« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »

2022年8月

2022年8月15日 (月)

アスパラ 最後のフルコース

アスパラといえば春から初夏までですが、今年は「夏アスパラ」がよく出回っております。そのため、まだ北海道のアスパラがいただけるようになりました。

わたしの大好きな長沼町の押谷さんのアスパラでフルコースが味わえるというので、テレビ塔の目の前あるレストラン「ブラッスリーコロン」に行ってきたのは6月のことでした。一昨年前までは毎年恒例だったので、実に2年ぶりです。

Horizon_0002_burst202206091734387113

久しぶりとはいえ、生産者の押谷さんも、料理人の塚田さんも日々努力と革新をされていて、そのお披露目ともいえるフルコースはとても感動的なものでした。

軽くあたためたアスパラガス × NORAKEN EN FUT 2016

Dsc_9330_20220814095701  

お米のソース ドライトマトで作るお味噌、発酵フキノトウ、生ハム それぞれをアクセントにして。

食材を発酵させ、調味料などに活かすのは塚田シェフの得意とするところ。押谷さんのアスパラの「旨み」がさらに引き出されてたまりません。

押谷さんは常にアスパラの「旨み」をつくりだす方法を考えていらっしゃいます。天候など思い通りにいかないことも多いと思うのですが、確かな生産者の手にかかれば安心だなと思わせてくれます。

Dsc_9332_20220814095701 

合わせるワインは農楽蔵の名品「En fut アンフュ」で、ケルナー種を特別に醸造したもの。アスパラとケルナー、そして北海道は鉄板の相性なのですが、こんな希少なケルナーのワインを出していただけるなんて、贅沢すぎます。

新旧グリーンアスパラガス × KURISAWA BLANC 2019

Dsc_9333_20220814095701 

朴の香りを付けた石狩産サクラマス、昨年のアスパラガスを使ったバターソース、採れたてアスパラガスとホワイトアスパラガスの酢漬け。

「昨年のアスパラを冷凍保存しておき、それをソースに生かした」という何ともマニアックなもの。押谷さんのアスパラ愛が、塚田シェフにも乗り移ったかのような一皿でした。

合わせるワインは「クリサワブラン」。ケルナーに、これまた私が北海道に来て大好きになった品種ゲヴェルツトラミネール、ピノ・グリ、シルヴァーナーでつむぎだされた白ワイン。ワインもアスパラ料理も長い年月をかけてつくられたんだなあという感動でいっぱいになりました。

磯とアスパラガス

Dsc_9336_20220815100701

厚岸産アサリとカラスミ、アスパラガスのリゾット

アスパラからはいいダシが出るので、アスパラのリゾットというのは想像するだけでよだれが出る楽しみな料理のひとつ。

押谷さんはアスパラの旨みに「魚介の旨み」という言葉を使われていました。口にした瞬間、「うん!」という納得の旨みがじゅわ~と広がります。あの時の押谷さんのたくさんの言葉、メモしておけばよかった…。

オムレツでアスパラガス × tap-kop レンベルノ 2014

Dsc_9338_20220814095701 

下川卵のオムレツ 経産牛のトマトソース 蝦夷花山椒

経産牛とはお産を終えた牛のことで、用済みと扱われることもありますが、意識の高い生産者さんはきちんと扱い、それをわかっている料理人の方もおいしく料理してくれるので、むしろメニューに名前があると「おいしそう!」と思います。

お話を聞いてみたら、せたな町「村上牧場」だとわかり、なるほどと膝を打ちました。

合わせるワインは近藤ヴィンヤードの「タプ・コプ レンベルノ」というレンベルガーとピノノワールをやさしくまとめた赤ワイン。こちらも口にした瞬間、旨みとやさしさ、まろやかさが一体となりました。

エキゾチック ASPARAGUS

Center_0001_burst20220609192503827_cover 

ココナッツブランマンジェ、青肉メロンの果肉とスープ、ライムのエキュームとアスパラガスの苦み

なんとアスパラでデザートもつくってしまった塚田シェフ。ここでコーヒーかお茶か選べるのですが、私はさらにクリサワブランをお代わりしてしまいました。お茶を飲んでしまうと、終わりを感じてしまい、つらいのです。(いや、単なる吞兵衛です)

Dsc_9339_20220814095701

最後に塚田シェフと押谷さんからご挨拶がありました。

実はこのレストランは8月で閉店し、塚田シェフも新たな挑戦に取り組むことが決まっています。この秋には北海道のお米の麺のお店が誕生するそうです。

このフルコースも最後となりさびしいのですが、よく思い返せば一度も同じフルコースを出されたことがないので、一期一会のアスパラフルコース。最後にして、唯一のフルコースです。

押谷さんのアスパラは、これからも私の「推し」の押谷さんとして応援し続けます!

(編集長)

北海道生活WEBサイト
http://www.hokkaido-life.net/

オンライン書店

【Amazon.co.jp】https://www.amazon.co.jp/
【Yahoo!ショッピング】https://shopping.yahoo.co.jp/

【定期購読サイト】https://www.fujisan.co.jp/product/1281682660/new/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 

 

 

 

| | コメント (0)

2022年8月 4日 (木)

北海道の10空港グルメを食べてみた。

でっかいどう北海道! 四国と九州を合わせたくらいの広さと言われている北海道には、空港が実に10以上もあります。

そこで、10空港(離島をのぞく)をざっと取材してまわってきましたが、空港にはグルメやおみやげもそれぞれ特色がありました。

今回は空港の方に聞いた美味しいグルメの中から、実際に食べてみたメニューをご紹介!

函館空港

Restaurant&Bar 1854 HAKODATE「五穀味鶏 すき焼きうどん定食」

03_hakodate

函館の老舗の「すき焼き 阿さ利本店」に作り方を伝授された、しかも、本店にはないメニュー。牛肉ではなく、函館のおとなり・青森のブランド「五穀味鶏」を使っています。まさに空港限定。

稚内空港

エアポートレストラン「おおなご蒲焼丼」

10_wakkanai

オオナゴというのはキビナゴのことで、ふつうは佃煮にするような小さい魚。しかし特産のオオナゴはその名の通り大きく、数量限定の蒲焼丼はうなぎ丼のような迫力。ほかに「オオナゴフライカレー」もあります。

旭川空港

蕎麦 かぶら木「ミニ天丼セット」

04_asahikawa

フードコート「そらいち」の中の一軒。旭川周辺エリアのグルメを集めた「そらいち」は、ホルモン焼き、牡丹そば、スパイスカレー、ラーメンなど旭川グルメの博覧会のようです。かなりレベル高いです。

空港職員に教えてもらったメニューのひとつ、「ミニ天丼セット」は、蕎麦の名産地・幌加内町(ほろかないちょう)産のそば粉を使用した手打ちそばと、からりと揚げたての海老や野菜の天ぷらが載ったミニ天丼つき。けっこうボリュームがありました。

紋別空港(オホーツク紋別空港)

オホーツクブルー「タラバ蟹カレー」

09_monbetstu

紋別タッチで話題となった東京からの一日一往復だけの小さな空港。そのためカウンターでささっと食べられるカレーやパスタなど軽食を用意。見た目はわかりにくいのですが、「タラバ蟹カレー」はカニのほぐし身がたっぷり入ってました。

中標津(なかしべつ)空港(根室中標津空港)

PEABERRY「標津産ホタテ丼」(トビッコ または ネギトロから選択)

07_nakashibetsu-airport-031

「330カレー」や「ふわとろオムレットカレー」が名物のカフェレストラン。地元産の食材を使ったものでは、標津産のホタテをたっぷりのせた丼2種が限定メニュー。「帆立カレー」もあります。

帯広空港

ハートフィールド「ゆり根かき揚げ丼」

05_obihiro-air-port-002

帯広のソウルフード・豚丼で有名な「ぶた丼たむら」の直営店。ソウルフードの看板メニュー・豚丼はマストですが、ここではクチコミで人気の百合根天丼を。カラッと揚げて、ほくほくした甘い百合根がすごく美味しいので、百合根のかき揚げが初めてという方はぜひ!

釧路空港(たんちょう釧路空港)

レストランたんちょう「カツスパ」

06_kushiro-airport-007

釧路名物「スパカツ」が、釧路空港でも味わえるのですが、撮影後に試食してカメラマンと二人で「うまっ!」と声を上げてしまいました(笑)。釧路市内の有名店にもひけをとらない本格的なソースと、サックサクのトンカツ。周りのお客さんもスパカツ注文率が高くて、やはり人気メニューなんだなあと実感です。

札幌丘珠空港

丘珠キッチン「丘珠拉麺(おかだまラーメン)」

02_okadama

札幌にある小さな空港。丘珠(おかだま)地区はタマネギの産地なんですが、幻のタマネギといわれる特産の「札幌黄」を練り込んだ麺に、さらにタマネギをたっぷり煮込んだ醤油味のあんかけラーメンが、まじですごい。

こちらも撮影後にカメラマンと試食したところ、「うんまっ!」と二人で声を上げました(笑)。札幌に住んでるんだから、このへん通りかかったら丘珠空港に食べに行くのもいいねえ、と帰りに話してました。

丘珠空港に限らず、いくつかの空港では食事だけ、買い物だけの利用をおすすめしていて駐車場無料のサービスも実施してますので、詳しくは確認してみてください。

……と、そろそろ大人向けに、一杯飲りたい方のためのメニューを。

女満別(めまんべつ)空港

レストランピリカ「北見タマネギカレーコロッケ」をクラフトビールとともに。

08_memanbetsu-airport-026

実はここ、私が実際に空港で一人酒をしたという思い出の場所。女満別空港の近く、網走市と北見市には「網走ビール」や「オホーツクビール」といったクラフトビールが充実しているのです。特産の北見たまねぎを使ったカレーコロッケや、オニオンリング、オニオンスライスはビールのおつまみにもぴったりです。

新千歳空港

ニュー三幸 新千歳空港店「小樽海鮮あんかけ焼きそば」をザンギ、サッポロクラシックとともに。

01_chitose1

小樽にある1954年創業の老舗ビヤレストランが、同じ小樽の人気から揚げ店「小樽ニューなると」と組んで新スタイルの店をオープンしました。

看板メニュー「小樽海鮮あんかけ焼きそば」と「小樽ニューなると」のザンギを、お店の特製グラスで飲む「サッポロクラシック」とともに。と一緒に味わえるのはここだけです、

さらに、小樽市で進めている「おタテ(小樽のホタテ)」や厚岸産の牡蠣を、小樽産のワインでマリアージュすることもできるので、ビール党とワイン党の人が仲良くお食事できますよ。

吟しゃり北海道「ふっくりんこのおにぎり各種」 ※写真は「野菜たっぷり定食」

01_chitose

こちらは国内線3Fのフードコートにあるお店で、北海道米「ふっくりんこ」を使ったおにぎり屋さんがオープン。

具は北海たらこ、海の親子など30種類はすべて握りたてで、さらに揚げたての天ぷら、コロッケ、ザンギがカウンターにずらりと並び、定食にしたり、ビールのつまみと〆に好きなおにぎりを注文する人も。こだわりの豚汁も絶品でした。

フードコートという開放的な空間なので、いつでも気軽においしいものとビールが楽しめる穴場のスポットですよ。

前回のブログでもいくつか紹介しましたが、新千歳空港はおいしいお店があり過ぎるくらいあるので、知り合いにはいつも出発の3時間以上前に行くことを進めています。

詳しくは現在発売中の「SKY & ROAD HOKKAIDO 北海道 大人の旅ガイド」の10空港取材ページを読んでみてくださいね!

(編集長)

 

北海道生活WEBサイト
http://www.hokkaido-life.net/

オンライン書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/1281682660/new/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »