« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月27日 (水)

「十勝フード&ワインフェスティバル2018」開催!

帯広「北海道ホテル」にて、「十勝フード&ワインフェスティバル2018」が行なわれました。

北海道は2017年5月にハワイと友好提携を結んだのですが、ハワイのフード&ワインフェスティバルにヒントを得て、昨年から始まったのがこのイベント。

1530058459236.jpg

十勝の豊富な食材を、様々なジャンルの国内外のシェフたちが料理してふるまうのです。

1530058461357.jpg

こちらは中華の鉄人、脇屋友詞シェフ。北海道芦別市のご出身です。

1530058465732.jpg

北海道の中国料理の料理人たちとタッグを組み、十勝の食材から3品が生まれました!

1530058466399.jpg

写真手前より、「北海道生活」でご紹介した「ボーヤファーム」の安西さんによる極上の羊のお肉に、「折笠農場」のジャガイモ(さやあかね)を添えて。

写真後ろは、十勝ハーブ牛を使った麻婆豆腐と豆乳坦々麺。

緑豊かなガーデンには、ハワイアン料理や、シャンパン、十勝ワインサッポロビールなどがふんだんに用意され、たくさんの人々でにぎわっておりました。

1530058467161.jpg

そして、2階へと上がると、室内でも美食の饗宴が。

こちらも昨年の「北海道生活」でご紹介した「十勝ヒルズ」のモルドヴァン・ヴィクトルさん。

1530058468067.jpg

そして、ジビエといえば豊頃町から東京へとジビエの魅力を発信している「エレゾ社」の佐々木章太さん。

1530058469760.jpg

北海道の上質な肉を、数々のシャルキュトリーで表現されました。それが、写真右の、エレゾのシャルキュトリー。

エゾシカ1カ月半熟成サラミ、蝦夷神豚1カ月半熟成サラミ、エゾシカとピスタチオのテリーヌ、短角牛とフォアグラのプレッセ、短角牛のブレザオラ、と5品をラインナップ。

1530058470430.jpg

↑写真左上は、モルドヴァン・ヴィクトルさんによる、ハンガリーの国宝として話題になったマンガリッツア豚の料理を。

十勝といえば、「共働学舎」など実力派のチーズ工房も揃います。

1530058471158.jpg

ほかにも、タイ料理から日本食まで、てんぷら、そば、すし、と食べきれないほどの料理が、料理人自らの手によってふるまわれます。

1530058471944.jpg

「国内外からスターシェフが集うプレミアムな食の祭典」と題して行なわれたこのイベントは、大盛況で終了しました。

1530058473401.jpg

北海道は食料自給率が200%といわれていますが、ここ十勝地方にいたっては1,100%と圧倒的な高さ。

その豊富な食と、中でも磨き上げられた上質な食材と料理、それが一堂に体感できるパーティでしたhappy01

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします

| | コメント (0)

2018年6月24日 (日)

明日発売!「ランチパスポート旭川2018」

旭川のみなさま、お待たせいたしました!

いよいよ明日、6月25日(月)に「ランチパスポート北海道 旭川2018が発売となります!happy02

旭川市のほか、周辺エリアまで拡大して、なんと89軒shineも掲載しています。

Lunpass_asahikawa2018covers_190x320

今回もお店の方々には税込500円でメニュー協力していただきました。

クオリティの高い食材も、惜しみなく提供いただいております!

ブランド牛「豊西牛」100%のハンバーグが、セットで1,080円→500円!(限定1日15食)

19942_libro_p17_213x320

「美瑛豚」のしゃぶしゃぶ肉を使ったスタミナ丼が、720円→500円!

14657__p09_213x320

「知床鶏」の唐揚げにディナー用ソースをかけて850円→500円!!(限定1日10食)

31847__p07_320x212

夏にうれしいメニューも続々登場しています。

SNS映えするおしゃれな冷やしフォーが、1,090円→500円!(限定1日15食)

34996_mow_p01_320x213

ちゃんこ屋さんの塩スープを使った冷製ラーメンが、830円→500円!(限定1日20食)

32212__p11_320x214

自家製ベーコンを使ったスープカレーが980円→500円!

34918_fujiyama_p01_320x213

毎日お仕事をがんばる人のためのサラメシも充実。

そばとかき揚げ丼が両方ついてボリューム満点の800円→500円!!(限定1日10食)

24414__p12_320x213

安くて旨い回転寿司なのに、さらにセットメニューがランパスで、800円→500円!

24003___p14_320x213

そして、今回はデザートのお店cakeも増えていますよ。

この中から、お好きなパフェを召し上がれ♪ということで734円→500円!(限定1日20食)

34997__p05_212x320

こちらはデザート盛り合わせかフルーツパフェのいずれかを選んでドリンクつきで、850円→500円!(限定1日20食)

34990_oyako___p01_320x212

しかも、お子様連れの方には、ランチも注文すればお子様メニューが半額になるというサービスも。親子にやさしいカフェで、ランチとデザートをゆっくり楽しんでください。

これからの3ヶ月間、旭川のまちでも、ほかのまちをドライブしても楽しめるランチパスポートをどんどん使ってくださいね♪happy01

※発売後のランチパスポートについては、店舗の方で変更の場合もあります。最新のお知らせは、公式Facebookをご確認ください。

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします

| | コメント (0)

2018年6月22日 (金)

今年も開催!SAPPORO BEER TERRACE

6月21日(木)から9月9日(木)まで札幌市東区の「サッポロビール園(サッポロガーデンパーク内)」にて屋外ビヤガーデン「SAPPORO BEER
TERRACE」が開催!

5回目の開催となる今年も、オープン日に潜入してまいりました!

E875ee3ac5f24c56b74a8d7f8d98076c


来るたびに思いますが、開拓使館の煙突が良い雰囲気を出しております。
屋外ビヤガーデンといってもテント席もあるので、雨風を気にせず楽しめるん

メニューは、生ラムジンギスカン食べ飲み放題プランをはじめ、海鮮、ソーセージや牛ロースなどのBBQプレートなどが付いた1日1組限定のプレミアムBBQプラ
ン、その他アラカルトも用意。

ビールは北海道限定のサッポロクラシックはもちろん、サッポロ生ビール黒ラベルやエビスプレミアムブラックなどを用意!(もちろんソフトドリンクも各種ありま
す!)

Ca0719c6f7dc4ba7b8d924e92c6fd86a

Dbbf410f35244a769762f0f517d787a4

もう一回食べたい。。。


8b0413b9b74644a08dcb3c505142a438

昨年人気を博した1日1組限定のタープ席が今年も登場。

さらに、今年の北海道命名150年を記念し、総面積約650㎡の会場を貸し切りで利用ができる貸し切り限定150万円プラン、

平日限定「生ラムジンギスカン食べ飲み放題プラン」をご注文のグループを対象に150分の1の確率で当日のお食事代が無料になる抽選企画、

1990年に発売していた、「北海道生ビール」の復刻商品を数量限定で提供するなど、イベントが盛りだくさんです。

今年の夏はぜひ!SAPPORO BEER TERRACEへ足を運んでみてください^^


屋外ビヤガーデン「SAPPORO BEER TERRACE」
住所:札幌市東区北7条東9丁目2-10
電話:0120-150-550(予約センター)
期間:6/21(木)〜9/9(日)
営業時間:平日17:00〜22:00
     土日祝12:00〜22:00
       (L.O.21:30)
https://www.sapporo-bier-garten.jp/
(ホームページからの予約も可能)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

美唄名物「とりめし」を作ってみた。

ただいま発売中の「北海道生活」連載「歴史のレシピ」では、美唄の「とりめし」を紹介しています。

自宅でも、実際につくってみました!

1528937151143.jpg

お米も、美唄の取材中で見つけた「貞広農場」の「ふっくりんこ」を使用。

味付けは鶏肉のそばをつくるくらいの濃さにしたらちょうどよかったです。
(私は白だしを使うので色は薄い)

レシピ通りだと時間はかかるのですが、かなり鶏のコラーゲンが出るのでコクがあります。

取材先の「しらかば茶屋」さんのメニューにあった「とりめしオムライス」など洋食のアレンジもいけそうと……

1529130438929.jpg

適当につくってみましたが、上等なチキンライスといった感じに仕上がっていて、なかなか美味しくいただけました!

それでもラクしたい!という方には記事でも紹介した「とりめしの素」を。

1528937151990.jpg

なんということでしょう。 こんなに簡単なのに、本格的にうまい!

とりめし初挑戦の方は、ここから始めて味を覚えて、後で一から手づくりするのもいいかもしれませんね。

まあ、まずは美唄に行って、スーパーに当たり前のようにある「とりめし」を買って食べてみてほしいです。

「しらかば茶屋」さんのテイクアウトとりめしもオススメですよー! happy01

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2018年6月11日 (月)

【日高エリア】浦河町×様似町 移住相談会のお知らせ

北海道生活スタッフブログをご覧のみなさん、
こんにちは、こんばんわ。


日高管内の浦河町と様似町からイベントのお知らせが
届きましたのでご案内いたします。



移住・交流情報ガーデンにて

北海道 URAKAWA×SAMANI
移住相談会 開催

Urasama_soudanmin


北海道日高地方にある浦河町・様似町が、「移住」や「シーズンステイ」を検討している方向けに移住相談会を開催します。


太平洋と日高山脈に抱かれた2町は、夏は冷涼、冬は少雪と住み良い気候。

自然の魅力にもあふれており、
サラブレッドの産地として知られる浦河町は馬を身近に感じる環境が、
様似町はユネスコ世界ジオパーク加盟の「アポイ岳ジオパーク」があるなど、
自然豊かな北海道の中でも、この地域ならではの特徴的な魅力があります。

ウニ・カニ・ホッケ・真ツブ・コンブなどなど太平洋の豊かな海の幸にも
恵まれています。


「移住相談」はもちろん、「ちょっと暮らし」「仕事・子育て情報」「地域おこし協力隊」「ふるさとワーキングホリデー」等、浦河・様似2町での暮らしや滞在、仕事などに少しでも興味のある方は、お気軽にお立ち寄りください。

≪日時≫平成30623日(土)1530分~1730
≪会場≫移住・交流情報ガーデン(東京都中央区京橋1丁目1-6越前屋ビル地下1階)
≪問合先/申込先≫浦河町商工観光課移住交流推進室
057-8511北海道浦河郡浦河町築地1丁目3-1
TEL0146-26-9013 FAX0146-22-1240
Mailijuturn@town.urakawa.hokkaido.jp
特設ページURL:http://inspot.jp/urakawa_iju/pages/1991
※申込がなくても参加は可能ですが、参加人数の事前把握のため、ご予約にご協力をお願いいたします。

北海道での暮らし、日高での暮らし、地域でのお仕事、子育て環境・・・
なんとなくでも意識したり気になったことのある方は、この機会にぜひ
立ち寄ってみてはいかがでしょう。
WEBで調べるだけでは中々見つけられないような生の情報を、実際にまちに住む人たちから聞くことができるチャンスです。


ではでは、今日のところはこの辺で(=゜ω゜)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »