« 世界料理学会in函館2019【2日目】 | トップページ | 12/13(金)公開スタート!! アニメーション映画『ぼくらの7日間戦争』 »

2019年11月 4日 (月)

世界料理学会in函館2019【食材見本市】

前回のつづきです。

二日間にわたり開催された「世界料理学会 in HAKODATE 2019」の会場になったのが、函館・五稜郭の函館芸術ホール。その向かいにある五稜郭タワーの1階では、「北海道・青森食材見本市」が行なわれました。

Eh7cbjrucae7weo

もともと、道南の豊かな食材を、学会に訪れる国内外のシェフたちに紹介する見本市でしたが、やがて規模が拡大。津軽海峡をはさんで北海道~東北へとフィールドが広がり、五稜郭タワーという観光客が多く集まる場所で一般の方も自由に見学できるようになったのです。

Img_4222

食材見本市とあって、豊富に獲れる魚介や、小ロット多品種の農産物、酪農品と幅広いラインナップ。

海鮮といってもとれたての新鮮な魚介をみせるだけでなく、「マルヒラ川村水産」では学会でもおなじみとなった、船上活〆神経抜きブリ「下山スペシャル」といった生産者がひと手間もふた手間もかけて旨みを引き出した魚が紹介されています。

Img_4206

はこだて自由市場の「ヤマタカ高野鮮魚店」では、サケトバや干物などの加工品も。

Img_4182

特に驚いたのはワイナリー「農楽蔵」のシャルドネの枝でスモークしたサバ! こういう魚屋さんが自分の近所にあったらどんなにか……。

Img_4180

珍しいもので、ふぐの松前漬(森町「ジョウヤマイチ佐藤」 )。松前漬というとスルメイカですが、ふぐで作った松前漬もなかなかオツな味です。

Img_4203

鹿部町「一印高田水産」の「雪たらこ」。鹿部町といえば、たらこの名産地。たらこに目のない私ですが、こちらの会社のたらこは口どけと品のいい味付けが最高でした。今年はスケソウダラもいいらしいので、新物のたらこも楽しみです。12月頃と聞いたので、忘れずに予約したい!

Img_4189

味噌・醤油で有名な八雲町「服部醸造」では、未発売の商品も。この「ホタテめし」は噴火湾のホタテがごろんと入って、なんとレンジですぐにできてしまうんだそうです。「早く商品化してください」とお願いしてしまいました(笑)

Img_4215

今回の学会のテーマ「きのこ」といえば、道南には二つの生産者の名前が上がります。七飯町「福田農園」の「王様しいたけ」、そして厚沢部(あっさぶ)町「渋田きのこ」の「えぞまいたけ」。えぞまいたけは白いので、炊き込みご飯や汁物に入れても色が黒くならないのが気に入ってます。

Img_4193

ちなみに、前日の道南ワインアカデミー「ワインのペアリング講座」では、クセが少ないえぞまいたけはお吸い物にするとナチュラルワインに、揚げるとケルナーに、肉巻きなどにすると味付けや肉の種類によってピノ・ノワールやツヴァイゲルトレーベと合う、というお話でした。

上ノ国町「天の川・菜の花畑油工房」では、無添加・無調整生一番搾りのなたね油を実演して紹介。我が家にもある、安心安全で美味しい油です。

39314

「大沼ガロハーブガーデン」のはちみつは、季節によって2種類のはちみつが登場。試食させてもらうと、味も香りも全く違うので驚きました。

Img_4200

七飯町「coneru」ハーブシロップは、手摘みのハーブで手作りしたシロップ。パッケージもおしゃれで、女性の方に人気を集めていました。

Img_4187

せたな町・今金町の「やまの会」の富樫さんに遭遇! 「北海道生活」のチーズ特集以来、映画「そらのレストラン」公開時にお目にかかってからの再会でした。

Img_4216

富樫さんの自然農法でつくられた米、味噌、醤油にトマトジュース、ソガイさんのトマトジュースやジャムも販売されており、気分は買い物モードになってしまいました。生産者と直接会えるというのも、見本市のうれしいところです。

Img_4219Img_4220

「奥尻ワイナリー」ではワインの試飲も。次号のワイナリー特集では、奥尻ワインの一本を撮影だけいたしまして、飲むことができなかった……つい、撮影したものと同じワインをおねだりしてしまいました(笑) 何のワインかは、次号をお楽しみに!

Img_4209 

ワインといえば、学会の創設メンバーのひとり、「ワインショップ和田商店」和田一明さんもちょうどいらっしゃいました。

Img_4210

11月26日には北海道産ワインセミナーがあるということで、道南を代表するワインの一つ、奥尻ワインを熱心にテイスティングしておられました。

道南のお隣、青森県からも出展があり、そのうちの一軒、「梵珠フルーツわいん」では、珍しいカシスのシードルや青森産カシスとリンゴのワインを試飲。

Img_4214

こういった食材の見本市というのは、札幌でも開催はしているのですが、プロ向けのもので一般の方はなかなか見られません。私たち一般からみても珍しいものがいっぱいあるのですから、一流の目利きであるシェフからすれば、宝探しのような食材見本市といえるでしょう。

今回出品された道南・東北の様々な食材や食品が、国内外から集まった食のプロの人たちに注目されて、ますます磨き上げられていきますよう願ってやみません。

というわけで、「世界料理学会 in HAKODATE 2019」で見てきたものを、ざっとご紹介してきました。しかし、これはほんの一部にしかすぎません。実際に訪れてみれば、見ること聞くこと、多彩なジャンルから深い内容まで、料理の世界がたっぷりと堪能できます。

1年半に1回の開催なので、次は2021年の春。おそらく函館の桜が楽しめるあたりでしょうか? ぜひ、次回はみなさん函館にお越しくださいね!!

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活WEBサイト
http://www.hokkaido-life.net/

オンライン書店 Fujisan.co.jp
https://www.fujisan.co.jp/product/1281682660/new/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

|

« 世界料理学会in函館2019【2日目】 | トップページ | 12/13(金)公開スタート!! アニメーション映画『ぼくらの7日間戦争』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界料理学会in函館2019【2日目】 | トップページ | 12/13(金)公開スタート!! アニメーション映画『ぼくらの7日間戦争』 »