« 「道産ワインの夕べ」で見つけた新しいワイン | トップページ | 十勝の絶品ビーフから生まれた贅沢カレーパン »

2017年2月20日 (月)

冬の五輪へ!「2017冬季アジア札幌大会」開会式

2017年2月19日、いよいよ「2017冬季アジア札幌大会」が開幕しました!

その開会式は、皇太子さまの開会宣言、ドリカムのスペシャルライブ、と晴れやかな幕開きとなりました。その模様を一部ご紹介します。

当日は天候がきびしいと予想されていたのに、札幌ドームは晴れ。幸先のいいスタートを感じさせてくれます。


1487917386838.jpg


「冬季アジア札幌大会」とは、1986年に札幌から始まったアジア冬季大会から数えて8回目、札幌では3回目の札幌(+帯広)開催となっています。

アジア冬季大会とは、アジア・オリンピック評議会(OCA)がアジアにおける冬季スポーツの発展のために開催する国際スポーツ大会。来年のピョンチャン冬季五輪へつながる素晴らしい記録が期待されます。

さて、いよいよ開会式。

オープニングは「ようこそ、響きあうまちへ」と題し、札幌交響楽団(札響)の素晴らしい演奏と、北海道の自然の美しい映像で始まります。その演奏と映像に思わず感動!北海道って本当に美しいところがたくさんあるなあと涙が出てきそうになりました。

そして開会セレモニーは選手入場でスタート、「つながるアジア」と題し、32の国の選手たちが笑顔で次々と登場します。プラカードは、ボーイスカウト北海道連盟、ガールスカウト北海道連盟のみなさんが持って先頭を歩いています。

_sg_0061_320x213

当たり前のことですが、この時点では勝者も敗者もなく、みんなが笑顔。国も政治も越えた同じ笑顔、会場からのあたたかい拍手に、さらに涙が出そうになりました。

そして、この大会の組織委員会会長である秋元札幌市長からのスピーチ、OCA会長のスピーチにつづき、皇太子さまの開会宣言がなされました。

32の国の旗のもと、選手宣誓。日本選手団主将の本橋麻里さん、カーリング競技審判長の小高正嗣さんから宣誓が行なわれました。

_sg_0082_320x213

第2部は「北の大地のチカラをアジアへ、明日へ」と題し、北海道の素晴らしさが躍動感をもって表現されるさまざまなパフォーマンスを展開。

PART1「自然と共に生きるチカラ」は、アイヌの歌と舞踊。大きなホールの空間がさらに広がるように感じるくらい、自然の力、ともに生きるものの力を表現する姿に、会場から大きな拍手が沸き起こりました。

_sg_0138_320x213

PART2「躍動する都市のチカラ」は、札幌の夏でおなじみYOSAKOIソーランを披露。有名な「平岸天神」の明るく元気な舞に、さすがの覇者の実力を感じさせられました。ちなみに、平岸は札幌ドームのあるまちなのです。

_sg_0222_320x213

PART3「冬が育む次代のチカラ」は、未来につながる子どもたちのパフォーマンス。最後にドリカムの「WINTER SONG」に合わせた子供たちのダンスが終わると、子供たちはいっせいに道をつくり、聖火のランナーを迎えます。

_sg_0291_320x213

聖火ランナーはスピードスケート金メダリストの清水宏保さん。

その後、北海道タレントアスリートとして未来を期待される青少年のアスリートに聖火は渡され、バンクーバーパラリンピックの銀メダリスト・長瀬充さんへ。

_sg_0247_320x213

最後は原田雅彦さんが聖火台へ。これはサプライズだったので、会場中が驚きの声に沸きました。

_sg_0304_320x213

開会式の終了後は、ドリカムのスペシャルライブ。

帯広の隣り・池田町出身である吉田美和さんの歌声が札幌ドームに響き渡り、さらなる感動が会場中に広がりました。

7022_213x320

30分にわたるライブ、「何度でも」では会場のファンが一体となって立ち上がり、ラストの「WINTER SONG」で最高の盛り上がりを見せてフィナーレ。とても30分とは思えない、濃密なライブになりました。

「2017冬季アジア札幌大会」は26日(日)まで、札幌と帯広で行なわれます。みなさんぜひ、会場で熱い声援を送ってください。

詳細は公式HPで→ https://sapporo2017.org/

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

|

« 「道産ワインの夕べ」で見つけた新しいワイン | トップページ | 十勝の絶品ビーフから生まれた贅沢カレーパン »

スポーツ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「道産ワインの夕べ」で見つけた新しいワイン | トップページ | 十勝の絶品ビーフから生まれた贅沢カレーパン »