« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月19日 (月)

日高で本物のししゃもに出会う

みなさま、ごきげんうるわしゅう(゚m゚*)おほほ
お久しぶりのDiCEでございまする。


この数ヵ月の間、全道各地に加え、青森、大阪、名古屋と、
それはまあ、あちらこちらへと仕事で動いておりまして、
「む、これはブログのネタになりそうだ」と思いながら写真を撮っては
文章を書き起こす暇が作れない、もしくは単なる遅筆っぷりを露呈
しておるわけですが。


まあ、FBの方でもちょこちょこと更新しておりますゆえ、そちらの方も
チェックしていただければ、私がUPした記事もたまに混じっております。
そちらもご覧頂ければ幸いです。



さて、みなさんはししゃもを食べたことはありますでしょうか。

ん?なに?馬鹿にすんなと。

まあまあ、落ち着いてくださいませ。
今、全国で市販されている9割のししゃもは「カラフトシシャモ」なのですよ。
いまお手持ちの方、よく見てください。
原材料の所に「カペリン」とか書いてませんか?
※たまにキュウリウオで代用しているものもあるそうです。
そうです。シシャモとカラフトシシャモじゃえらい違いなのですよ。


最近はテレビをはじめ様々なメディアでも取り上げられるようになって、
ご存知の方も増えてきたかと思うのですが。

今一度、確認いたしますと
カラフトシシャモ(=英名カペリン)は
キュウリウオ目キュウリウオ科カラフトシシャモ属カラフトシシャモ

シシャモは
キュウリウオ目キュウリウオ科シシャモ属シシャモ

※ちなみにキュウリウオは
キュウリウオ目キュウリウオ科キュウリウオ属キュウリウオ

「キュウリウオ」と言いすぎてちょっとゲシュタルト崩壊気味です(゚Д゚)


かように、目・科までは一緒なのですが、属以降全く別物。
そして味もまた別物なのです。


ちなみに販売されているカラフトシシャモはすべて子持ち(のはず)です。
子持ちのシシャモはたしかに美味しいのですが、オスはというと、
まあまずくて食えたものじゃないのだとか。


しかしながら、本物のししゃもはオスこそがうまい!いやもちろん子持ちも
そりゃあうまいのですが、旬のオスシシャモは卵に栄養が行ってしまうメスとは
違い脂乗りも良く、とっても味が濃いのです。

Img_0921
旬の時期には刺身やお寿司でいただく事も出来ます。
ちなみにこれは旬の時期ではないのですが、旬の時期のものを
冷凍保管して一年通して食べさせてくれるお店でいただきました。

もちろん美味。


さて、そんなシシャモの旬を楽しめるお祭りが今月25日に開催されます!

20151019194657_2

生ししゃものサービス販売を始め、ししゃものすだれ干し早作り選手権、
生ししゃものつかみ取り、そして鮭のつかみ取りとダイナミックなイベントが
盛りだくさん。
さらに日高と言えばの「ホッカイドウ競馬」のジョッキーたちが集まる
ステージや、ジャグリングやバルーンアート、フワフワコーナーなどのお楽しみ
イベントも注目。


そしてなんといっても私個人的に気になるのが「松崎しげるビッグオンステージ」!!

埼玉西武ライオンズの球団歌「地平を駈ける獅子を見た」でおなじみの松崎しげる
ですよ、あーた。作詞:阿久悠、作曲:小林亜星のあの名曲を歌う彼を見てみたい!
そして実物がどのくらい黒いのか。

興味は尽きません。

※たぶん地平を駈ける獅子を見たは歌いません。DiCEの妄想です。


いやあ、ライオンズ黄金期の9月末と言ったら、当たり前のように西武が優勝して
札幌は五番館西武をはじめ、旭川西武、岩見沢や滝川など地方都市にあった
西友などで一日中ヘビロテでこの曲が掛かっていたものです。


(似たような事例でダイエーが応援感謝セールで「いざゆけ若鷹軍団」がかかって
いたのも思い出深いですね。)


・・・すみません。松崎しげるから話が脱線して、オチが見えません。

とにかく10/25日高町門別へ行ける方はぜひ立ち寄って
本物の松崎しげるに・・・もとい本物のししゃもに・・・
いや!どちらにも会いにきてくださいヽ(´▽`)/



今日の所はこんな感じで。
ではでは、また(=゜ω゜)ノ









| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠別町でマーキング。

先日の出張二日目の朝、トイレタイムした遠別町の道の駅で、朝ごはんがわりのコーヒーを購入しました。

するとお会計窓口で、「2012 えんべつ町B級グルメコンテスト グランプリ受賞 “えんべつまるごとコロッケ” 150円」という張り紙が目に入りました。

「え、朝からコーヒーとコロッケとか、来年の検診が気になるワ」と思いつつも、マニアックさが気になりすぎて、やっぱり食べてしまいました。

Img_9011

コロッケは揚げたてホクホクで、コロンとしてて、中にイカやタコなども入っててムチムチした食感もあって、美味しかったです。

食べながら町の案内図をチェック。遠別町は「日本最北の稲作地帯」なんですね。

Img_8983

さらにイラストマップを見ると、町にはお菓子屋さんが2件あり、そのうち1件は「たわら最中」が代表作らしい。

Img_8984_2


日本最北の稲作地帯だから「たわら最中」なんですね(^^)。そちらのお店がちょうど通り道だったので、マーキング代わりにちょっとお土産に買って行くことにしました。

遠別町って、営業の人たちもなかなか来れないかなあと思って。

Img_8982

うっかり通り過ぎそうだったお菓子屋さんは、中に入るドキドキ感満載でした。

Img_8985

無事、「たわら最中」を購入。「たわら最中」はいっぱい賞をとってるらしく、お店にはいっぱい立派な賞状が飾ってありました。

店主さんと思しき男性は、包装紙を包むのがめちゃくちゃ早くて手際が良かったです。

その「たわら最中」を本日、お披露目しました(といっても、みんな出張とかどっか行ってて、たっくんと大ちゃんしかいないし・・・)。

Img_9014

おや。外箱の柄もけっこうかわいいじゃないですか♪

Img_9015

こちらはお店で確認していましたが、お菓子の包み紙もなかなか味があります。

Img_9016

お店の名前は「ハヤシ屋野村」さんっていうんですね。

一緒に行ったカメラマンさんは、「もともとハヤシ屋という名前のお菓子やさんに、野村さんが婿養子として入ったのではないか?」という勝手な予想をたてていました。(たぶん違うと思います)

Img_9017

お菓子はこんな感じでした。甘いものが苦手そうなたっくんも、すっげーうまい、とか言いながら食べてるっぽくてよかったです

現在、遠別町は、もち米生産のみのようです。たわらをかたどった最中の中には、ちっちゃな白モチが入っていました。

本当にあんこはふわふわな感じで、上質な餡が味わえる最中で、おいしかったです(^^)

(kana)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 5日 (月)

捨てられない表紙案~ Ⅱ

捨てられない表紙案~」シリーズ第二弾(?)。今回のお題は『いただきます』的に響いてきました。。古いか。

今回の特集は、「収穫の秋 野菜畑とレストラン」。

結論から言うと、表紙はコレ↓に決まりました。

Hlvol49


カラフルな色合いで、素敵です(^^)ワインも飲みたい。

 私が個人的に一押ししていたのはコレ↓

Photo_6
なんて素敵なんでしょう。。ミレーの絵みたいじゃないですかっ⋆。˚*ْ✧ं॰* 

ふだん意見の合わないA型のO山課長とも、珍しく意見が一致してたのに。

(まったくの余談ですが最近、同じO型と決めつけていた“ともちん”も、B型でしかないと思い込んでた“大ちゃん”もA型と知り、軽くショックでした。つまり「北海道生活」はA型の巣窟だったのでした。私以外

…で表紙の話ですが、販売推進担当・鬼のM氏に対し、なぜこの写真がいいのか地道に深夜のロビー活動を展開したのですが、鉄壁が崩せませんでした…orz

Photo_7
同じくイチ押しだったのはこれ↑

このニンジンの写真は、特集とびらで無事に使わせていただきまして、評判もすこぶる良いです ぜひ本誌をお手にとってご覧ください(^^)

料理写真で言えばこれも好きでした↓シンプルで、書店に並んでも目立ちそう。(道内では平積みされるんですよ

Photo_8
今回は販売推進部M氏との権力闘争で惨敗した気分ですっ。

表紙選びって、いろいろ難しい

(kana)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 4日 (日)

タイと北海道のステキな関係♪

読者のみなさま、「北海道生活」最新号はご覧いただけましたか?

P67より北海道の移住特集が大ボリュームで掲載されているのですが、タイで「北海道生活」編集長が取材したという記事もあるんです。

なぜタイ?……というお話は後にして、タイの北部・チェンマイに行ってきました!

結婚式場かと驚くほどの豪華な会場で、日本人向けに長期滞在セミナーが行なわれたのです。

_g7_5593_320x213

チェンマイは日本人が外国で長期滞在するのに人気の都市のひとつ。物価が安い、治安がいい、人がやさしい、ほどよい都会で暮らしやすいなど、まちについての説明があり、別会場ではおしゃれなブッフェやタイ料理などもつまみながら、現地の方々に具体的な情報を聞いたり相談できるようになっていました。

_g7_5577_320x213

実際に現地視察ということで、日本からきた多くの見学者の方々と一緒にまわることにしました。チェンマイでは乗り合いタクシーが庶民の足として利用されています。

_g7_5373_320x213

大きなスーパーに到着!

Sg7_5403_320x213_3

生鮮品、野菜や肉、魚、から日本食に必要なもの、日用品まで、何でもそろっているのにびっくり!

「長い滞在でも、日本から持ってくるものは何もいりませんよ(^-^)」といわれましたが、確かに自分の近所のスーパーよりも揃っていたのでした(笑)


Sg7_5384_320x213

そのほかは、長期滞在する施設をまわるのですが、ホテル、コンドミニアム、サービスアパートメント(家具付き)、など長期滞在者向けに価格や広さ、条件があり、ご夫婦、家族、一人暮らしといろんなケースに合わせられます。

Sg7_5416_320x213

参加者のみなさんがキッチンやリビングなどを真剣にご覧になっている姿は、マンションのモデルルームのようすと変わりません。

ジムやエステなどが揃っているところもあり、自分磨きの長期滞在にもいいかも。

Sg7_5410_320x213

旅行ではなく長期滞在となるなら、いざというときに病院もチェックしなければなりません。というわけで、市内の総合病院も視察、日本語スタッフから説明を聞きます。

Sg7_5438_320x213

タイの医療は世界でもトップクラスで、個室を見学した皆さんは「ここなら住める!」とおっしゃったほど、実に快適で立派なお部屋でした。

最後は、こちらもやはり大事な銀行。ATMの説明や、送金についての説明もしていただきました。

Sg7_5483_320x213

取材していると、「北海道から来ました」というだけで、タイの方々は「北海道」と目がハートになるんです。

実は北国の北海道は南国タイと友好関係があり、タイ人も北海道が大好き! 毎年たくさんの方が「北海道LOVE」と遊びに来てくださっています。中でも人気の季節は「冬」。寒い時期こそ、雪のないタイからはあこがれの存在なのです。

そして、タイのベストシーズンも「冬」なんです。11~2月は乾季で、湿気は低く、猛暑でなく、アスパラなど緑の野菜やお花が旬なのですから、まるで北海道と逆なのです。

北海道に暮らしたい方から「冬が長いんでしょう?」「寒いのが苦手」の声があるのですが、数週間だけ雪のないタイに避暑ならぬ「避寒」するのも楽しいと思いますよ

そんなわけで、実際に「北海道生活」の目で視察をしてきたのでした。詳しくは本誌をご覧ください。

もうひとつ、ぜひオススメしたいのが、なんと北海道のFM局で制作しているというタイの情報番組。

FMノースウェーブ「Sabaai! Sabaai! Thailand」 82.5FM 毎週日曜AM10:00~

公式HPはこちら→ http://825.fm/weblog/sabaai/

北海道以外の方は、radiko.jpにてパソコンやスマホで聴くことができますよ♪

タイの魅力も北海道から発信しているという、ステキな関係。タイのリアルで最新情報はぜひ、こちらの番組をチェックしてくださいね!

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2015年10月 1日 (木)

「北海道生活」発行社名変更のお知らせ

平素はお世話になりましてありがとうございます。

本日10月1日より、「北海道生活」の発行元の社名が合併により

株式会社えんれいしゃ

に変更となります。

なお、お問い合わせ先の所在地・電話番号・FAX番号・メールアドレスに変更はありません。

詳細はHPをご覧ください。

http://www.hokkaido-life.net/10625

今後とも引き続き「北海道生活」をご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

株式会社えんれいしゃ 出版事業局 

 出版部 「北海道生活」グループ 【編集担当/営業担当】

 業務部 業務管理グループ 【書店販売・定期購読担当】

電話: 011-218-5077

住所: 札幌市中央区大通西4丁目1番地 道銀ビル11F

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »