« 明日発売!「北海道生活」最新号で、あるこう♪あるこう♪ | トップページ | ワイルドな北海道のフットパス »

2018年7月30日 (月)

北海道のフットパスⅠ

『北海道生活』最新号の特集は「ほっかいどうを歩く」。最近、各地で盛んになってきているフットパスの特集です。

フットパスとは、森林や田園地帯など、地域に昔からある風景を楽しみながら歩く道のこと

そこには当然、山道やけもの道、江戸時代からつづく古道なんかもあって、あるくのが大変な場合もあるんですが、車ではぜったい見られない景色や体験ができるのです。

そんなフットパス特集を取材するのに、私も短期間の間にたくさん歩きました

なかでも記憶に残ったのが、洞爺湖フットパスコースの一つ、有珠山の外輪山を歩くコースです。

Img_0786_2

外輪山の山道に下りるまでに有珠山展望台から200段以上ある階段を下りていきます。

降りるごとに有珠山の噴火口が近づき、迫力の光景、、、なんですが、本当にこれを降りるのか、降りたら登りがあるぞ、どうする~ と自問自答していました。

Img_0798

外輪山に下りてしまえば、道はなだらか。標高は高いので右にも左にも絶景が

Img_0788

内浦湾の素敵な景色が見られます。街並みはちょうど伊達のあたりです。

Img_0797

反対側を見ると、有珠山の噴火口がすぐ近くにあり、もくもくといくつもの噴煙が上がっています。

Img_0795

途中の展望台ですが、写真でこの開放感をお伝えできないのが残念。

海あり、山ありの壮大な地形がぐるりと見渡せるのです。

そんなわけで、特集とびらにも採用された絶景写真も何とか撮れました

つきあってくれた潔癖気味のカメラマンY氏に感謝です。

1532582686104


ところが!帰りに最後の山の麓に近づいてショックなことが。

Img_0800

イエ、わかってたんですが、階段が垂直すぎてヒキました。そして、上りきったあとはほとんど無の境地になって地面にしばらく倒れてた次第です orz

(kana)

|

« 明日発売!「北海道生活」最新号で、あるこう♪あるこう♪ | トップページ | ワイルドな北海道のフットパス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道のフットパスⅠ:

« 明日発売!「北海道生活」最新号で、あるこう♪あるこう♪ | トップページ | ワイルドな北海道のフットパス »