« 捨てられない表紙案~ Ⅱ | トップページ | 日高で本物のししゃもに出会う »

2015年10月19日 (月)

遠別町でマーキング。

先日の出張二日目の朝、トイレタイムした遠別町の道の駅で、朝ごはんがわりのコーヒーを購入しました。

するとお会計窓口で、「2012 えんべつ町B級グルメコンテスト グランプリ受賞 “えんべつまるごとコロッケ” 150円」という張り紙が目に入りました。

「え、朝からコーヒーとコロッケとか、来年の検診が気になるワ」と思いつつも、マニアックさが気になりすぎて、やっぱり食べてしまいました。

Img_9011

コロッケは揚げたてホクホクで、コロンとしてて、中にイカやタコなども入っててムチムチした食感もあって、美味しかったです。

食べながら町の案内図をチェック。遠別町は「日本最北の稲作地帯」なんですね。

Img_8983

さらにイラストマップを見ると、町にはお菓子屋さんが2件あり、そのうち1件は「たわら最中」が代表作らしい。

Img_8984_2


日本最北の稲作地帯だから「たわら最中」なんですね(^^)。そちらのお店がちょうど通り道だったので、マーキング代わりにちょっとお土産に買って行くことにしました。

遠別町って、営業の人たちもなかなか来れないかなあと思って。

Img_8982

うっかり通り過ぎそうだったお菓子屋さんは、中に入るドキドキ感満載でした。

Img_8985

無事、「たわら最中」を購入。「たわら最中」はいっぱい賞をとってるらしく、お店にはいっぱい立派な賞状が飾ってありました。

店主さんと思しき男性は、包装紙を包むのがめちゃくちゃ早くて手際が良かったです。

その「たわら最中」を本日、お披露目しました(といっても、みんな出張とかどっか行ってて、たっくんと大ちゃんしかいないし・・・)。

Img_9014

おや。外箱の柄もけっこうかわいいじゃないですか♪

Img_9015

こちらはお店で確認していましたが、お菓子の包み紙もなかなか味があります。

Img_9016

お店の名前は「ハヤシ屋野村」さんっていうんですね。

一緒に行ったカメラマンさんは、「もともとハヤシ屋という名前のお菓子やさんに、野村さんが婿養子として入ったのではないか?」という勝手な予想をたてていました。(たぶん違うと思います)

Img_9017

お菓子はこんな感じでした。甘いものが苦手そうなたっくんも、すっげーうまい、とか言いながら食べてるっぽくてよかったです

現在、遠別町は、もち米生産のみのようです。たわらをかたどった最中の中には、ちっちゃな白モチが入っていました。

本当にあんこはふわふわな感じで、上質な餡が味わえる最中で、おいしかったです(^^)

(kana)

|

« 捨てられない表紙案~ Ⅱ | トップページ | 日高で本物のししゃもに出会う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠別町でマーキング。:

« 捨てられない表紙案~ Ⅱ | トップページ | 日高で本物のししゃもに出会う »