« 釧路に行ってきました | トップページ | 竹老園でお宝発見!? »

2012年12月10日 (月)

北海道・空知のワインがすごい!

ただいま発売中の「北海道生活」9-10月号、ご覧いただけましたか? 巻頭特集は、「北海道・ワインとチーズの旅といって、北海道産の新しいワイナリーや小さなチーズ工房を訪ねています。

1211hl

さて、今回取材にした中で、札幌と旭川にはさまれた空知(そらち)地方に小さなワイナリーが続々登場しています。

そんな空知のワインセミナーがあると聞いて行ってきました。場所は「ホテルノボテル札幌」です。

空知総合振興局長のお話で、日本一ワイン用ブドウを生産している北海道でも、空知は34%を占め、道内のワイナリー26カ所のうち10カ所が空知だということです。

R0022562

今年は、 「空知ワインピクニック」もありましたし、勢いがありますねー。空知のワイナリーBOOKと、地元で作っているリゾットに合うお米「だいちのほし」もふるまわれました。空知は米やそばなど農業がさかんなんです。

R0022563

まずは、本誌で紹介した「10Rワイナリー」のブルース・ガットラブさんのお話。ユーモアをまじえて、わかりやすく、ブルースさんが来日してから空知でブドウをつくる意味までたくさんのお話が聞けてすごくおもしろかった。

R0022566

カリフォルニアやフランスで活躍した醸造家が、これまでのキャリアを持って空知に移住してくるのですから、これからできるワインも楽しみです

次は第二部で、実際に空知のワインを味わってみます。会場となった「ノボテル札幌」といえば、シニアソムリエの澁谷昭さん。シニアソムリエは日本に5人のみ、古代から現在まで、世界から日本へ、日本から北海道へとその博学ぶりに感動いたします。

R0022571

そして空知のワインを引き立てる料理も、計算されつくしたワンプレートに。

R0022573

澁谷さんが空知のワインの色、香り、味わいをひとつずつ解説していただきながらの贅沢なひととき。

R0022582

宝水ワイナリー「RICCA雪の系譜ケルナー2011」×上磯産マコガレイのマリネ、エストラゴンとディル風味、クレソンのサラダ仕立て

R0022583R0022575

鶴沼ワイナリー「2010鶴沼トラミーナ」×「大地の星」のガレット、カレー風味、空知産野菜のフリット添え

R0022584R0022577

山崎ワイナリー「CHARDONNAY樽発酵2010」×岩見沢産カボチャのテリーヌ、落花生のロースとともに、チーズソース

R0022585R0022578

歌志内太陽ファーム「ペンケ・ウタシュナイ2005」×深川産三軒豚ばら肉のリエット、コルニッションピクルスとメルバートースト

R0022586R0022579

マオイワイナリー「山ブドウ」×浦臼神内和牛すね肉と空知産野菜のトマト煮込み、バジル風味パイ包み焼き

R0022587R0022580

……と、以上空知のワイン5種×空知産の食材を使った料理5品。この空知の恵みのマリアージュ、シェフの方々のご苦労が垣間見えて、つくづくに贅沢だなあと思いました。      

北海道の各地でも、こんなイベントがたくさんできると楽しいですね♪

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

|

« 釧路に行ってきました | トップページ | 竹老園でお宝発見!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 釧路に行ってきました | トップページ | 竹老園でお宝発見!? »