« オータムフェスト☆行きました。 | トップページ | 本日発売!ランパス十勝第2弾 »

2016年9月10日 (土)

ロケ地がテーマの「北海道生活」コラボディナー

ただいま発売中の「北海道生活」54号に掲載されているのが、

クロスホテル札幌と「北海道生活」がコラボした限定ディナーです。

Hl_vol_54web_2_250x320Cross_260x320

「北海道生活」で紹介した映画やドラマのロケ地にちなんで、クロスホテル札幌3Fのレストラン「アッシュ」の菅原シェフに創作していただいた料理が味わえるのです。

こちらのホテル、職場からも近くて、行ってみたいというスタッフの声が次々とあがったので、さっそく一緒に行ってきました~♪

クロスホテル札幌
レストラン hache(アッシェ)
【ロケ地を味わう hache 秋のディナーコース】

6,000円(税サ込)

■前菜 ドラマ「マッサン」より(余市)
ニッカウヰスキーでマリネしたフォアグラのルイベ

1_320x240

フランスの高級食材・フォアグラと、北海道の食文化・ルイベの合わせ技である菅原シェフのスペシャリテなのです。

口の中で、冷たーいフォアグラが溶けてく食感が絶妙でございました

■前菜 映画「しあわせのパン」より(洞爺)
10種類の野菜と帆立の軽いスモーク オロフレトマトのクーリ

2_320x320

うつくしい盛り付けの野菜たち。菅原シェフは野菜ソムリエの資格を持っておられまして、洞爺湖でつくられている「オロフレトマト」(偶然にも本誌17号で紹介)とともに楽しめる野菜のひとつひとつがみずみずしくてたまりません!

ちなみに中央にある棒のようなものは、カボチャのペーストなのです。さすが!

■ポワソン(魚料理) 映画「星守る犬」より(名寄)
ヒマワリの種を纏った日高産銀毛鮭“銀聖”

1473491036644.jpg

日高産の鮭に、ホッキ貝……野菜のエキスパートであるシェフは、魚介の火の通し方も抜群だ!と一同が感動してしまった一皿。

名寄出身のシェフだからこそ、名寄のひまわり畑というモチーフも生かされておりました。

■ヴィアンド(肉料理) ドラマ「北の国から」「風のガーデン」より(富良野)
ラベンダーポークを2種類の調理で 野菜ブイヨンのスープ仕立て

4_320x240

ひさびさにアスパラにお目にかかり、テンションMAX!

菅原シェフのスープ仕立てのお肉料理は、前にいただいて、個人的にもお気に入りの一皿なのです。あっさりしていて、お肉の旨みがたっぷり伝わります。

■デザート 映画「はるかノスタルジイ」より(小樽)
小樽ワインを使ったフルーツコンポートとソルベ

1473491035945.jpg

甘いものは苦手という人にこそ、ぜひ味わっていただきたいのが、このデザート。白ワインの風味のシャーベットに爽やかな酸味のフルーツコンポート。

「ライオンキング~♪」とスタッフが顔を描いてくれました

たいがいスタッフ同士で飲みに行くと、ストレス発散!飲むぞ~!とビールがばがばという流れが多いのですが、料理をじっくり楽しみつつ、語らいながらのフルコースというのもいいなあ~とつくづく感じ入ったディナーだったのでした。

これで、6,000円(税サ込)というのはオトクすぎる! 北海道が食材の宝庫だからこそ、ですね。

こちらのディナーは11月30日まで、宿泊の方は15,100円~(税サ込)で評判の朝食も付いてますので、旅行の方もぜひぜひクロスホテル札幌へ。

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

|

« オータムフェスト☆行きました。 | トップページ | 本日発売!ランパス十勝第2弾 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オータムフェスト☆行きました。 | トップページ | 本日発売!ランパス十勝第2弾 »