« 札幌・石狩地方の食材で美食フルコース | トップページ | さよならオークラ札幌~最後のランチと名作フレンチトースト »

2021年9月13日 (月)

さよならオークラ札幌~桃花林ディナー

 2021年9月20日、ホテルオークラ札幌が閉館となります。

このホテルオークラでは毎月レストランなど飲食店で北海道の地方の食材を特集したフェアを開催していました。

北海道の食材はすごい!とわかってはいるものの、毎月登場する食材の種類、そして様々な素材を見事に美食にアレンジするプロの腕には、毎回とても感心させられていました。このフェアが私にとっても、北海道の食材の勉強(というより楽しく知る)という機会になっていたのです。

閉館が決まってからは、なるべく月に2回、洋食の「レストランコンチネンタル」と中華の「桃花林」を食べくらべるようにしましたが、コロナ禍でなかかなか思うように動けないことも多く……それも、いよいよ今月で最後となります。

9月は最初に食材フェアが始まった原点でもある「南十勝フェア」。そこで、「桃花林」で最後のディナーを味わってきました。

中国料理「桃花林」 ~ディナー「広東美食紀行」

・前菜の四種盛り合わせ

Dsc_7686

ゼリー寄せ、サーモン、ふきなどが、美しい花とともに盛りつけられています。

中国料理のフルコースで前菜から工夫が凝らしてあると、本当にていねいに考えられているなと期待が持てますし、桃花林ではずっとそういう思いで味わってきました。

・ふかひれの煮込み 幕別町忠類産ゆり根添え

Dsc_7687

ディナーと言えば豪華にフカひれの煮込み! うつわも伝統あるオークラという感じで、思わず気が引き締まりました。

ゆり根は幕別町の忠類(ちゅうるい)産だそうです。十勝では美味しいゆり根が多く作られていますね。本州にいた頃は高級食材で茶わん蒸しにひとかけら、というイメージだったので、北海道に移住してからはホイル焼きにしたりたくさん食べる機会が増えました。

・釜焼き北京ダック

Dsc_7688

こちらも桃花林の名物。お店の方が切って取り分けて……という動きを、記念に撮影したい!という気持ちを押さえて、他の席でゆったりと静かに食事を楽しんでいるお客様の邪魔にならないよう、ひっそりとできあがった北京ダックを撮りました。

・広尾前浜産エゾバイツブと青菜の炒め

Dsc_7689

広尾町の前浜で獲れたエゾバイツブと、青菜、そして大好物のアスパラも付いてました♪

このシャキシャキの塩味の炒めは、桃花林の料理の大好きなところ。あっさりしているのに、食材の旨みがぐんと伝わる広東料理のいいところを、特に北海道の食材にこだわっているので最大限に引き出してもらっていると思います。

以前、アラカルトでお店に行ったときに、いろんな炒め物を数種類頼んだなあと思い出しました。

・帯広産豊西牛ヒレ肉の煎り焼き フルーツソース 十勝産原木しいたけと幕別町産インカのめざめを添えて

Dsc_7690

「豊西牛」は、このオークラのフェアで知った黒毛和牛。生産者さんがいらっしゃったこともありました。

「インカのめざめ」と原木しいたけとマイタケが、この和牛にぴったりと合います。意外だったのは甘酸っぱいフルーツソースをまとわせたところ。お肉料理まで来るとおなかがいっぱいになってくるのですが、ヒレ肉ということもあり、ぺろりとたいらげてしまいました。

北海道産マツカワガレイと雲南ハムの蒸し物

Center_0002_burst20210910192935980

北海道の高級なお魚のひとつ、マツカワカレイがふわふわ~と蒸してあり、雲南ハムや野菜を細かく刻んでのせてあるのが味と食感のアクセントに。お肉の後でもしっかり食べられました。

・海老ワンタン入りつゆそば

Dsc_7691

こちらもあっさりした、広東料理の名店ならではの〆の一杯。

桃花林は点心も美味しいので、ワンタンメンという〆はとてもうれしかったです。

中華というと、がっつり、しっかりというイメージですが、このお店で食べる広東料理はあっさり、旨みぎっしり、最後には大満足になる優しい味が大好きでした。

札幌ではここまで本格的な広東料理はなかなか他では味わえないので、喜びとともにさみしさがこみあげてきました。

・帯広産ジャージー牛乳をつかった杏仁豆腐 更別すももサイダーと共に 十勝産紫花豆入り一口月餅 フルーツ

Dsc_7692

名物の杏仁豆腐は、なんと帯広のジャージー牛乳(前のフェアでも登場しました)と、更別村のサイダーを使ったもの。

徹底的に最後まで十勝産にこだわり、最後まで予断を許しません(笑)

そろそろ中秋の名月の季節、ということで、一口サイズの月餅も。ここにも十勝産の紫花豆が入っています。

食材王国ともいうべき十勝地方の、さらに帯広から広尾までの南十勝に限定したという食材のフェア。

こういった食材の発掘から磨き上げまで、中国料理の奥深さを堪能させていただいた「桃花林」に毎回脱帽しておりました。

お店は閉店してしまいますが、これまで関わられた料理人や生産者のみなさんの記憶がある限り、またどこかで美味しい「北海道中華」を味わえますよう祈っております。

ごちそうさまでした!そして、ありがとうございました!

ホテルオークラ札幌 9月

帯広~広尾 南十勝夢街道フェア

期間:2021年9月1日(水)~20日(月・祝)※予約満席

場所:ホテルオークラ札幌 (レストラン コンチネンタル、中国料理 桃花林、ラウンジプレシャス、バーオークラ)

※詳しくは、ホテルオークラ札幌のHPをご覧ください。

(編集長)

北海道生活WEBサイト
http://www.hokkaido-life.net/

オンライン書店 Fujisan.co.jp
https://www.fujisan.co.jp/product/1281682660/new/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

|

« 札幌・石狩地方の食材で美食フルコース | トップページ | さよならオークラ札幌~最後のランチと名作フレンチトースト »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 札幌・石狩地方の食材で美食フルコース | トップページ | さよならオークラ札幌~最後のランチと名作フレンチトースト »