« 宗谷岬で黄昏て | トップページ | セミのぬけ殻発見! »

2013年8月 2日 (金)

3つの日本一がある町「幌加内町」に行ってきました!

Rockです。先週初めて、3つの日本一がある町・「幌加内町」へ行ってきました。

その①そば畑の面積・収穫量日本一

「幌加内町」は冷涼な気候、昼夜の寒暖の差、日中の気温上昇を穏やかにする朝霧などの自然条件がそば栽培に適しているとのこと。 今まさに「白い絨毯」、「幌加内は2度雪が降る」と形容される風景が眼前に広がっていました。 絶景に感動です!

20130725_080744←このような展望台がある政和ビューポイントからは、

→このような絶景が見られます!20130725_080334
「そばの花散歩道」もあり、間近で可憐な「そばの花」を見ることができます。

癒される~。

その②日本最大級の人造湖「朱鞠内湖」

20130725_073809_200人造湖と聞いていたので、どんなものかと思っていましたが、全然「自然の湖」って感じで驚きました。

幻の魚「イトウ」が住む神秘の湖と呼ばれ、訪れる人々を魅了する「道立自然公園」です! 

何と大小13の島々が浮かび、周辺には、遊覧船、レストラン、キャンプ場などがあり、アングラー(釣師)はもちろん、誰でも自然に親しめます。ちなみに「レークハウスしゅまりない」などで売られている特産品「サクッと!ワカサギ」は今年度の「北のハイグレード食品」に選定された逸品です!! 

その③日本最寒記録-41.2度

さすがに今は夏なので汗ばむ気温でしたが、日本一の寒さを記録した昭和53年2月17日は、日本記念日協会に認定されているそうです。

残念ながら今回は本場の「そば」を食べ損ねちゃったので、新そばができたころ、今度は家族とまた来たいなと思いました!

※別件ですが、 

今発売中の【北海道生活】7-8号では、富良野・美瑛エリアについての簡単なアンケートに答えると、抽選でプレゼントがあたるキャンペーンを実施中です。

お時間がある方は、ぜひ参加してみてください。 (下のアドレスからできます)

富良野美瑛アンケート
PC
http://www.hokkaido-life.net/1307furanobiei/index.html

それでは、また。

|

« 宗谷岬で黄昏て | トップページ | セミのぬけ殻発見! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3つの日本一がある町「幌加内町」に行ってきました!:

« 宗谷岬で黄昏て | トップページ | セミのぬけ殻発見! »