« 4月23日オープン!新しい素敵な道の駅ができました。 | トップページ | “北海道版トクホ”で美人ランチ »

2017年4月26日 (水)

美深町「白樺樹液まつり」に行ってきました。

道北の美深町(びふかちょう)にて、「白樺樹液まつり」というのがあると聞いて、行ってまいりました。

「美深町白樺樹液春まつり」という、なかなか強烈な名前です。

1493168075563.jpg

4月下旬というのに、白樺の森はまだまだ冬の雪景色。さ、寒い……

ヒールをはいていた札幌からの観光客の方もいましたが、それくらい温度差があるのです。

1493168065895.jpg

このお祭りでは、白樺の樹液を自由に採ることができるのですが、まずは、アイヌの方々による儀式「カムイノミ」から。

カムイ、つまり自然の神々に、「森に入って、樹液をおすそわけしてくださいね」とご挨拶して、人と神(自然)がなかよくなってから樹液をいただくのです。

1493168074212.jpg

樹液は透明で、水みたいだけど、水とも違う……とても神秘的な繊細な味わいです。木によって微妙に味が変わるので、みなさんあちこち飲み比べて楽しんでいました。

1493168073433.jpg

さて、「北海道生活」羊の特集でも紹介した羊の牧場がある宿「ファームイントント」の前ではお祭り会場が大盛況。

1493168068464.jpg

白樺樹液を使った、甘酒、コーヒー、カレーライスなどがふるまわれ、美味しく体をあたためてくれます。樹液は食べ物もおいしくしてくれるのです。

そして、白樺樹液を使ったスキンケアなど、様々な商品も販売。とくに女性客の皆さんが興味しんしんでした。

1493168070705.jpg 1493168069913.jpg 1493168071817.jpg

羊の毛糸を使った、かわいいクラフトも発見。GWごろからトロッコ王国にて小さなショップをオープン予定だそうです。

1493168065178.jpg 1493168062608.jpg 1493168063414.jpg

こちらも、「北海道生活」の取材でお世話になった美深町・チーズ工房「羊飼い」のチーズを発見。

1493168072611.jpg

白樺樹液が採れるのは4月中旬のわずか2週間くらい。

採って、飲んで、味わって、肌に付けて……温度があがると劣化するそうなので、寒いからこそ楽しめるのが樹液まつりなのですね。

ちなみに、こちらは前夜に出された樹液カクテル。

1493168077735.jpg

ウォッカがなみなみと入っていて、アルコールがかなり強いです。それなのに、翌日に酒が残らなくて驚きました。これも樹液のおかげ?

1493168077015.jpg

最後には、参加者の方がアイヌの方々と一緒に踊り、歌声を間近に聞きながら、とても心地いい時間を過ごしました。

アイヌの方々の踊りを間近に見る機会もうれしかったのですが、初めて見たコミカルな踊り(女たちが一人の男を取り合うバトル)もまた会場の爆笑を誘っていました。

自然に感謝、そんなことも教わった美深の二日間でした

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

|

« 4月23日オープン!新しい素敵な道の駅ができました。 | トップページ | “北海道版トクホ”で美人ランチ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4月23日オープン!新しい素敵な道の駅ができました。 | トップページ | “北海道版トクホ”で美人ランチ »