« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月28日 (木)

本日発売!巻頭特集は収穫の十勝・ニセコ

本日9月28日(木)は「北海道生活」の発売日です!

※北海道は9月30日(土)ごろとなります

表紙はコチラ↓

Hlvol_61coverb

とれたてを味わう~十勝・ニセコ

昨年の台風被害を乗り越えて、元気に育った十勝の食材を食べて応援したい。

そして、冬に人気のニセコですが、農地としての魅力も伝えたい。

ということで、2ヶ所をご紹介しました。

撮影は十勝在住のカメラマンとニセコ在住のカメラマンで、ここでは本誌で載せきれなかった写真を中心にごらんいただきましょう。

Dsc_9293_320x214

8月の取材の頃は、そばが満開でした。

Dsc_9808_320x213

十勝ヒルズの外観。

Dsc_9896_320x214

豆や野菜をたっぷり使った料理。

Dsc_9302_320x214

高原牧場の牛さんたち。

Dsc_9184_320x214

食べて応援したい、ということでレストランやカフェが中心ですが、パン屋さんも取り上げています。

Dsc_9559_320x214

とれたての野菜、北海道のチーズが楽しめるピザも何軒かで登場してきましたよ。

_dsc2702_320x213

収穫でお忙しい中、農家さんも紹介しています。

_dsc2619_320x213

ヤギにえさやり体験。

美味しい店を紹介するというグルメ特集ではなく、畑とつながっているレストランや農家のお店を紹介するように心がけました。

これまで本誌で紹介してきたファームレストランもまとめてMAPでごらんいただけるようにしていますので、永久保存版として使ってくださいね!

そして、シャーロット・ケイト・フォックスさんのインタビューも!

シャーロットさんは、ただいま新たな番組で活躍中。こちらのブログも合わせてご覧くださいね。 http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/676680/538107/87086122

他にも、北海道と東北がつながる青函特集いま注目の空知エリア特集毎年恒例の移住大特集と、ここだけでしか読めない特別な一冊となっていますので、どうぞお楽しみに。

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2017年9月22日 (金)

明日OPENの道の駅も!札幌近場ツアー

札幌や近郊の魅力を紹介する旅行関係者向けのツアーが、札幌市の主催で行なわれるというので行って来ました!

明日9月23日(土・祝)にOPENする、おとなりの当別町(とうべつちょう)の道の駅「北欧の風 道の駅とうべつ」を一足先に見学。

1505814496410.jpg

当別町は姉妹都市がスウェーデン・レクサンドであること、そして、スウェーデンヒルズという北欧の家が立ち並ぶ素敵な住宅地があります。それで、道の駅の名前にも「北欧」がついているのですね。

1505814497318.jpg

開放感のある内部にある家具もスウェーデンにちなんで「IKEA」製。

道外の旅行関係者の方は特に反応がなかったのですが、「北海道にはIKEAがないのです」という説明にどよめいてました。北海道発祥の「ニトリ」がありますからね……。

ここでカフェレストランをプロデュースしたのが北海道イタリアンの草分け、
「テルツィーナ」オーナーシェフの堀川秀樹さん。

1505814497931.jpg

ちょうど打ち合わせでいらっしゃっていたところを撮影させてもらいました♪

当別町は農業もさかんなので、地元でとれた食材のイタリアンが楽しみですね~。

1505814500259.jpg

外はひまわり畑。北海道でひまわり畑というと、観賞用というより、農業用。こちらも農家さんが多いのですが、ちょうど全面がひまわりだらけでいい時期でした。

だから、農産物直売所もあるんですよ。地元の農家さんの食材が楽しみですね!

1505814499050.jpg

そして当別町というと、実は生チョコレートの「ロイズ」の本社があるんですね。

1505814498507.jpg

近くにはロイズの工場と直売所・カフェもあるんですが、こちらでも販売しています。

見学のおみやげに、地元銘菓をいただきました

1505814499648.jpg

主に本州の旅行関係者向けのツアーだったので、札幌に暮らす私にはもちろん知っているところもまわりましたが、これがけっこうおもしろい。

モエレ沼公園は、ちょうど札幌芸術祭の時期だったので、いつもとちがう風景が。

1505814501442.jpg

ガラスのピラミッドの中にも不思議な物体が?

1505814500864.jpg

芸術家イサムノグチが手がけた公園ですから、芸術祭にちなんだ展示がたのしめました。芸術祭は10月1日までですので、この展示が楽しめるのは、あとわずかですよ。

そして、大倉山ジャンプ競技場。ここは私も好きな場所なんです。

1505814502040.jpg

長らく改修中で来られなかったミュージアムが、今年2月に「札幌オリンピックミュージアム」として生まれ変わっておりました。ようやく来られた!

冬季オリンピックの歴史や貴重な資料、そして、ジャンプやカーリングなどが楽しめるアトラクションがありました。

1505814503211.jpg

ジャンプ、次はぜひやってみたい!

そして上からの眺め。高いところが苦手な私としては足がすくむほどなんですが、とってもきれい!

1505814502600.jpg

札幌は新・日本三大夜景にも選ばれたので、ここからの夜景もきれいなんだろうな~。

個人的にテレビ塔から大倉山へまっすぐにつながる夜景が札幌で一番好きなんです。特に夕景。雪まつりには札幌の人にもオススメしています。

けっこうおもしろい、札幌の近場や穴場。まだまだあるので、グルメ以外もぜひ楽しんでくださいね!

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします

| | コメント (0)

2017年9月20日 (水)

世界発! 涙の出ない玉ねぎ登場!!

9月19日、栗山町にて、畑ミーティング「オニオン2017 ノヴァ」が行なわれました。

栗山町が発信するオンリーワンの玉ねぎ、切っても涙の出ない&生で食べられる「スマイルボール」と、健康成分ケルセチンがめちゃくちゃ豊富な「さらさらレッド」の収穫を記念して行なわれたものです。

Photo

特に、今回おひろめとなった、涙が出ない玉ねぎ「スマイルボール」は、「ハウス食品」さんと栗山町の「植物育種研究所」が、約10年の歳月をかけて研究した結果であり、世界で初めて育種に成功した新種の玉ねぎ

一昨年に収穫したスマイルボールのタネを再度植えて育て、そのタネからとれた玉ねぎもまた同様に辛くなかったことから、今回成功を確信して発表に至ったのだそうです。

1

そういえば…以前、「タマネギを切るとなぜ涙が出るのか」について発表したハウス食品さんの研究チームが、イグノーベル賞をとっていたことも思い出されますが

この研究結果から、催涙成分が少ない玉ねぎの品種改良を続けられたようです。

Photo_2

↑生の玉ねぎ(スマイルボール)をガブリと丸かじりして見せてくれた、ハウス食品グループの正村さん。

なお、こちらはもちろん、いわゆる遺伝子組み換え食品であありません。

世界中の玉ねぎの中には、辛み成分が多いものからあまり入ってないものまでいろんな種類があり、少ない品種を集めてかけ合わせたりすることでこの品種ができたそう。

ムズカシイことはわかりませんが……とにかくこの成功は、あのアメリカの経済紙「ウォールストリートジャーナル」や、「ワシントンポスト」でもいち早く紹介され、アメリカの有名な玉ねぎ専門誌の表紙を飾ったほど、世界中で大注目の品種なのだそうです

Photo_4

私たちも実際に畑にいって、スマイルボールとさらさらレッドの収穫体験をさせていただきました。
Photo_11
畑で玉ねぎの説明をする、栗山町「植物育種研究所」の岡本大作さん(写真右)。さらさらレッドやスマイルボールの開発者です。

日本で栽培されている食物も、もとは海外からタネが輸入されているものが多いそう。この方は「タネを制する者が世界を制す」ということで、タネから差別化することで付加価値を上げることにこだわっておられるとか。

Dsc03297
私たちも見せていただいた、玉ねぎのタネ(どっちのタネか忘れたのと、写真ぶれてる…

収穫体験のあとは、実際に食べてみました。

Photo_5

生のスマイルボールは、本当に玉ねぎから辛みだけを抜いたような不思議な味わい。リンゴっぽいようなほのかな甘みと、シャキシャキした歯ごたえも美味しいです。

Photo_6

こちらはスマイルボールのカレーマリネです。

スマイルボールは、水にさらさなくても生で食べられるので、料理も簡単になりそうなのと、いままで思いつかなかった使い方もできそう。

熱を通さなくても食べられるから、栄養成分を損なわないまま食べることもできそうですね

Photo_7
こちらはレシピを考案した札幌のフレンチレストラン「cantine SEL」の黒滝祐輔シェフ。塩味・酸味・油分などのバランスがとれたマヨネーズ風味も合うとのことです。

Photo_8
こちらは今回紹介された玉ねぎの生産をしている栗山町の「さらさらレッド生産組合」の皆さん。中央は長尾組合長さんです。私たちが収穫体験したのも、長尾さんの畑だったのだそうです。

日本で一番食べられている野菜は、一番が大根とキャベツ、そして3番目くらいが玉ねぎで、一方世界では一番がトマト、2番目が玉ねぎなのだそう それだけ玉ねぎって、世界中で消費量が多いんです。

この栗山町の「スマイルボール」は誕生してまだ3年ですが、将来、ここから世界中の玉ねぎに革命が起きていくかもしれません

(kana)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

帯広の食材 de ホテルオークラ「楊貴妃ランチ」

「ホテルオークラ札幌」で、今月は「とかち帯広フェア」というグルメイベントが開催中ということで、行ってまいりました!

このフェアは、9月30日(土)まで「杉ノ目」「コンチネンタル」「桃花林」という和洋中のレストランで帯広の食材を使った限定メニューがランチとディナーで味わえるというものです

今回は、中国料理・桃花林(とうかりん)にて。

楊貴妃ランチ ~帯広から~

広東焼き物入り前菜の二種盛り合わせ サラダ添え

Img_5159_320x320

この前菜のうつくしさ……こちらのレストランは香港の欧陽(オーヤン)料理長による本格的な広東料理が評判の札幌の名店です。

生きくらげ入り卵スープ

Img_5165_320x240

秋ということで、生キクラゲのしゃきしゃき感がたまりません。

ニラ入り焼き丸餃子、南瓜チップス添え

Img_5170_320x320_2

あつあつで、小龍包を揚げたような、これだけでもビールのおともにしたい一品。

白菜とキノコの牛乳煮込み(加藤牧場ジャージー牛乳・美瑛牛乳使用)

Img_5173_320x240

真っ白な一皿に使われているのは、帯広・加藤牧場のジャージー牛乳。濃くてさっぱりした牛乳がとっても合います。

かみこみ豚ロースの赤酢ソース 香港スタイル

Img_5176_320x240

思わず「ごはん!」といいたくなる、酢豚のようでいて、さすが欧陽シェフといいたくなる逸品でした。

海老と野菜のつゆそば

Img_5180_320x320

ごはんをがまんしてよかった、とうれしくなるほど美味しいつゆそば。さっぱりしていて旨みがあり、おなかがいっぱいなのに、するすると入ります。

白玉入りクワイの冷製デザート ピータン入り焼き菓子

Img_5183_320x240

さわやかなクワイと白玉でさっぱり。そして、驚いたのがピータンが入った焼き菓子!これも欧陽シェフの技ですね、とっても合うんです。

以上7品を完食。

札幌にいて、帯広の食材を本格中華で味わえる機会というのもうれしいですし、帯広の方も札幌に来て食べる価値があるのではないかなと思いました。

とかち帯広フェア in ホテルオークラ札幌

 

札幌市中央区南1条西5丁目 011-221-2333(代)

ぜひ、美食の秋を楽しんでくださいね♪

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします

| | コメント (0)

2017年9月15日 (金)

本日発売!「ランチパスポート旭川2017」

いよいよ本日、第4弾となります「ランチパスポート北海道 旭川2017が発売されました!

Lunpass_asahikawa2017_190x320

今回は半数以上が新登場のお店!

いずれも税込500円でメニュー協力していただきました。たとえば……

豚肉にこだわるお店のオール豚肉でつくった特製丼が、790円→500円!

19432213__p02_320x194

こんなにたくさんおかずがついた、ちゃんこ鍋屋さんの日替わり鍋定食900円が→500円!(スープがなくなり次第終了)

14232212__p02_320x213

秋鮭の季節になりましたね~、旬のいくらとカニがたっぷりのったカニいくら丼702円が→500円!(テイクアウトOK)

14532210__p01_213x320_2

旭川ラーメンといえば醤油だけではありません、有名な塩ラーメンの店から、新メニューの梅塩ラーメン800円が→500円!(スープがなくなり次第終了)

14332211___p01_320x217_5

スイーツメニューもあります、ココナッツバナナワッフル700円が→500円

32506_rainbowc_p03_320x240

まだまだ遠くまで足を運びたい季節。今回は特別編として、11月の映画「写真甲子園 0.5秒の夏」で話題となっている「東川町」や、静かにすごしたい「富良野・美瑛カフェ」も掲載しています。

ランチに、カフェに、旭川から遠くまで、楽しく足を運んでくださいね!

※発売後のランチパスポートについて、店舗の方で変更の場合もあります。最新のお知らせは、公式Facebookをご確認ください。

(編集長)

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします

| | コメント (0)

2017年9月13日 (水)

アイヌ文化の歴史めぐりツアー

「アイヌ文化の歴史(遺跡)めぐり北大周辺エコツアー」のお知らせ

樺太アイヌの地をひく楢木貴美子さんを講師に、その昔、一大コタンがあった北海道大学周辺を散策するツアーが今年も行なわれます

 受講対象者は原則として、札幌市内在住・市内在勤の15歳以上の方

(中高生を除く)。

 北大遺跡保存庭園で行われるシンヌラッパ(先祖供養)への参加や、お昼や伝統的なアイヌ料理もふるまわれるという充実した内容です

 応募概要は以下です

開催日時/平成29年10月7日(土)9:00~15:00

 場所/北海道大学周辺(北区北8条西5丁目)

 料金/受講料1,500円、資料代500円(保険台含む)

応募締切/9月29日(金) 

申込み方法/「札幌市アイヌ文化交流センター」まで、以下の手段で、必要事項(講座名、郵便番号、住所、氏名、電話番号、年齢)をご連絡ください。

1. ハガキ…〒061-2274 札幌市南区小金湯27

2.電話…011-596-5961 

3.FAX011-596-5967

4.E-mailpirka-kotan@city.sapporo.jp

この機会にぜひ参加・見学してみませんか

(kana)

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

開幕!秋の祭典「さっぽろオータムフェスト2017」

9月8日(金)、秋晴れに恵まれたこの日、今年もいよいよ「さっぽろオータムフェスト2017」が始まりました!

札幌の姉妹都市、ドイツのミュンヘンで行なわれるビールと収穫の祭典「オクトーバー・フェスト」にならったイベントを秋に開催しようと2008年にスタートしたこのイベント。8月までビヤガーデンでにぎわっていた大通公園で、9月下旬よりワインと秋の収穫を祝うイベントに。今年で10回目となりました!

私は初めての年にこのイベントに感動し、2回目から仕事としてかかわらせていただくようになり、毎年プライベートでも友人と楽しむ場にしています。

さて、10:00より開会式。今では270万人の来場者数を誇る、雪まつりをしのぐ一大イベントに成長、札幌のみならず110もの市町村があつまる秋の収穫祭になったとのご挨拶でした。

1504934728411.jpg

この10年に急成長したものといえば北海道のワインですが、お祝いの乾杯も「おたるナイヤガラスパークリング」で。札幌のフレンチ「ル・プルコアパ」特製のパイが付きました。

こちらのお店は、11丁目会場の「シェフズキッチン」でも様々なメニューを用意。

1504934731057.jpg

500円メニューから1,100円プレート、そして今年は10回目を記念した2,000円の特製プレートも登場。真ん中にある大きなハンバーガーがそれで、北海道産の食材をふんだんに使ったフレンチが、野外で気軽に楽しめます。

こちらも人気の8丁目会場「札幌大通ふるさと市場」では、4期に期間を分けて北海道の市町村が集まります。食べきれないほどたくさんのグルメがありますが、以前より席が増えて食べやすくなりました。

1504934730276.jpg

写真手前は一番人気の、留萌(るもい)の「うにめし」。

1504934733220.jpg

伊達の「ぶぅたま(豚肉のたこ焼き風)」と奥尻の焼きイカも。「あ!切れてない!」と割り箸で必死に切ってくれたので大爆笑。次に来るときにはキッチンばさみもあるといいねーと誓ったのでした。野外でいただくので、毎年来るたびに必携グッズがわかってくるんです。

1504934729483.jpg

今年は屋台もできていましたよ。札幌には屋台がないので、(冬が長いからなんですが)この期間に屋台で飲めるのは楽しそうです。

10丁目には、こんなすてきな名店も軒を連ねていました。「ELEZO glamping」。十勝・豊頃(とよころ)町のジビエや食肉加工を扱い、全国のシェフにもご用達の多いお店ですが、このたび東京にもレストランをオープンしたとのこと。

1504934731786.jpg

このELEZOのシャルキュトリー(ハムやサラミ、パテなど)が、ワインとともに味わえるなんてシアワセ♪ グランピングとは話題の贅沢な手ぶらキャンプですが、このエリアにはテントやキャンプ用のテーブルセットが並んでいるので、グランピング気分が味わえます。

1504934732511.jpg

大通公園で、こんな素敵な経験ができるとは!

東京のお店はすでに予約でいっぱいだそうですので、とてもありがたいです。エゾシカや短角牛のステーキもあるそうなので、次回はリッチにディナーで挑戦することにします。

さっぽろオータムフェストは、10:00~20:30までと一日中楽しめるイベント。ランチに、ディナーに、昼酒に、ほろ酔いに。

1504934734629.jpg

こちらは「北海道生活」で取材した小樽「osa winery」のワイン。日もすっかり暮れてきました。

札幌市民の秋の楽しみとしてすっかり定着したオータムフェスト。大通公園だけでなく、円山公園やすすきの、そして今年は創成川公園や北3条にもエリアを広げ、ますますパワーアップしています。

今年も美味しく、楽しみますよ!

公式HP: http://www.sapporo-autumnfest.jp/

さっぽろオータムフェスト 9/8(金)~9/30(土) 10:00~20:30(20:00ラストオーダー)

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします

 

| | コメント (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »