« いろんな博物館 | トップページ | 可愛いすぎるはく製 »

2017年1月31日 (火)

いよいよ開幕!八戸ブイヤベース・フェスタ

青森県・八戸(はちのへ)市――毎年冬に、八戸の料理人による「八戸ブイヤベース・フェスタ」というイベントがあるのをご存知ですか?

「北海道生活」読者のみなさんならご存知のように、函館の料理人による「ガストロノミーバリアドス」の方々と、青森県の料理人の方々は津軽海峡を越えて仲良くつながっているのですが、この八戸のイベントを函館でPRしよう!と函館でイベントが開催されました。

Img_8828_213x320

函館某所にて、函館の料理人と八戸の料理人がタッグを組んだ記者発表会、厨房はすでに熱気に包まれています。

Img_8820_320x213

函館・深谷シェフたちと八戸・須田シェフたちの挨拶、今回のイベントで特別につくられた料理の説明が行なわれました。

Img_8849_320x213Img_8890_320x213

料理人の本領が発揮されるピンチョス(おつまみ)に、メディアの方たちも次々と撮影。

Img_8868_213x320

料理の上から順に、
・茅部沖カジカのジュレ/ラ・リヴィエール 佐々木シェフ(函館)
・木古内産青ツブのクリームコロッケ、自家製生ハムをまとった王様しいたけのピンチョス/レストランバスク 深谷シェフ(函館)
・フォアグラのパテと青森のリンゴ/八戸プラザホテル 須田シェフ(八戸)
・サーモンムースのグジェール/ポ・デタン 三浦シェフ(八戸)

Img_8900_320x213

次にあたたかいもので、
・八戸鯖と玉ねぎのキッシュ/ポワラ 清水シェフ(八戸)
・森町産SPFポークのシチュー/ラ・ターチ 橋本シェフ(函館)
・八戸魚介とチーズのムース/リストランテ澤内 澤内シェフ(八戸)

Img_8901_320x213

ひとしきり撮影が済んで、まずは、八戸の日本酒「八仙」で乾杯!

Img_8832_213x320

飲めない方には、八戸のスパークリングウォーターが。実はこれ、ブイヤベースに合わせたオレンジとハーブの炭酸水なんです。

Img_8833_213x320

青森のワインも登場。

Img_8907_320x213

会場はますます盛り上がっています。テレビに、新聞に、ネットに、雑誌に、そして「北海道生活」も……

Img_8895_320x213

いよいよ、八戸ブイヤベースの登場! 

Img_8919_320x213

函館の魚介、タラ・カジカ・ゴッコ(ホテイウオ)・カスベ(エイ)、ホタテ、アサリを使い、八戸の料理人(ポ・デタン三浦シェフ)が仕上げた、この夜だけ限定の特別ブイヤベース。しかも、八戸のスパークリングウォーターが合う!

「お酒が好きな人も、これはいける!」と話したところ、八戸の方から「まさに呑兵衛の方に人気の水なんです(笑)」

なぜ八戸でブイヤベースか?というと、港町でありながら、地元の人が地元の魚をあまり食べていないことを知った料理人たちが、地元の魚に気軽に親しんでもらおうと始めたからだそうです。

ルールは地元の魚を使うこと、そして、「味変」ができることが条件。

Img_8937_320x213

今回はニンニクきいたアイオリソース。これを入れるとたちまち味ががらりと変わって、どんどん飽きずに食べられます。青森はニンニクの産地でもありますね。

八戸ブイヤベースフェスタは、明日2月1日から3月末日まで。

公式HP: http://www.hhrp.jp/hbb/

Img_8949_320x213

新幹線で青森~函館の旅を楽しむ方、ぜひ八戸で途中下車して、美味しいブイヤベースの世界を各レストランで堪能してくださいね♪

私も行きたい!

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

|

« いろんな博物館 | トップページ | 可愛いすぎるはく製 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いろんな博物館 | トップページ | 可愛いすぎるはく製 »