« 畑へ!北海道のアスパラでおうちごはん | トップページ | ウポポイ~白老町のおみやげは「ポロトミンタラ」で! »

2020年7月11日 (土)

7/12(日)いよいよオープン!ウポポイに行ってきました!!

ただいま発売中の「北海道生活」ではウポポイ、アイヌの旅へ。を特集していますが、かんじんのウポポイが長らく開業延期となっており……

Hl_vol77_covers_20200711124301 

いよいよ、7月12日(日)にオープンとなりました!!

そこで、一足先にウポポイへと行ってまいりました。

白老町に誕生した「ウポポイ」はJR白老駅から歩いて10分ほど。

ウポポイの概要は本誌を見ていただくとして、まずはゲート前の無料ゾーンへ。(車でお越しの方は駐車場料金がかかります)

Dsc_0285

ゲート内は入場料がかかるのですが、こちらのエントランス棟にはレストランやショップなど無料で入れます。ランチにもおすすめです。

Dsc_0308

「ぬくもりの宿ふる川」さんがプロデュースしたレストラン「ハルランナ」では、アイヌ文化を意識した創作料理が味わえます。「エゾ鹿肉のコース」2,800円は、見た目にもオシャレなコース仕立てのお料理。

Dsc_0321

特製のパンケーキは、白樺樹液とベリー類をすりつぶして、パンケーキにかけて味わうという楽しみ方ができます。

Dsc_0289

居酒屋「炎」プロデュースフードコート「ヒンナヒンナキッチン」では、鹿串や行者ニンニクのつくねといった、ビールが飲みたくなる串ものもあります。

Dsc_0296

行者ニンニクのザンギをメインにした定食には、汁椀がアイヌ料理「オハウ」になっています。

この「オハウ」をメインにしたメニューも味わえるのが「カフェリムセ」という、歓迎の広場内にあるカフェ&ショップ。

Dsc_0300

地元のパン屋さん「ななかまど」プロデュースの「イレンカ」では、道産食材を使ったチーズケーキやアップルパイを販売。テイクアウトして公園でいただくのもいいですね。

Dsc_0307

いきなり食べ物の話ばかりですが(笑)、おなかもいっぱいになったところで、ゲートをくぐりましょう。

まず「民族共生公園」へ。ポロト湖のほとりに、アイヌの古民家である「チセ」が並んでいます。

Dsc_0259

内部に入れるチセもあり、アイヌの方の説明により、人々の暮らしがリアルに伝わってきます。ゆくゆくは、アイヌの民族衣装を着て記念撮影、ということもできるそうです。(やってみたかった……)

Dsc_0263

ポロト湖では伝統的な丸木舟についての説明、漁のようすが目の前で行なわれるというパフォーマンスが。1本の丸太をくりぬいて舟にし、立ったまま漕ぐという、慣れるまではなかなか難しいそうです。

Dsc_0276

この公園には、体験交流ホール、体験学習館、工房といったいくつかの施設があります。

体験交流ホールでは、アイヌの伝統芸能を見学させてもらいました。これまで何度か見てきたアイヌの踊りですが、ここでは白老だけでなく、北海道各地のアイヌの踊りを見ることができます。ステージのバックには映像が映し出されるので、さらに空間の広がりが感じられます。

Dsc_0238

さらに、同じステージでプロジェクションマッピングのような、ユカラ(叙事詩)を物語りのように表現したプログラムもありました。

Dsc_0254

体験学習館では、伝統楽器の説明や演奏、歌などを披露してもらい、その歴史や伝える人たちの想いなどを聞くことができます。

Dsc_0330

KAMUY EYES という、一人用のドーム型映像を見ることもできます。ここでは、空飛ぶワシや、雪道を歩くキタキツネの目線になれる映像が映し出されました。

Dsc_0334

さて、お次は「国立アイヌ民族博物館」へ。

Dsc_0280

2階のパノラミック・ロビーからは、民族共生公園を見渡すことできます。「北海道生活」の取材の時は入れなかったので、ここからの眺めはぜひ見たかったもののひとつでした。

Dsc_0339

内部の展示は、訪れる人の趣味や興味に合わせて、自由に楽しむことができます。

Dsc_0350

誌面で紹介した熊つなぎ棒やアイヌの舟など大掛かりな展示もみられました。

Dsc_0344

工夫をこらした展示は多岐にわたっているので、きちんと見ていくと相当時間がかかります。近くには虎杖浜温泉や登別温泉もあるので、温泉に一泊してじっくり滞在してみてほしいですね。

なお今回は取材の関係で夕方までいられなかったのですが、ウポポイは夜も営業しており、夕焼けのポロト湖や夜のプロジェクションマッピングなど見どころがさらにあるそうです。次回はぜひ、夜までたっぷり楽しみたいと思いました。

ウポポイはアイヌの旅の入口。「北海道生活」では、その先の楽しみ方や、北海道各地の魅力あるスポットを紹介していますので、ぜひこの機会にアイヌ文化を訪ねる旅を考えてみてはいかがでしょうか?

(編集長)

北海道生活WEBサイト
http://www.hokkaido-life.net/

オンライン書店 Fujisan.co.jp
https://www.fujisan.co.jp/product/1281682660/new/

|

« 畑へ!北海道のアスパラでおうちごはん | トップページ | ウポポイ~白老町のおみやげは「ポロトミンタラ」で! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 畑へ!北海道のアスパラでおうちごはん | トップページ | ウポポイ~白老町のおみやげは「ポロトミンタラ」で! »