« 可愛いすぎる子ネコちゃん。 | トップページ | 車がフロストフラワーだらけに。 »

2013年12月10日 (火)

道東で泊まった素敵なオーベルジュ

ただいま発売中の「北海道生活」は、巻頭特集「また行きたくなる北海道の宿12選」

Hlvol_38

12軒を厳選して紹介しているのですが、

これまで取材した宿も含めて北海道にある高級宿の情報&MAPも付けました」

と前回のブログでお話した、その取材した宿のうち一軒にプライベートで行って来ました。

貯まったマイレージで、中標津空港へひとっとび!

R0025565_2

レンタカーで標茶(しべちゃ)に向かうと、まるで別世界……

R0025512

ヨーロッパの田舎町にきたみたい。

R0025526

すてきな洋館が現われます。

R0025522

そう、ここは「北海道生活」昨年の1-2月号で取材した「ヘイゼルグラウスマナー」。一度プライベートで来たい!と思っていた憧れ宿でした。

お部屋の中も、まるで英国貴族の別荘のよう。

R0025514

映画かドラマの世界の中に入ったみたいになります。

R0025515

こちらは書斎。「北海道生活」も置いてありました♪

R0025519

食事の際は、ウェイティングルームや、デザートを楽しむ場所としても使われています。

R0025520

オーベルジュだけあって、フレンチのフルコースを満喫。

前菜はサーモンのスモークに、上にのっているのは、イクラ(鮭の卵)ならぬ、マスの卵。

R0025545

別海(べっかい)の大きなホタテ、ホッキ貝とよく合います。

R0025547

どうしても食べたかったのが、ハンターでもある国本シェフが自ら仕留めたエゾシカ。やわらかくてジューシーで、やっと味わうことができました。

R0025549

食事中に「記念日で来ました」とちらっと話しただけなのに、デザートは「おめでとう」のデザインを施したアシェット・デセール(デザートの盛り合わせ)!

R0025554

ホールスタッフと厨房との連携のすばらしいさ、そのおもてなしの心にもカンゲキ。

翌朝は、自家製のベーコンと卵、手づくりの朝ごはんが、洗練されているのにあたたかい。まさにイギリスの田舎に来た気分でした。

R0025556

帰りは支配人やシェフ、スタッフのみなさんが見送りに来てくれたので、一緒に記念撮影

R0025564

上質な空間、おもてなし、大人の時間が過ごせる宿が今回の特集のテーマですが、こちらもまさにそんなお宿でした。

ヘイゼルグラウスマナー

http://www.hazelgrouse.com/

たった1泊の非日常のひととき、とっても贅沢で、とっても思い出深いものになりました。

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

|

« 可愛いすぎる子ネコちゃん。 | トップページ | 車がフロストフラワーだらけに。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 可愛いすぎる子ネコちゃん。 | トップページ | 車がフロストフラワーだらけに。 »