« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月

2021年12月15日 (水)

New Open!江別の蔦屋書店の新グルメエリア

札幌のおとなり、江別市にある「江別 蔦屋書店」

私たちがつくる雑誌や、書籍のほか、ライフスタイルやグルメと生活が豊かになるものがたくさん見つかる素敵なお店に、2021年12月15日(水)新しいグルメエリアが誕生します。

ということで、一足先に行ってきました!

正面玄関から入ると左側へ、カルディの向かいにできたのが、食にまつわる新しいエリア。

Dsc_0874

AKOMEYA TOKYO(北海道初登場)、富澤商店、ハレル ツナガルマーケット(北海道初登場) の3ブランドが集まっています。

Dsc_0853

全国各地から選りすぐって食品を集めたハレル ツナガルマーケット

食の豊かな北海道にいると、道外の食品にはなかなか目がいかないこともあり、珍しい食品の数々に出会いました。

Dsc_0877

たとえば、大阪の「こはく糖 星のたより」、鹿児島の「ラムどら」といったお菓子や、千葉の「さばトバ」と初めて見るものばかり。

この日は「北陸フェア」をしていたのですが、石川県出身の私も驚きの品ぞろえでした。

 Dsc_0873

製菓・製パン材料や和乾物を揃えた富澤商店

Dsc_0845

この書店にはパン屋さんも入っていたり、パンづくりの本も売っているので、こちらでパンの材料を買えるのはうれしい。

Dsc_0882

北海道産小麦100%のパンケーキミックスで、本格的なパンケーキを自宅で楽しんでみてください。

Dsc_0886

和乾物では、オリジナル商品の「きなこ豆」と「バナナチップス」など、様々な和乾物がゲットできます。

Dsc_0856

AKOMEYA TOKYOは、お米やごはんにまつわる様々な食品や雑貨をとりそろえた、まさに米文化のセレクトショップ。

Dsc_0855

全国自慢のお米が集まり、ごはんのおともなどの食品も充実しています。

Dsc_0878

島根産のコシヒカリ、愛媛の鯛めしの素をゲット。このまま帰宅して晩御飯の準備も簡単にできますよ。

Dsc_0849

食卓が楽しくなる雑貨も取り揃えていて、ちょうどお正月雑貨のフェアもしていました。来年は寅年、そろそろ準備しなきゃですね。

これだけではありません。

さらに奥には、新しいカフェレストランがオープン。

札幌フレンチの名店「AKI NAGAO」がプロデュース、お米を美味しく、しかもおしゃれにフレンチテイストのリゾットとして楽しめる、「三日月 terrace」 です!

Dsc_0867

リゾットやパスタなどメインを選べるコースの中から、今回は「三日月コース」を味わってみました。

Dsc_8240

初めは「彩り前菜 盛り合わせ」。さすがフレンチの名店だけあり、タラのブランダード(コロッケ)や、大好きなパテドカンパーニュ、サーモンのカルパッチョにはフランボワーズソース、珍しいのはカップ入りのキッシュなど、見た目にも楽しい品々が並びます。

これはお昼からでもワインと楽しみたい……

Dsc_0865

ということで「本日のグラスワイン」より、岩見沢市・10Rワイナリーの「そらちスパークリング」と仁木町・ドメーヌイチの「ナチュラルポートランド」をいただきました♪ いずれも初めて口にする一杯なのでうれしくて、さわやかな飲み口としっかりした旨みがランチにも合いました。

本店の「AKI NAGAO」は北海道のワインの品ぞろえが素晴らしく、フランス料理とのフルコースとのペアリングも楽しめるのです。

こちらのお店でも、日によっては北海道産のワインと出会えるかもしれませんね。

Center_0001_burst20211214154531357_cover

メインのリゾットは8種類。私が選んだのは「カリフラワーとイカの“白いリゾット”」。

熟成ヴァン・ジョーヌの香りと細切り昆布がアクセント、生のカリフラワーと肉厚のイカとのバランスも素晴らしく「フランス料理のリゾットとはこういうことか!」と納得と感動の一皿でした。

同行したFMノースウェーブと「poroco」のみなさんも、ローストビーフとチーズ、白身魚のカダイフ巻、パエリア風と様々なフレンチリゾットを楽しんでいましたよ。

Center_0001_burst20211214154643657_coverDsc_8248 Dsc_8249

そしてデザートは、生キャラメル、チョコレート、ベリーソースから選べるシフォンケーキ。前菜とリゾットだけでもかなりのボリュームで満腹なのですが、軽やかな生クリームとともにするりと別腹におさまります。

Dsc_8251  

こちらが「AKI NAGAO」長尾彰宏シェフ。

畑や食材から料理、ワインまでスタッフみんなで取り組むのでご自身が目立って写真に出たがらないそうなのですが、久しぶりにお会いできたので思わず一枚。

Dsc_0872

しょうがないなあ(笑)という苦笑いかもしれません、ごめんなさい。ありがとうございます。

とっても素敵なシェフで、横のつながりや、先へのレストランの姿など深く考えて前進している方です。

江別蔦屋書店にはフードコートが中央にあるのですが、この奥まった場所に誕生したレストランは特別な一軒としてこれからも進化をつづけそうです。

Dsc_0876

蔦屋書店は広い店内、何時間でもいられる楽しいお店。

Dsc_0875

雑誌コーナーでは「北海道生活」も絶賛発売中です♪

現在はクリスマスの本やグッズも揃っているので、一日中楽しんでみてくださいね。

(編集長)

北海道生活WEBサイト
http://www.hokkaido-life.net/

オンライン書店 Fujisan.co.jp

https://www.fujisan.co.jp/product/1281682660/new/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »