« 桜の名所・松前へ。 | トップページ | 大林宣彦監督「野のなななのか」北海道公開 »

2014年5月 9日 (金)

さよなら、江差線。

前々回のブログでは、駅弁を買ってきただけだったのですが、ついに乗りました。

11日で廃線となってしまう、JR江差線。

Dsc_0512_360x640

GW期間中はにぎわっていたという江差駅も、平日で朝早かったからか閑散としていました。まだ駅前のお土産屋さんも空いておらず。

1399416622682_640x360

ホームへ。写真では写ってませんが、鉄道ファンや、地元の方も何人か乗っていらっしゃいまして、あちこち撮影していましたよ。

Dsc_0514_640x360

いざ、出発!

Dsc_0515_640x360

一両編成の電車は、ゴトゴト走ります。

海あり、

1399417896993_640x478

田んぼもあり、

1399418807049_640x360

ごくごくふつうの、牧歌的な風景が広がります。名所とかでなくても、一生懸命写真を撮らなくても、なんとなくリラックスできる、車窓の眺め。

遠くには、桜も咲いていました。

1399419986550_640x360

「天の川」もありました。

Dsc_0517_640x360

湯ノ岱(ゆのたい)駅と宮越(みやこし)駅の間に、「天ノ川」という駅があったのでした。後で調べたら、モニュメントとしての駅なので、停車しない幻の駅でした。

江差から函館までは、2時間かかりました。

北海道で最も乗降客数が少ない赤字路線のため廃線が決まってしまったそうで、2年後の北海道新幹線開通に間に合わなかった江差線。

さよならするのは寂しいですが、今は「ラストラン」ブームでたくさんの人を乗せていて、最後の活躍を見せてくれています。

長い間、ごくろうさまでした!

Dsc_0529_360x640

↑江差「五勝手屋羊羹」限定「ありがとう江差線」と「さくら羊羹」

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

|

« 桜の名所・松前へ。 | トップページ | 大林宣彦監督「野のなななのか」北海道公開 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜の名所・松前へ。 | トップページ | 大林宣彦監督「野のなななのか」北海道公開 »