ずーっと歩いていくと、洞爺湖の湖面にこんなに近い、湖畔の道に至ります。

暑い日でも涼しく、とても気持ちよかったです。

というわけで、『北海道生活』最新号では、スタッフが自分の目で確かめてきたバラエティに富んだフットパスコースをご紹介しています。どのコースを歩いても、面白いですよ

(kana)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 1日 (水)

ワイルドな北海道のフットパス

ワイルドな道が多いのも、北海道のフットパスの醍醐味の一つ。

道も長大になりがちなので、それなりの服装や準備が必要です。

今回の号はお問い合わせ先がしっかりしたものだけを掲載してありますが、それでも基本、自分で調べて自分で歩く、の精神が大切だとわかりました。

_dsc5008_2

↑こちらは標津線跡フットパスの途中に備えられた熊よけの鈴。まちからまちへと歩くルートですが、長いルートの途中はこのような備えも必要となってくるということです。

私たちが根室フットパスに取材に行った際には、熊よけ対策なにもしてないと知ったガソリンスタンドのおじさんが、“そいつぁいけねえ”と前日から熊よけの鈴を貸してくれました。

3

こんな出会いも楽しいものです

さらに、フットパスというのは、基本的に地元の有志によって支えられています。

2

10キロ以上もある長い道を定期的に草刈りしたり、とても大変だと思います。草ぼうぼうになっちゃってる所があっても、文句ゆう筋合いはありませんので、そのへんも注意が必要です。

6

↑は根室フットパス・別当賀パスの1シーンです。特に山道ではなくとも、このようなトレッキング系の服装が推奨されます。私も足下が草つゆで濡れないよう、雨用のトレッキングパンツを持っていったのですが、長靴を持っていかなかったので大失敗しました。

7

カメラマンが一生懸命撮影してるのを見守るふりして休憩。風が異常に強かった根室フットパスの別当賀ルートでは、ひもつきの帽子をかぶらなかったことも後悔でした。

Photo

↑こちらは旧国鉄標津線の鉄橋跡。廃線になり使われなくなると、アッ!というまに自然に還ってしまうのです。その橋を歩けるよう補強したり、草刈ったりなんだりと、ほとんどボランティアですから、北海道のフットパスは管理がとても大変なのだと実感しました。

4

もちろん、ワイルドな地ならではの楽しいこともたくさんあります。上の写真は一応牧草地なんですが、シカの群れがぴょんぴょん遊んでいました

5

↑青空と一面の草原だけが広がる、こんな絵画みたいな風景の中も歩けます。

9_2

↑は印象に残った風景の一つ、根室フットパスの浜松パスの1シーン。最近話題のユルリ島・モユルリ島を見ながら歩けるのです。

ユルリ島、モユルリ島はどちらも無人島ですが、特にユルリ島にはかつて昆布漁の労力として使われていた馬たちが放牧されていて、島に誰も人がすまなくなった今、ひっそりと余生を送っています。その馬たちが、最後の数頭になり、まもなく消えゆこうとしてるのです。

ユルリ島の野生馬についてはこちら↓が詳しいです。

http://okadaatsushi.com/yururi_island.html

あの島に馬たちがいるのかな~と思いながらしみじみと歩いていました。

車の旅では決して見られない風景や、味わえない体験ができるフットパス。ディープな北海道を知るなら、多少準備してこんなすごし方をしてみてもいいのかと思います。

(kana)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月30日 (月)

北海道のフットパスⅠ

『北海道生活』最新号の特集は「ほっかいどうを歩く」。最近、各地で盛んになってきているフットパスの特集です。

フットパスとは、森林や田園地帯など、地域に昔からある風景を楽しみながら歩く道のこと

そこには当然、山道やけもの道、江戸時代からつづく古道なんかもあって、あるくのが大変な場合もあるんですが、車ではぜったい見られない景色や体験ができるのです。

そんなフットパス特集を取材するのに、私も短期間の間にたくさん歩きました

なかでも記憶に残ったのが、洞爺湖フットパスコースの一つ、有珠山の外輪山を歩くコースです。

Img_0786_2

外輪山の山道に下りるまでに有珠山展望台から200段以上ある階段を下りていきます。

降りるごとに有珠山の噴火口が近づき、迫力の光景、、、なんですが、本当にこれを降りるのか、降りたら登りがあるぞ、どうする~ と自問自答していました。

Img_0798

外輪山に下りてしまえば、道はなだらか。標高は高いので右にも左にも絶景が

Img_0788

内浦湾の素敵な景色が見られます。街並みはちょうど伊達のあたりです。

Img_0797

反対側を見ると、有珠山の噴火口がすぐ近くにあり、もくもくといくつもの噴煙が上がっています。

Img_0795

途中の展望台ですが、写真でこの開放感をお伝えできないのが残念。

海あり、山ありの壮大な地形がぐるりと見渡せるのです。

そんなわけで、特集とびらにも採用された絶景写真も何とか撮れました

つきあってくれた潔癖気味のカメラマンY氏に感謝です。

1532582686104


ところが!帰りに最後の山の麓に近づいてショックなことが。

Img_0800

イエ、わかってたんですが、階段が垂直すぎてヒキました。そして、上りきったあとはほとんど無の境地になって地面にしばらく倒れてた次第です orz

(kana)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月28日 (月)

夏至のピクニックパーティ in 中札内村

6月30日(土)、十勝の中札内村でとっても楽しそうなイベントが行われます。

Picnicparty_announcement_3


このイベントは、国内外を旅した末、中札内村が気に入って住み着いた、山本学さん・えり奈さん(チームヤムヤム)が企画したイベント。

芝生の上で音楽ライブがあったり、いろんなワークショップがあったり、キッチンカーやフードテントが出店したり、にぎやかなピクニックといった感じになりそうです。

Flyer_thepicnicparty_2018_part21_3

音楽ライブには、十勝にゆかりのある音楽家「トリコロール」の皆さんと、クニ河内&野田美佳さんの2組のゲストが出演。

初夏のさわやかな気候の下、ゆるーい感じできもちよくい一日を過ごせそうですね

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・・・・・

THE PICNIC PARTY

夏至のピクニックパーティ in 中札内

2018年6月30日(土)11:00~17:00頃

中札内文化創造センター前芝生広場

(北海道河西郡中札内村東4条南6丁目1-3)

※雨天の場合は屋内会場にて ※入場無料

Facebook:https://www.facebook.com/ThePicnicPartyNSN/

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・・・・・

(kana)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月23日 (月)

くりやま老舗まつり

例年開催されている「くりやま老舗まつり」は栗山町で行なわれるイベントです。

1


栗山町の老舗の酒蔵「小林酒造」と、道民ならお馴染みの「桃太郎のきびたんご」が有名な谷田製菓の合同イベントです。

2

例年小林酒造のお酒が無料試飲できるコーナーがあり大人気なんですが、あまりの人気で年々来場者が増加しすぎて会場内の安全確保の観点から今年は無料試飲がなくなってしまいました。

3_3


年に一度の酒蔵開放もあるとあり、蔵元の雰囲気を感じながら飲むお酒がサイコーです。

4

とても古い昔ながらの機械なんかが見られたりします。

44


お酒だけではなく北海道のグルメもたくさんで楽しいです。

5


さて、道民にとっては谷田製菓の工場見学も萌えポイントです。

谷田製菓のきびだんごは、私にとってはガラナアップ(30ウン年前の十勝はコアップガラナではなくガラナアップ(←もうない)が普通でした)や、ビタミンカステーラと並び、自我が芽生えたときからもうそこにある、みたいなおやつでした。

6

それがこんなに一つ一つ、丁寧に手でくるんでいたなんて……!

もう二度と途中で食べ忘れてカピカピにしたりなんて絶対しない!と心に誓いました。

(kana)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

「まめなマカロン」 本日2/7より発売

100年余の歴史ある老舗菓子店「ほんま」さんと、本場フランスで修業した人気パティシエ藤井俊輔さんがタッグを組んで開発した、新感覚テイストの

「まめなマカロン」

が本日より発売ということで、先ほど試食会に行ってきました

_c1a3690

お味は、

「かぼちゃあんとオレンジ」、

「黒糖あんとライム」

「桜あんとグリオットチェリー」

「抹茶あんとゆず」

「メロンあんとグレープフルーツ」

という不思議な5種類・・。・。・。・。・。・・****

想像できるようなできないような…という感じですが、濃厚なあんと酸味のあるフルーツ合わさって、実際は想像を超えるような味わいが口の中に広がります。

「あんこってすごいなあ……」と思っちゃいますが、まさに

「あんこを甘く見ていた。」

というのが商品のキャッチフレーズになってまして、本当にその通りでした

あんこは、豆の生産日本No.1の十勝産小豆100%。

可愛いけれどちょっと尖ったブランドロゴやイメージも新鮮です。

Ml_04

この「まめなマカロン」は、新ブランド「まめなスイーツLabo」の第一弾商品。

「まめなスイーツLabo」は、月寒あんぱん本舗を運営する老舗の「株式会社ほんま」さんと、新しい北海道を研究する「新どさんこ研究所」(北海道博報堂 内)が立ち上げたブランド。

古いもの&新しいもの、和菓子&洋菓子、など様々なコラボによる化学変化で、今までになかったような攻めたスイーツが出来上がっています。

発売は、ECサイトは本日7日から。実店舗では15日より発売開始です。

オンラインショッピング&さらに詳細は

↓  ↓  ↓

https://honma.ocnk.net/

おみやげにもぜひ。

(kana)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧