« 5月28日(月)「ル・ゴロワ・フラノ」オープン!! | トップページ | 松浦武四郎ランチで「北海道」を味わう »

2018年5月23日 (水)

松浦武四郎さんとツーショット!

2018年の今年は、「北海道」という地名が付けられて150年。

というわけで、名付け親である松浦武四郎さんとツーショット! 

こんな記念すべき写真が撮れる、顔出しパネルがあるんです。

Img_1651

札幌駅のすぐそばにある「センチュリーロイヤルホテル」では、来たる6月30日から北海道博物館で開催される特別展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」にちなんだ展示をロビーで展開しています。

Img_1641

壁面の資料を読んでいるだけでも、武四郎さんの生涯や北海道での活躍を目の当たりにでき、「へえ!」「ほお!」と感心してしまいます。

そして中央部分にあるのが、靴を脱いで上がる特別なスペース。(この奥にパネルが!)

Img_1643

松浦武四郎が明治2年につくった「北海道国郡検討図」が足元に広がっているのです。全体はカメラで収めきれない大きさ。

Img_1649

ここに立つと、松浦武四郎が書いた、おびただしい数の地名と川や山の名前、そして、国名・郡名をどうするかという、苦心惨憺する書き込みの跡があるのです。

札幌郡、とか、今も通じる地名もあります。

Img_1650

あまりに細かくて、そして北海道の地図がかなり正確で、どれだけ徹底的な調査とアイヌの協力があったのか、ただただ圧倒されます!

とにかくこれは……実際に札幌に来て見ていただいて、この足で立って、この目で見ないとわかりません

たった26歳で蝦夷地にやってきて、6回来ただけでここまでの地図をつくった松浦武四郎さん、すごすぎる!

そんな武四郎さんに親しんでいただくため、顔出しパネル看板をつくっていただいたり、特製ランチをつくっていただいたセンチュリーロイヤルホテルのみなさんの努力もすごい!

そんな、特製ランチについては、次のブログへ続きます

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

|

« 5月28日(月)「ル・ゴロワ・フラノ」オープン!! | トップページ | 松浦武四郎ランチで「北海道」を味わう »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 5月28日(月)「ル・ゴロワ・フラノ」オープン!! | トップページ | 松浦武四郎ランチで「北海道」を味わう »