« ホテルオークラ札幌で「札幌産」食材を味わう | トップページ | 大丸デパートのなつぞら展 »

2019年6月 7日 (金)

今が旬!北海道のアスパラ

北海道に遅い春がやってきて、桜の便りが聞こえる4月ごろ、その子たちの噂は伝わってきます。

「アスパラ、来ました♪」

ハウスのアスパラがどんどん出だして、ゴールデンウィークになると、

「露地(ろじ)物、出ました♪」

そう、5月から6月にかけては、露地物のアスパラの旬!

Dsc_9300

ハウスでていねいに育てられたアスパラはみずみずしくてあっさりめな甘さがよいのですが、

土の中で寒い冬を越して、ずーっと地下で力をたくわえてきた露地物アスパラは、

グンッ!とたくましく、味も濃く、旨みパワーが全開で土から出てくるのです!!

たまらん!!!

というわけで、行ってまいりました!アスパラ畑♪

Dsc_9295

ここは、真狩村の「田村農園」さん。グリーンアスパラをつくっています。

ほかにもとうもろこしなどいろんな野菜をつくっていて、昔から有名なのが百合根でして、アスパラの後ろに広がっているのは百合根の畑なんです。

そして、真狩村には美味しいアスパラをつくる農家さんが数軒あり、毎年「アスうま選手権」なるものが開催され、アスパラが一番うまい今年の農家を決めるというガチバトルをしているのです。

ここで田村さんはたびたび優勝しているのですが、今年もチャンピオンになりました!!

Dsc_9291

テレビ局もさっそく取材に来ています。

UHB「みんテレ」のコーナーで、八木隆太郎アナにインタビューされているチャンピオン田村豊和さん。

アスパラの収穫は朝4時から日没までぶっ通しで行なわれており、朝9時に着いた頃には大半が採られていたのですが、

撮影用に一部だけアスパラを残していただきました。

そこで、私もアスパラを収穫させてもらいました。

Dsc_9293

「こんなに太いのが、まだあったんですか!?」

と田村さんにも驚かれましたが、私も毎年アスパラ畑に入るようになると、どのアスパラが採るべきものかなんとなく勘が働くのです。

アスパラは全国にあるものなので、珍しいものではありません。が、なぜ、こんなに美味しいのか?

☆ 北海道は、寒い!

特に露地物は昨年から寒い冬を耐えて、春が来ると急にぐんとあたたかくなる。この寒暖差が野菜を甘くします。

☆ 北海道は、広い!

アスパラは「肥料食い」などと言われる畑の食いしん坊。

数年ですぐに養分がなくなってしまいます。(それだけアスパラが養分を吸い取ってしまう)

そのあいだに畑を休ませ、別の畑をつくっておかなければならない。広い畑が必要ですね。

☆ 北海道は、太陽がいっぱい!

カラッとした気候、湿気が少なく、さんさんと降り注ぐ太陽の下でアスパラは元気に伸びます。

大空と、太陽と、大地。その恵みをふんだんに受けたアスパラはとっても元気!

……と文章が長くなってすみませんでした。

Dsc_9302

真狩のロケの帰りには、「北海道生活」でも紹介したレストラン「ポム」で

アスパラとジャガイモをふんだんに使った農家さんのプレートを♪

もともとアスパラが育ちやすいと日本で最初で植えられたのが北海道ですから、乾燥地や、泥炭地や、火山灰地や、いろんなところでアスパラが植えられてきた歴史があります。つまり、アスパラづくりのプロが多いというのもいえますね。

「アスパラには、農家さんによってファンが多い」ということもあり、どこどこの何々さんのアスパラしか買わない、という人も。

畑によって味も微妙に変わるのアスパラの魅力なんです。

Dsc_9308

真狩の田村さん、長沼の押谷さん、安平の八木さん、と私の大好きな生産者さんのアスパラ食べ比べを家でつくってみました。

味の違いがしっかりわかるように、ゆでてみましたが、ゆでかげんは気持ち早めにしたほうがシャキシャキでいいですよ。

失敗しない味わい方は、やっぱりそのまま焼くこと。

Dsc_9135

テレビの取材では、「バターと一緒にオーブントースターで焼く」が生産者さん一押しでした。

私の場合は、オリーブオイル・塩・黒胡椒でフライパンで焼き、上からベーコンエッグ(またはハムエッグ)をのせて、卵を崩しながら食べる。

これだともう、どんなアスパラでも万能な美味しさでございます。

アスパラのあるシーズンは毎週毎週つくっています。

これも旬がすぎ、夏がきて、道外や海外のものもスーパーに出だすと、ぴたっと食欲がゼロになり見向きもしない。

アスパラは収穫したてが一番美味しいので、北海道に住んでいる人が、北海道のアスパラを美味しくいただけるのです♪

北海道に移住して、アスパラに出会ってからは「永住」を誓った私。

毎年アスパラが味わえる喜びと感謝に生きています。

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活WEBサイト
http://www.hokkaido-life.net/

オンライン書店 Fujisan.co.jp
https://www.fujisan.co.jp/product/1281682660/new/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

 

|

« ホテルオークラ札幌で「札幌産」食材を味わう | トップページ | 大丸デパートのなつぞら展 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホテルオークラ札幌で「札幌産」食材を味わう | トップページ | 大丸デパートのなつぞら展 »