« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月27日 (水)

新冠(にいかっぷ)で感動体験

お小さいかたも、お大きい(?)かたもごきげんよう。
みなさんの新聞のお時間ですよ。


あ、すみません。お久しぶりです。DiCEです。


さて、みなさん、北海道生活8-9月号はご覧いただけれてますか。
こちらに紹介されてます日高管内は新冠町さんから、素敵な催しの
お知らせを頂きましたので、ご紹介いたします。


来る10/4(土)新冠・大狩部(おおかりべ)満喫ウォーキングが
開催されます。

Walk

新冠町といえば、馬産地日高の中でも数々の名馬が生まれ、
町内の牧場が並ぶ「サラブレッド銀座」や「レ・コード館」などが有名です。
その中で、「大狩部地区」というのは新千歳から向かうと、新冠町の入り口
に当たる場所で、鉄道好きな方などは秘境駅としても有名かもしれません。


駅を降りるとすぐそこが海。国道が通る方は小高い丘になっており、
風光明媚、眺望絶佳、山紫水明、清風明月、焼肉定食……ん?
とまあ、とにもかくにもすばらしい景色が広がる場所なのです。


そんな大狩部で、にいかっぷ観光協会50周年記念事業として
自然散策や動物とのふれあい、地場産品を味わうなど、
内容盛りだくさんのウォーキングが開催されます。


ウォーキングでは、普段立ち入れないような丘陵地や草地なども
指定コースとなっており、普通に車で走っているだけではなかなか
見ることのできない景観を目にすることができるかもしれません。

その他、サラブレッドやポニー、やぎなど動物たちとのふれあいや
地元農産品を使ったちょっとした飲食や地元野菜のお土産までもついて、

なんと参加料金はお1人様たったの500円。


すみません。あまり強調しすぎると、通販番組みたいですね。
それにしたって、あーた。500円ですよ。

14時には解散となる行程なので、
この後、レ・コードの湯で日帰り入浴したって、
合わせて1000円ですよ。


この日だけしか味わえない、新冠の魅力がたっぷりつまった
自然散策プログラムです。
北海道の秋を楽しむひと時をぜひ新冠で楽しんでみてください。


詳しくはにいかっぷ観光協会TEL0146-45-7300
またはメール nkp-walk@niikappu.gr.jp
までお問い合わせください。


それではまた。みなさんお元気で。

ごきげんよう、さやうなら。

あ、こちらのFBページもよろしくです。

北海道生活がランキングに参加中→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月26日 (火)

札幌の新名所「赤れんがテラス」誕生!大人のブッフェに注目

8月28日、北海道庁の赤れんが庁舎が見えるところに、レンガをしきつめた広場と新ビル「赤れんがテラス」が誕生します。

札幌駅と大通駅というショッピング街の中間位置にあり、オフィス街でもあるエリアにふさわしい、大人が過ごせるお店がたくさんオープンする予定です。

そのうちの一軒、「鶴雅ビュッフェダイニングSAPPORO」は、上質な宿を多く手掛ける鶴雅グループがプロデュースする、旅館経営らしい「和食」のブッフェレストランです。

一足先に、行ってきました!

1408971388692.jpg

窓からは赤れんが庁舎も見えます。

1408971366757.jpg

席は半個室風なものから個室、パーティルームまであり、全体的に高級感があります。

1408971386813.jpg

北海道の食にこだわる「鶴雅」らしく、メニューは北海道の旬の食材がふんだんに使われています。

新鮮な魚介……

1408971374952.jpg

握りたてのお寿司……(お好みを頼んでもOK!)

1408971371373.jpg

洋食メニューもあり、ステーキなど鉄板焼きもライブ感にあふれています。

1408971364817.jpg

自分で生地からトッピングまで選べて、焼いてもらうピッツアは女性にも人気が出そう。

1408971376741.jpg

ワインセラーも完備しているので、いろんな料理とのマリアージュも試してみるのもいいかもしれません。

1408971368548.jpg

約80種の料理は、一度には食べきれません。ブッフェならではこそ、何度も足を運びたくなります。

1408971370086.jpg

天ぷら一つとっても、さまざまな塩など薬味が何種類もあるという、きめ細やかさ。

店員さんたちは、さすが旅館のプロデュースだけあって和装。別料金でお願いすれば、個室に料理を運んでもらうサービスもあります。

1408971378438.jpg

そのほか、各テーブルにはiPad があって、メニューなどの説明が6カ国語で見られるようになっています。

日本語、英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語、タイ語、とありますので、海外の方をおもてなしするとき、食べられる食べられないものも自在に選べるのはいいですね。

メニュー、おもてなし、空間と、上質な大人のための和食ブッフェ。ランチだけでなく、ディナーにもおすすめですよ。

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2014年8月22日 (金)

あやめヶ原(厚岸町)の絶景

先日、道東ロケの途中、厚岸町原生花園あやめヶ原の風景を撮影してきました。

標高100m、広さ約100haの広大な原生花園で、約30万株のヒオウギアヤメをはじめ、100種類以上の植物がみられる名所です↓

2

釧路市から厚岸町を経由し、浜中町霧多布へ通る道道123号線の途中にあります。

3_2

駐車場入り口にある立札↓

1

反対から見た様子。周囲はとても印象的な白樺並木です。↓

4

↓こんな感じの散策路をひたすら歩いて岬まで行きます。

5

↓歩いていくと左手はこんな感じに。こりゃ絶景です。

6

↓右手はこちら。

7

↓右手の遠くの方に馬がいます。

8

↓突き当り左手にも放牧馬たちが見えてきました。

9_3

厚岸町の花、ヒオウギアヤメを保護するために、毒性のあるアヤメを食さない馬を放牧してアヤメを保護しているのです。

奇岩、断崖絶壁を背景にした放牧馬たち。……前号の表紙、この写真がよかったかも……

10

↓なかでもかわいかったのが、↓奥の方で寝ていた仔馬ちゃん。

11

やがて起きてお母さんと仲良くし始めます↓

12

かわいすぎです↓

13

今年一番の真剣さ(?)でたくさんシャッター切りました。↓

14

動物好きのカメラマンも熱心にとってます。2人とも真剣になりすぎて、最終的にテンションが変になってました。↓

15

ザ・北海道の雄大な眺めじゃないですか?

16

あやめも咲いていないせいか、こんなに絶景なのにだーれもいませんでした。それもまた北海道のいいところじゃないでしょうか?

皆さんも機会があったらぜひ立ち寄ってみてください。。できれば花の時期に さぞかしすてきな眺めでしょう。

(kana)






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月11日 (月)

あまちゃんバンドで「あまちゃん盆踊り」

札幌で開催中の「札幌国際芸術祭 2014」の特別プログラムとして、「あまちゃん」テーマ曲の作曲家・大友良英さんが、「あまちゃんスペシャルバンド」「珍しいキノコ舞踊団」を従えて来札!

日曜日(8/10)に北3条広場で「あまちゃん盆踊り」イベントがありました^^

___1

右端があまちゃんの主題歌を作曲した大友さん。

「あまちゃん」テーマ曲をアレンジした「あまちゃん音頭」や「地元に帰ろう音頭」、「ええじゃないか音頭」などオリジナル盆踊り。

それをあまちゃんスペシャルビッグバンドの生演奏で踊れるという贅沢さ! もちろん私も踊ってきました 笑

それから、大友さんがアレンジした北海道の「こどもぼん踊り」も! 「子ども盆踊り」を踊るのはたぶん小学生以来…と、めちゃくちゃ久しぶりでしたが、意外と覚えているもので…けっこうすぐ思い出しました(^o^)

1

さらに!「あまちゃん」のオープニングテーマやユイちゃんのテーマ、スナックでよくかかっていたブルースなどなど、盆踊りの合間にあまちゃんの挿入歌もいくつか演奏してくれて面白かったです。

あまちゃんバンドは当たり前だけど上手~ TVで流れているまんま。。。生演奏で大音響で聞けて満足でした^^

___2

イベントの正式名称は「フェスティバルFUKUSHIMA!北3条広場で盆踊り」。

福島で育った大友さんが中心となって、福島出身アーティストと一緒に始めた震災復興の取り組みの一つなのだそうです。

老若男女、みんな一緒に踊りまくって、手をつないでくるくる回ったりしてかなり盛り上がりました(^^)

(kana)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 5日 (火)

開催中!札幌国際芸術祭

ただいま札幌市内では「札幌国際芸術祭(SIAF)2014」が行われています。

札幌芸術の森美術館と北海道立近代美術館がメイン会場となり、共通チケットで両方楽しむこともできるほか、無料の展示会場もあります。

たとえば、ガラスのピラミッドで有名なモエレ沼公園。

1407207326647.jpg

地球儀をなぞると……

10406558_690978847618636_5622364227

なぞった国のツイッターが画面に現れます。

10557259_690978864285301_7487520553

さまざまな言語で、リアルタイムにつぶやかれているのが面白い。

モエレ沼公園は、世界的彫刻家イサム・ノグチが手がけた「作品」でもあるのですが、大通公園にも彼の作品である滑り台があります。ここは子供たちに大人気なんです。

1407207288426.jpg

大通公園の西端には、札幌市資料館があります。建物は元裁判所で「札幌控訴院」という文字と、公正に判断するため目隠しをしている正義の女神像が掲げられています。

1407207316200.jpg

この中には「SIAFカフェ」が限定オープン。洞爺湖の作家「gla_gla」高臣さんのガラス作品もインテリアに使われていますね。

1407207298214.jpg 1407207304280.jpg

中庭には「コロガル公園」がつくられ、子供たちも大喜びです。イサムノグチが、遊ぶ子供たちの姿があって作品が完成する、というようなことを言っていたそうですが、まさにこの作品もそういえます。

1407207312369.jpg

北海道赤レンガ庁舎の2階にも展示があるんですよ。

1407207323442.jpg

海外版が公開されて話題となりましたが、元祖「ゴジラ」のあのテーマでおなじみの作曲家・伊福部昭と、写真家・掛川源一郎の展示。お二人とも北海道出身なのです。

掛川さんの写真、ここはどこだかわかりますか?

1407207320648.jpg

大通公園の雪まつりなんだそうです。今と全く違いますねー。

「札幌国際芸術祭」や、北海道のアートスポットは先月号「北海道 芸術の旅景色」特集でも紹介しておりますので、バックナンバーもご参照ください!

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2014年8月 4日 (月)

「三角山」に登ってきました。

家から歩いて10分ほどの距離に登山口があるのに、初めて登りました。

うちの方角から見ると、本当に絵に描いたような△です。
Dsc02028

三角山は円山よりキツイ。。。三角山登山口には、登山用ストックも用意されています。
Dsc02023

ちょうど見知らぬおじいちゃんとスタートが一緒でした。

経験上、登山をするような高齢者の方って、絶対に私より心肺機能が強い。

そこでこのおじいちゃんを目標に定め、距離を保ちつつ必死について行きました。

Giichan

↑おじいちゃんは森に溶け込んで姿が判別しにくいですが、目をこらすと道の先に写っています。

三角山は一の坂~十の坂など、道に名前がついています。
頂上までいくつかコースがありますが、スタンダードな最短コースを行きます。

しかし四の坂に来て絶句! けっこうな急勾配でした。

Sinosaka

ここに来て、おじいちゃんとの体力の差が露呈されていき、どんどん離されていきます。

八の坂あたりに来るまでに、完全に姿を見失いました。

八~九の坂あたりはめちゃくちゃつらくて、引き返すことを真剣に考える。

Azumaya_2

しかし何とか自分を信じて少しずつすすむと、大倉山シャンツェの方へ進む分岐路地点にあずまやがありました。

きっともう少し。。頂上に登ったらあのおじいちゃんがいるかなー。がんばったねーと褒めてほしい……なーんて、、と思いつつ頂上に到達すると、そこには驚愕の光景が!
___3

「お嬢ちゃんたち、よく登ってきたね~」と、おじいちゃんはこの娘たちをいっぱい褒めていました 笑 (注 隣にいるのはそのおじいちゃんじゃなくてこの子たちのお父さんです)

そして、人としての挫折感をいっぱい感じている私をキアゲハが飛んできて慰めてくれました(たぶん)。
Dsc02010

Dsc02021_3

頂上から円山と円山球場も見えます。その向こうには札幌ドームも見えています。
Dsc02013_3

大倉山のジャンプ台もはっきりと見えます。
Dsc02008

帰り道はあっという間で、かたつむりがたくさんいました

___4

(kana)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金)

美瑛で美食&青い池、そして……

今年の4月、美瑛に新しいオーベルジュができたので、やっと行ってきました!

Restaurant bi.ble ビブレ (上川郡美瑛町字北瑛第2)http://bi-ble.jp/

真狩村「マッカリーナ」などを手がけた、札幌のフレンチレストラン「モリエール」の中道博シェフたちによる新しいオーベルジュです。

北瑛小麦の丘という、旧・北瑛小学校のそばにレストランと宿泊棟ができていました。

Dsc_1040_180x320

まずは、前菜とパンから。2名で行ったのですが、トレイの上には手でつまめるように考えられた前菜が並びます。これは、中道博さんのフィンガースタイルで気軽に食事を楽しんでほしいというコンセプトだそうです。

下にあるのは、あたためられた布の袋に入った、ほかほかのパン。二人でちぎりながら食べて、食べきれないのは持ち帰ることができます。


Dsc_1046_320x180

さすが美しい田園風景で知られる美瑛、アスパラなど野菜がふんだんに使われた料理は、体まで健康になれそうです。

料理は、札幌で惜しまれつつフレンチレストラン「プレヴェール」を閉店した、シェフの鈴木俊之さんが腕をふるいます。

せっかくなので、炭焼きのパン釜も見せていただきました。

Dsc_1048_180x320

こちらは小樽の人気店「エグヴィブ」の丹野さんが全面的に協力したパン釜だそうで、札幌にいてもなかなか買いに行けない大人気のパンが、美瑛でパン職人・小川久雄により新たにおいしいパンとして生まれ変わっています。

Dsc_1049_320x180

エグヴィブといえばクロワッサンですが、こちらのクロワッサンも食べたかった……(焼き上がりで店頭に並ぶ前でした)

フレンチ、パン、そして小さなホテルというステキなオーベルジュですが、一方では廃校となった小学校を利用して料理学校もあるのです。若き未来のシェフたちが勉強中とのことでした。

さて、美瑛まで来たので、有名な白金の「青い池」にも足を延ばしてみました。

Dsc_1058_320x180

青い!(そのまんまですが……) 初めて見ました~。

Dsc_1054_320x180

「ビエイ・ブルー」というんだそうです。きれいでした……。

帰りに深川の道の駅「ライスランドふかがわ」に立ち寄ったら工事中で、隣のセブンイレブンで不思議なサイダーを買いました。ここのセブンイレブン、全国のサイダーが驚異的な品ぞろえなのです。なんで??

「青い池」つながりでサイダーが飲みたくなったのですが、なぜだか「あした葉のジョー」。

Dsc_1063_320x180

そのほかにも品ぞろえがマニアックな、不思議なセブンイレブンでした。

美食、絶景、ときて、ミステリーな思い出も加わりました(笑)

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »