« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年7月

2022年7月24日 (日)

7月25日発売!道の駅全127軒と10空港から旅する「北海道 大人の旅ガイド」

7月25日(月)、新しいガイドブックが誕生します!

「北海道 大人の旅ガイド ーSKY & ROAD Hokkaidoー」

Hokkaido_lifespe_a4covera4ol1

「空から、道から、北海道をめぐろう。」ということで、

広い大地、北海道の各地を飛び回るための一冊です。

道内の道をつなぐ10空港と127道の駅全件を拠点として、大人向けの情報を厳選してご案内!

しかも各スポットにはQRコードつき、スマホに情報を取り入れて活用できます。

076_077_2

大人の方向けの旅ガイドなので、高級宿やレストラン、穴場スポットなど、上質な情報だけをピックアップ。

全体的には、北海道にある各空港、道の駅、アンテナショップを一挙にご紹介していく空港エリア別の構成となります。

「北海道生活」「リボンちゃんとめぐる179市町村」を手がけてきた編集部が総力を挙げて特集いたします。

Photo_20220723082401

休憩や食事、グルメに「道の駅」へ立ち寄る方は多いですが、実は「空港」でも同様に休憩・食事・グルメが楽しめます。

飛行機に乗らないからと言って、行かないのはもったいない! これからはドライブの立ち寄りに「空港」がおすすめです。

 016017_1_07071

今回、10空港を実際にすべて取材してきました。

 

新千歳空港では、お肉屋さんや青果店ができていてびっくり!

「B-style's」では、地元千歳市のブランド牛をはじめ、北海道の美味しいお肉や、肉寿司、ザンギなどを販売。

04_02

「HOKKAIDO FRUITS 耕人舎」では、旬のフルーツやジュース、ソフトクリームなどを販売しています。

03_02

これからはメロンがピークを迎えますが、北海道は唯一、真夏でもイチゴを生産しているのでお楽しみに。

03_09

レストランも続々開店していました。

たとえば函館の老舗レストラン「五島軒」は、函館空港にもオリジナルメニュー(ぜひ本誌でご覧ください)のですが、新千歳空港にもお店ができており、しかもここでしか味わえない「カレーうどん」が絶品。

ビーフとチキンの食べくらべを取材したところ、いずれも甲乙つけがたく、追い飯までいただいてしまいました。リピ決定。

ところがこのメニューのストーリーを知ると、より感動が! 本誌にも書きましたが、ここで書くと長くなるのでお店でご確認を。

07_06

おなじみのフードコートにも新店ができていました。

これまでフードコートというと全国チェーン店が軒を連ねていましたが、新千歳空港のフードコートには続々地元の店が参加しています。

09_02

老舗のラーメン店「大心」の王道、これぞ札幌の味噌ラーメンがフードコートで味わえます。新千歳空港には人気店が集まる「ラーメン道場」があるので、穴場の絶品ラーメンといえるでしょう!

01_4 

10空港分のグルメ、おみやげ、厳選してそれぞれ紹介しているのでお楽しみに!

グルメやおみやげもそうなんですが、展望デッキからの眺め、仕事ができる場所など、それぞれの空港にも特色があります。

丘珠空港は、まるで野外航空博物館みたいで楽しかったです。

220627_010

ちょうど、ちびまる子ちゃんの飛行機が飛び立つところを見ました。

220627_014

ほかにも見どころがあったり、美味しい料理を発見したりで、札幌で近くを通りかかったら立ち寄りたいなあと思いました。

完全保存版の一冊、ぜひ一家に一台お持ちくださいね!

 

SKY & ROAD Hokkaido
北海道 大人の旅ガイド

• 定価
1,000円(税込)

• 販売エリア
北海道全域。AmazonYahoo!Fujisan.co.jp

• 販売店
北海道の書店およびコンビニ(セイコーマート)

(編集長)

北海道生活WEBサイト
http://www.hokkaido-life.net/

オンライン書店
【Yahoo!ショッピング】 https://store.shopping.yahoo.co.jp/enleysha/skyroad202208.html
【Amazon.co.jp】https://www.amazon.co.jp/
【Fujisan.co.jp】https://www.fujisan.co.jp/product/1281703006/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 

 

 

| | コメント (0)

2022年7月 4日 (月)

星野リゾート「リゾナーレトマム」に泊まってみた。

星野リゾートの「リゾナーレトマム」に行ってきました!

すべてがスイートルーム、すべてにジャグジー、サウナとリゾート満喫のホテルです。

さまざまなデザインの部屋があるのですが、現在発売中の「北海道生活」夏号で紹介した客室はこちら!

Dsc_9418

「北海道生活」でも紹介しているデザインスイートファイブ

壁いっぱいに描かれている牧場の風景がすてきです。

そう、全国5ヵ所にあるリゾナーレブランドの中でも、牧場があるのはここトマムだけ! 大昔は牧場だったそうですが、その後はゴルフ場になり、再び牧場として復活したのです。

カートで牧場へ出発!

724_cover

なんと、目の前に白馬が!!

カメラには間に合いませんでしたが、エゾシカも平気で出てきました。

なんとも贅沢。

Dsc_9398

ようやく牛に会えました。好奇心がつよいので、めっちゃ近づきます。

ここで、なんと牛さんのミルク飲みくらべができるのです。

6192_cover

同じ場所で飼われているのに、味がちがう!なんで??

そこで、ここでは牛について学ぶことができます。

Dsc_9404

子どもから大人まで、いや、大人だってなかなか知らない牛のこと、牛乳のこと。

ホントに勉強になります。

といってる間に夕方、牛追いの時間。おーい、おーいと声をかけると牛はどんどん帰っていきます。

Dsc_9405

さっさと小屋に戻り、自ら乳搾りをしてもらう牛さんたち。

Dsc_9407

あ!海野さんだ!

浜中町の「ファームデザインズ」から、トマムへお引っ越し。

これからは「ファームデザインズ」の新しいカフェができるそうで「また来てね~」なんてお声がけいただき、楽しみができました。

さて、ここからは、大人の時間。カフェ&バー「つきの」へ。

Dsc_9381

シャンパンとメロンのマリアージュ!

メロンの種類や切り方を変えて好きなシャンパンを選んで飲めるのです。私はシャンパンに詳しくないので名前で、ニコラ・フィアットにしてみました。

 ホタルストリートのカフェつきので、8月31日まで開催中です。

この近くには道産ワイン好き垂涎の「トマム ワインハウス」があります。

Dsc_9410

なんとここ、道産ワインの品揃えがすばらしく、ここまでグラスやカラフェで飲める店はないんじゃないかと思うほど。

私は飲んだことのない「濱田ヴィンヤード」のバッカスにしてみました。

Dsc_9416

おつまみには、トマム牧場でつくられたリコッタチーズやモッツァレラチーズを注文できるのです。ハチミツやオリーブオイルでワインが進む…

Dsc_9413

しかし、一杯で寸止め。

これから大事なディナーがあるのです。

リゾナーレトマムの31Fには高級イタリアン「OTTO SETTE TOMAMU(オットセッテ トマム)」があり、冬に取材して以来、ここは美食リゾートだ!と納得したほど。夏に再訪です。

Dsc_9421

このレストランが素晴らしいのは、美食フルコースはもちろん、ペアリングコースも同じくらい素晴らしいこと。

さらに素晴らしいのが、ノンアルコールのペアリング。これはぜひ試してもらいたい、ノンアルでもこれだけワインと同じくらい満足度があるのか!と感動です。

サービスもよく、小さいお子様は別フロアでお世話してくれるので、大人だけの空間。静かに乾杯して、夏の美食フルコースがスタートします。

始めは華やかなBOXから~。

イクラとボタン海老のコルノ

Dsc_9426

気分が上がります。冬のコースは全く違う内容だったので、毎回すばらしい内容に感動です。

泡で包んだ蟹とフィノッキオの爽やかな香り

Dsc_9429743_cover

その名のとおりなのですが、真っ白い泡から現れたカニ……そこへ、タキザワワイナリーのケルナー。合います。

アスパラガスのグラティナート

Dsc_9436

「北海道生活」にも掲載されている夏の一皿♪ 武田シェフが絶賛していた北海道の美味しいアスパラに会えました!

ウニとトマトのタヤリン

Dsc_9437

ハーブに隠れた魚のヴァポーレ

Dsc_9440

これはびっくりでした。食べた方にしかわからないだろうなあ、私の文章では割愛しておきますが、とにかく印象的で美味しかった。

仔羊のワラ包み焼き

Dsc_9442

これは動画ではないと……と思わず動画も撮ってしまいました。

メロンのズッパ・イングレーゼなどデザートや小菓子など甘いものもどんどん出てきました。すでに満腹は超えてます。

Dsc_9445 482_cover

しかしここはリゾートホテルの中、そのまま部屋に直行、ぐっすり休むことができます。

ジャグジーに入らなければ……サウナもあるのに……と意識はあるのですが、10皿にワインは10杯。すっかり寝てしまいました。一度泊まってみれば「リゾナーレトマムは2泊するべし」とわかります。

次回はぜひ、2泊してみたいものです。

(編集長)

北海道生活WEBサイト
http://www.hokkaido-life.net/

オンライン書店

【Amazon.co.jp】https://www.amazon.co.jp/
【Yahoo!ショッピング】https://shopping.yahoo.co.jp/

【定期購読サイト】https://www.fujisan.co.jp/product/1281682660/new/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 

 

 

| | コメント (0)

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »