« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月30日 (火)

気分はナウシカ?道北の旅

皆さんこんにちは、ひぃろです。

今日の札幌はなんと気温30℃…アヅイ。
夏はもう終りかなと思いきやこの暑さ。
今年は台風がやってきたり異常気象が続く北海道。

そんな中、週末にあちこちに出掛けてきたので
その先で撮った写真をいくつかアップします。


まずは稚内から!


Cape Noshappu


イルカが太陽にキスすることで有名なノシャップ岬
この日はずっと曇っていたのですが、
奇跡的にこの写真を撮る前後10分ほど晴れ間が広がり
こんな綺麗な一枚が…♪

ノシャップ岬までの道中、
街なかではこんな大きな鹿に会うことも。


Cape Noshappu


なんて立派なツノ…
公園の入口に微動だにせず立っていたので
最初は置物かぁ~なんて思いつつ近づくと、なんと本物!
びっくりな一枚でした。


そしてこちらは宗谷丘陵


Soya Kyuryo Hill


北海道遺産でもある宗谷丘陵には全57基もの風車群が広がっています。
年間を通して強い風が吹く地域特性を活かした風力発電所は
なんと稚内市で年間に消費される電力の約9割を発電しているのだとか。

ちなみに…タイトルにナウシカと書いたのは、
この景色を見ると、メーヴェに乗ってみたくなる、
そんな個人的な感想からでした(^-^;

そうそう、メーヴェといえば
先日、滝川スカイパークでメーヴェをモデルにした
小型飛行機が空を飛んだというニュースもありましたが…

っと、話が若干それてしまいましたが
その宗谷丘陵にはこんな道も!


White Road


「白い道」

この地域の特産品であるホタテは
周辺に加工工場が多く貝殻は廃棄されていたのですが
それを綺麗に洗って道に敷き詰めたのがこの白い道。

他では観られない絶景です。


そして最後はクッチャロ湖より。


Lake Kuccharo


この日もずっとどんよりした天気だったのですが、
この写真を撮る前後10分ほどだけ太陽が雲の隙間から顔を覗かせ
こんな景色に…!!

青空の日も綺麗ですが、
雲の隙間から太陽が出てるところも綺麗ですね。


っと、こんな感じで道北の旅からいくつか写真をアップしました。
次回は富良野&美瑛の旅で撮った写真をアップします。
お楽しみに♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年8月23日 (火)

先日すすきの祭りに行ってきました。

見たかった花魁さん姿も見られて満足しました

Img_0590_2

とはいえたくさんの人で、手を伸ばしてようやく写真で確認した次第でした

Img_0591_2

ススキノ地区は開拓使が指定した薄野遊郭(すすきのゆうかく)が発展のはじまりらしく、一昔前は遊郭があったんですね~

そのあと、久しぶりに会社の女性ばかりで飲みに行きました。

Img_0593_2

どうですかこのウキッとしたカクテルのチョイスは

オジサン率多めのうちの部署柄、色のないお酒を飲むことが多いものですから、久々に本来の自分を取り戻す思いでした

(kana)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月17日 (水)

江差にて幻のカニに出会う

前のブログで祭りに浮かれている奴もいましたが、これが出張だったかどうかは後の仕事でしっかり確認するとして……(笑)

私は先週、江差の姥神祭(姥神大神宮渡御祭)に行ってまいりました! 

北海道の開拓の歴史よりずっと長い、370年もの歴史のある神事。以前取材したらすっかりハマってしまい、有休とって3日間フルで参加いたしました。(しっかり山車曳いてます)

1471394244092.jpg

江差といえば、前の号で北海道ではこの沿岸でしか揚がらない珍しい「紅ズワイガニ」をご紹介したのですが……

1471394144719.jpg

この前を向いて睨んでいる紅ズワイガニがかわいくないので、バックショットを狙ってみたら……

_dsc8414_320x214

「ふい~♪いい湯だな♪」という絵になってしまい、カメラマンと爆笑してしまった思い出もありました。(この写真は残念ながら採用しませんでしたが)

ズワイガニよりもランク下とされていた「紅ズワイガニ」なのですが、北海道で獲れるものは気候と漁場のおかげで新鮮で美味しいと知り、撮影の時も食べられなかったのでいつか食べてみたいなあと思っていたのですが……

江差に来た夜、私はとうとう「紅ズワイガニ」にありつくことができたのです。

1471394146119.jpg

しかも、手前の甲羅、やや赤みがちょっと暗い色に見えませんか?

奥が普通の「紅ズワイガニ」なのですが、手前のカニは「黄金蟹」なのです!

この「黄金」、ズワイガニと紅ズワイガニのハーフで、本州だと数千匹に1匹しか獲れない幻のカニなんだとか!! 江差ではそれよりも割合が高く獲れるのだそうですよ。

その身はふっくらみずみずしく、そのカニみそは、毛ガニ並みの濃厚さ!

あ!カニみその写真撮るの忘れた!

カニ食べてるときって夢中になるものだから……わかりますよね?

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2016年8月14日 (日)

まーつりだ、祭りだ祭りだ・・・

北海道といえど、日々暑い日が続いております。みなさまいかがお過ごしでしょうか。
中の人0号DiCEです。
・・・いや、誰が1で誰が2でそして何人いるのかなぞですが(笑


ワタクシといえば、諸般の事情(まあ主に心身の疲れでしょうか笑)で
個人的にもお仕事的にもSNSやらブログやら少し離れたりしておりまして、
久しぶりの投稿です。

なんやかんや、日々をやり過ごしている中でも、著名人の訃報が相次いだり、
国民的アイドルグループの解散をNHKがオリンピックの中継中に速報で流したり、
レアモンスターが出現しているポイントに人が殺到したり。


まあ、人ひとりボーっと何もしたくなくなってても、世の中は動いているものです。


そんなこんなで先々週あたり、青函の間をあちらこちらと行き来していたのですが
・・・あら、いつの間にかブログにアップされてたとは。
気づきませんでした。ええ、ええ、青森行ってましたよわたし。

しかし実はあのあたりのエリア、8月一週目はドコもかしこもお祭りだらけで、
行く先々で交通規制に引っかかるわ、かといってゆっくりお祭りを楽しめるわけでもなく、
げんなりしつつもちゃっかり写真も抑えたりしてたのでした。

一枚目は、函館の港まつりの花火大会のヒトコマ。

Img_9366_3

コレは宿泊先のホテルの部屋からですが、この部屋にたどりつくまでに、
函館市内の6~7キロを90分くらい掛けて車で移動させられてたのでした。

Img_9480

Img_9485_2

二・三枚目は八戸の三社大祭。こちらも夕方八戸から盛岡へ向かうときに
交通規制に引っかかって車中からの二枚。
老若男女自由に参加しているのが良い雰囲気です。
北海道にはあまり伝統あるお祭り文化は少ないので、
うらやましいですね。

Img_960601

Img_9604

四・五枚目は青森のねぶた祭り。
この日の昼間が弘前だったのでねぷたは見られず(おかげで交通規制には
かからず脱出でき)、こちらのお祭りをすこし鑑賞しました。

町のあちこちのお店やお家では金魚ねぶたが飾られてました。
というか私はこの金魚ねぶたの存在、よく知りませんでした。
隣の県のことなのですが知らないこと多すぎです(-_-;

いわれは諸説あるようですが、津軽錦という高級な金魚の品種がモデルに
なっているとか。(昔の庶民には手に届く代物ではなく、ひと目でいいから見て
みたいという想いから作られたものだとかなんとか・・・)


青森と北海道、似ているところと異なるところ、
いろいろ感じながら一緒に見て回ると面白そうですね。


仕事じゃなくゆっくり見て回りたいものです。

とりあえず、今回はこんなところで。
ではでは(* ̄0 ̄)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 4日 (木)

photo from Aomori

昨日の夜更け、「さあ寝よっと」と思っていたら、営業活動のためここしばらく姿を消しているDiceこと“大”から突然ラインが届きました。

こっちがふだん仕事でラインしてもだいたい既読スルーを気取るのに、いったいどうしたことでしょう……? と見ると、写真をいくつか送りつけてきたようです。

Img_0581

あら、かわいいおさるさん(^^)

「下北半島の山奥で道端にいた日本猿 笑」 (※注 原文ママ)

だそう。あら、いま青森にいるんですね(・・)

Img_0582

すごーい。 「恐山のちょい前」 だそうです。

渡ると戻れないといわれる三途の川ですが、

「往復した 笑」 (※注 原文ママ) 

とのこと(^_^;)

Img_0584

これは地域が誇るお祭り「三社大祭の山車」だそうです(^.^)

Img_0585

おおお!これは~! 私もいつか行ってみたいと思っていた 「仏ヶ浦、遠くから」だそう。

いいな~きれいですね~・・・・・・・・。

てか

Why~~~これってほとんどカンコウじゃねーかよ~

と、厚切りジェイソンばりに心の中で叫んでしまった私でした

(kana)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

富良野の野菜たっぷり!ホテルの贅沢メニュー

富良野、といえば現在発売中の「北海道生活」では「北の国から」の舞台として知られていますが、風景で人気なのがラベンダー、そして田園風景……。

そうです、田園風景の美しい富良野は、美味しいお野菜がいっぱい!

こちら、前のブログでご紹介したホテルオークラ札幌が、今度は8月中に富良野のフェアを開催するというので、さっそく行ってきました。

Img_7787_320x213

記者発表の会場の入口には、富良野の農産品が美しくディスプレイ。

Img_7789_320x213

そう、今の時期は富良野メロンも旬ですよね~。

Img_7819_320x213

富良野の野菜が、こんなに美しいサラダに仕上がるのも、さすがホテルシェフの技です。今回は富良野の生産者による「ふらの食と農の創造プロジェクト」とタイアップし、そのスローガン「おいしく、楽しく、健康に」をテーマにしたグルメを展開しているそうです。

Img_7779_320x213

今回も生方総料理長から料理の説明をいただきます。富良野は食材がふんだんにあるので、野菜だけでも相当なメニューができますよね。ご苦労されたかと思います。

あ!「桃花林」の欧陽シェフもいらっしゃいました。私は欧陽シェフの手がける、本場香港のあっさり旨い広東料理の大ファンなのです。

Img_7795_320x213

欧陽シェフは自ら、富良野の三元豚の湯引きを仕上げてくださいました。

Img_7818_320x213

現在開催中のフェアの、各レストランのメニューもご紹介。

レストラン「コンチネンタル」では「ラブール(フランス語で菜園の意味)ランチ」と題した全8品のランチなどを提供。

Img_7821_320x213

欧陽シェフが腕を振るう「桃花林」の楊貴妃ランチでは、レセプションでも評判の高かった「ふらの産トマトとナスのあんかけ焼きそば」など全7品のメニューなど。

Img_7786_320x213

郷土料理「杉ノ目」では、「涼み御膳」と題して富良野産の食材を作った料理が竹籠などに盛り付けられていました。

Img_7784_320x213

お昼からディナーまで贅沢に、美味しく、そして健康に。富良野の生産者の思いがつまったメニューの数々を、ぜひ各レストランで味わってみてください

ホテルオークラ札幌ふらの旬彩フェア

■8月1日(月)~31日(水)

■HP https://www.sapporo-hotelokura.co.jp/

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »