« 定山渓はネコがいっぱい。 | トップページ | 新・札幌みやげ2 »

2013年4月21日 (日)

年中カキが食べられる「開」にて春の訪れを知る。

カキとおそばのお店「開(ひらく)」でも、春のメニューに出合えました。

本州の方は驚くのですが、道東の厚岸は年中カキが獲れますので、
カキは「erの付く月じゃないと食べれない」なんてことのない北海道。

Aprilでも生ガキ、いただきました。こちらはブランドガキ「まるえもん」。

R0023533

私が好きなのは、カキステーキ。初物のアスパラ付♪

R0023528

おそばも北海道産・蘭越町の蕎麦粉で手打ちのもの。

R0023531

カキとおそばのほかにも、海の幸、山の幸、と次々と旬の食材が登場してます。

たとえば山の幸は、行者ニンニクのてんぷら。

R0023527

海の幸は、アサリを生食で!

R0023526

アサリを初めて生で食べましたが、おしょうゆをつけなくても、海の塩気で美味しかったです。

まだ時々雪の降る札幌ですが、食べ物から春を感じますね~

かきと旬鮮料理とおそばの店 開

札幌市中央区南1条西5丁目 プレジデント松井ビル2F

TEL: 011-241-6166 日曜定休

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

|

« 定山渓はネコがいっぱい。 | トップページ | 新・札幌みやげ2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 定山渓はネコがいっぱい。 | トップページ | 新・札幌みやげ2 »