« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月27日 (金)

抹茶味のダイヤモンドダスト

今日は、朝一から旭川へと向かいました。


目的地はこちら。

Dsc_0710

旭川は壺屋総本店さんのあたらしいお店「き花の杜」です。

「き花」は壺屋さんの代表商品で、27年連続モンドセレクション金賞受賞という
確かな品質の旭川銘菓であります。

ちなみに「き花」の名は、大正~昭和期の軍人で歌人の齋藤 瀏が旭川在任中
に詠んだ「霧華」の言葉が元になっているそうです。
興味のある向きは壺屋さんのページのこちらをご覧になると詳しく記されております。



そんな「き花の杜」ですが、今日は28のグランドオープン前の内覧会。
とはいえ、一般のお客様向けにも見てもらえるプレオープン的なもので、
各種お菓子の購入や、カフェスペースなど、ほとんど通常営業と変わらない内容で、
9時のオープン時点ですでに

Dsc_0712
こんな状態。



私といえば一応プレス招待できているので、ちょっと行列を失礼して、
別口から、中へと入らせていただきました。

あ、その前に・・・

続きを読む "抹茶味のダイヤモンドダスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月16日 (月)

資料館の前のバラ

週末、11丁目付近のカフェに行く途中、すぐ近くの札幌市資料館のバラがとてもきれいに咲いていました♪

Image_2

Image_1Image_2_2

Image_3Image2

Image3Image6

Image4_2Image5

Image1_2

どの花みても、きれいだな、と思いました。

そろそろ北海道のガーデンのガーデンも最盛期のシーズンに入るな、とバラたちが思い出させてくれました♪ 

(kana)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

「まきばの家」で、のんびり。

先週、ひさびさに池田町の「まきばの家」でブラッとしてきました。

 

Dsc01743_2

>「ボーヤファーム」さんの羊たち。

 

まきばの家はむかーしからありますが、年々、何やら今風な雰囲気に変わってきています

 

Dsc01830_2
>木肌から何か甘いものが出ているのか、木の皮をペロペロ熱心になめる仔羊たち。

 

十勝在住のときは、滅多にわざわざ展望台までいかないのですが、久々だったのでちょっと登ってみました。しかも歩いて。

Dsc01772_2
>車で行けるよう舗装道路になっています。

 

すると、展望台までの道路わきが、けっこうな野草の宝庫だと今さら発見しました。しかも、もう時期的には無理ですが、食べられるものだらけ。

 

Dsc01768_2
>こちらはただの草むらのようですが、こごみ、わらび、エンレイソウ、アマドコロ(か非常によく似たナルコユリ?)などが地味に写り込んだ非常に北海道らしい一枚となっております(笑)

 

Dsc01781_2
>ニリンソウとエンレイソウが一緒に咲いていた。

 

Dsc01776_2
>道端にわらび。先輩、ブレッブレになりました(><)

 

Dsc01761_2

>タラの芽。

 

山の斜面も、エンレイソウがびっちり咲いていて、真っ白!

Dsc01784_2

上のほうまで歩くと、途中はこんな感じです。

Dsc01797

十勝平野を背景に、のんびりと羊が草をはむよい景色が見られます。

 

 

Dsc01803_2

こんな感じもなかなか十勝らしくないですか?

Dsc01806

羊がいて、けっこう好きな眺めです(^^)

 

Dsc01750

>今春に生まれたとおぼしき仔羊たちもいっぱい。ムチムチした体がかわいいです。

 

Dsc01817_2

Dsc01752_2

Dsc01747
>羊って、好奇心いっぱいだったり、臆病な子とか、人懐っこい子とか、天然な子とか、一人ずつ個性があって本当にかわいい。

 

Dsc01833_2

でも最後は食べる! みたいな(スミマセン…)。

地元のジンギスカン、サイコ―ですw 

「まきばの家」では宿泊もできますよ

(kana)

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »