« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月27日 (月)

道産ワイン&チーズを楽しむ。札幌編

先週、昨年に引き続き、イベント「道産ワインの夕べ」に行ってきました!

ホテルロイトン札幌の会場は熱気に包まれ、たくさんの人たち。入口で会費を払い、ワイングラスを1杯持って入場します。

まずは乾杯!

R0019356

以前、↓こちらの「北海道生活」14号で、

Hlvol_14

第2特集で北海道のワインを特集して以来、道産ワインの魅力と広がる可能性に感動して、このイベントも楽しみにしています。

なにより、取材した人たちは北海道各地にいらっしゃるので、この機会に札幌に集まって来ていただけるのがうれしい。

「月浦ワイン」の岸本さん。

R0019369

一からワインに取りくみ、洞爺サミットでVIPのみなさんに飲んでいただけるワインを作り上げるまでになった熱意のワイン醸造家。また、洞爺に飲みに行きますね~。

「おたるワイン」の阿部さんにも久々に会いました。去年の夏、7-8月号の取材でお会いして以来です。

R0019372R0019374

たくさんある中から一本を選んでいただきました♪

ここでは、道産ワイン各社のワインが試飲できるわけですが、「飲み放題メニューで安い銘柄」と思ったら大間違い。

たとえば「十勝ワイン」では、あまり流通していない「ブルーム」が!

R0019378

シャンパーニュ地方でつくられるシャンパンと同じ製法でつくられた、とっても手間のかかるスパークリングワインで、量産できないため大々的に売られていない。これも飲めるなんてすごい!

「藤野ワイン」では、ロゼのスパークリングがこれまた美味しく、カンゲキ!

R0019359R0019360

今回は特に、チーズ工房の出店が多いのもうれしかったところ。

十勝「NEEDS」のチーズをいくつかつまんでいたら……

R0019357

モッツアレラをパンにのせたところ、

「これにハムを合わせるとちょうどいいですよ!」

と言われ、そのままハムを切っているところへ。

R0019358

北海道の豚肉で作った、北海道のハムがまさにどんどん切られているところへ、一切れいただいて一緒にのせて味わうと、本当においしい!

ワインが進みます。

と、半田ファームさんでもウォッシュタイプなどさまざまなチーズが。

R0019364

このチーズはワインの搾りかすがのっていて、

R0019363

「今持っているワインより、もうちょっとしっかりしたタイプのほうが合いますよ」と教えてもらい、また別のワイナリーへ。チーズ工房の人たちと会話しながら、合うタイプのワインを探しに行くのも面白い。

こちらでは、エゾシカのサラミを発見!

R0019370

あ、これは「マオイワイナリー」の山ぶどうのワインと合うかも……と試してみたら、まさにぴったりのマリアージュ!

もはや北海道のチーズ工房を代表する、「共働学舎」のチーズラクレットや、「さくら」に人だかりが。

R0019375R0019377

ワイングラス片手に、チーズやおつまみへ。そして、つまんだらその味と合うワインを求めて……。そのうちに、知っている人や取材でお世話になった人に挨拶し……。

心地よい酔いにまかせて、どれだけ歩いたのかわかりません。

いろんなワイナリーをホテルの会場内で訪ねて、さて、次の日の朝は、現地のワイナリーを訪ねることになるのですが、それは次回のブログにつづきます。

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2012年2月21日 (火)

札幌の夜景を一望

先日、観光にきた友人を案内しようと

はじめてJRタワー展望室へ

駅直結なので旅の締めくくりにも便利

Rimg0002

いつも通っている札幌駅南口方面。

見慣れた景色も視点が変わって

観光気分を楽しめました~

(編集SY)

北海道生活がランキングに参加中→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2012年2月20日 (月)

食クラ・フェスタ2012に行ってきました!

食クラスター連携協議体という、つまりは食に関係する産業が一堂にタッグを組んだ集まりがあるのですが、そのイベント「食クラ・フェスタ2012」に行ってきました!

昨年を上回る700名の参加者!すごい熱気です。

R0019260

こちらにはたくさんの団体・お店が出展して、大試食大会のようになっていました。

留萌(るもい)産の新・小麦「ルルロッソ」を使ったパスタをつくられていたのは、「トラットリア・ピッツエリア・テルツィーナ」の堀川さん。

実はこの日、2月14日は堀川さんの誕生日だったのです!おめでとうございます!

R0019259

実はもともと担当していたスタッフが風邪で倒れて、堀川さんは助っ人として来てくれたんだそうです。忙しいのに、なかなか男前な方です。

そして、北海道フード特区を記念したパスタ「北海道白いペスカトーレ」をつくっていたのが、「イルピーノ」の川端さん。

R0019262

みずからずっとフライパンをふりつづけていました。この小柄な女性からは想像できないほど、パワフルにパスタを作り続けている姿、こちらも男前でした。

こういった方が、目の前で料理を手がけてくれる姿が見られるのも、なかなかめったにあるものではありません。

ちょうど次号の取材でお二人に会ったばかりなのですが、その忙しさを知っているだけに、がんばる姿に感動しました

帰りに、「編集部の夜食にどうぞ!」と、

R0019265

長万部「大虎飯店」の「ホタテ毛ガニ焼売」をいただいちゃいました!

「かにめし」で有名な長万部ですが、この焼売も毛ガニがどっさりのったビックサイズで、中にはホタテがごろごろ入ってました。

残業していたスタッフみんなで分けました♪

北海道は食の宝庫だなあとつくづくその数と質、可能性の広がりまで見られたイベントでした。

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2012年2月13日 (月)

「南極宇宙料理人」の写真展

「北海道生活」2011年3-4月号で幻の魚イトウの写真と知床の写真を提供してくださった、写真家の阿部幹雄(あべみきお)さんの写真展に行ってきました。

場所は、雪まつりが行なわれていた大通公園のすぐそば、「富士フィルムフォトサロン」です。(~2月15日まで)

R0019202

「剥き出しの地球 南極大陸」という写真展で、阿部幹雄さんが地質学者とともに南極の果てまで行って撮影した写真の展示です。

南極……というと、映画「南極料理人」を見たことのある人は、ペンギンもいない厳寒の最果ての地を想像すると思いますが、阿部さんたちのすごいところは、基地ではなくそれより先の、人類が足を踏み入れていないところへ80日間テントで泊まりながら動いていくという、まさに命がけの調査でした。

R0019199

ですからその写真はどれも、人類が今まで見たことのない、さいはての風景。

阿部さんはプロの写真家ではあるのですが、これらは単に「寒いところに行って写真を撮りました」というレベルではありません。

3度に渡り、南極観測隊隊員として南極で過ごした経験から、隊員の命まで守るような、健康管理・カウンセラー・ガイド役のようなことまで果たしているのです。

R0019201

「札幌は暑すぎる」と半袖を着ていた阿部さん。外は氷点下の大通公園だというのに、「外で写真撮ってもいいですよ」と笑っていました! 実際に南極で着ていた服(装備)のとなりで写真を撮らせていただきました。

R0019200

そして、阿部さんのもうひとつの新しい顔が、「南極宇宙料理人」。数十種類におよぶフリーズドライの料理を仲間の方々と開発したのです。

南極基地より、さらにさいはてのテント暮らしで、命はもちろん精神状態まで管理するのに必要なのは「美味しい食事」。

それも、日本で食べるよりも美味しいというレベルではないといけないと阿部さんたちは徹底研究。

そうしてつくられていった美味しい南極食は、その後、宇宙食として宇宙飛行士の生活まで豊かにすることができたのです。最近の宇宙食は、刺身や海鮮丼まであり豪華になったとテレビでも紹介していましたが、まさにその仕事だったんんですね。

R0019204

この、宇宙食にもなった南極食のフリーズドライも販売されていたので、さっそく買ってみました。

猿払村産のホタテの刺身、マカロンのように軽いのですが、水をかけて3分であら不思議……

R0019225R0019227R0019229

モチッとしたホタテの刺身になってしまいました!

ふだんの食事に全然使えるのと、とても軽いのでキャンプに持っていったり、非常食に入れてもいいかもしれませんね。

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2012年2月 9日 (木)

峠の茶屋・・・

どうも。

今回は少し間を置かずにDiCEです。


実は、先々週、久しぶりの函館方面へ1週間出張しておりまして。


今回はそのときのことをさらっと( ^ω^ )


たいてい、出張なんぞ行っていると、
あんまりまともにお昼ご飯食べる暇が無かったりするのですが、
この日はたまたま少し時間ができたわけです。


函館の南かやべ地区から鹿部町を回って七飯に入ったところでした。
時間があるといっても小一時間。
大沼周辺を通り過ぎて、七飯町内に入る手前、
びみょ~に何もないようなところだったりします。


こりゃあ、またコンビニかなんかご飯かな・・・
と思ったそのとき、ちょっと古めかしい民家みたいな
ところに「ランチ」の旗が!

Img_0468

しかもかなりの車が!

これは!と思い店の名前を調べてみるも、公式サイトも無ければ
最近なにかと話題の口コミサイトでも引っかからない。


まあ、とにもかくにも入ってみようと思い入店。

続きを読む "峠の茶屋・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すすきの氷の祭典

昼間、地下鉄すすきの駅から地上に出ると

「すすきの氷の祭典」の氷彫刻が並んでました

Rimg0033_2

「さっぽろ雪まつり」のすすきの会場として

期間中(2/12まで)駅前通りのビルの谷間に展示。

近くで見ると繊細に彫刻されていて見応えがあります。

ライトアップされる夜は一層きれいですよ~

(編集SY)

北海道生活がランキングに参加中→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2012年2月 6日 (月)

さっぽろ雪まつり開幕!

今日から「さっぽろ雪まつり」が始まりました~!

通勤途中に大通公園を歩き、大雪像を撮ってきました

8丁目 「会津 鶴ヶ城」

Dsc_0056

このエリアには東北にちなんだ料理の屋台が出てましたよ!

7丁目 「タージ・マハル」

Dsc_0057

ちょうど開会式の準備をしていました。ちなみに、このエリアは「タージ・マハル」だけあって、スープカレーの屋台が出るんだそうです。

6丁目は「北海道 食の広場」になっていて、屋台がいっぱい!

5丁目 「故宮博物院(台湾)」

Dsc_0058

私は氷の彫刻が好きなんですよね~。ちなみに、この時期には、すすきの会場で「氷の祭典」が行なわれていて、ステキな氷の彫刻が並びます。必見!

4丁目 「雪の水族館 ~海からの贈りもの~」

Dsc_0059

ちょうどTVの取材で機材が入ってしまいました(笑) アザラシのヒゲまで精巧で驚きます。

これらの大雪像は、自衛隊のみなさんが山から雪を運んで、厳寒の中を一生懸命作っているのですが、その技術たるやスゴイ!と毎年感動してしまいます。

さて、この時期に札幌に来るみなさんは、防寒対策はもちろん、転ばないように気を付けてくださいね!

厳寒の道はまるでスケートリンクです。札幌の人でも転んで骨折したりするほど。

うまく歩くコツとしては、足の指で地面をつかむように重心を前の方にして歩くこと

そして、横断歩道やマンホールのふたの上は転びやすいので、信号が変わりそうになってもムリに渡らないこと。

本州の方はたくさん服を着てきますが、室内や飲食店は暖房がきついです。飲食店に行く方は、一度ホテルに戻って、着替えた方がいいかもしれません。私はちなみに、札幌に越してきて、ヒートテックやタイツを使わなくなりました。

もちろん、大通公園やつどーむ会場では、しっかり防寒対策をしてくださいね~!

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2012年2月 5日 (日)

ぎょ!しょ~ゆ

どうもみなさんこんにちは。
毎度きまぐれ更新DiCEです。



今日は久しぶりになんにも予定なしのお休みの一日。
適当に家の用事を済ませて、ひさしぶりに・・・

P1050024

玉を撞いてきました。

昔、ちょっとハマった時期があったんですが、
一向に上手くならんで、そのうちになんとなく忙しくなり
すっかり遠ざかっていました。

今年は、(仕事はそこそこに・・・)ビリヤードとゴルフを
ちょっとまじめに取り組もうかと思っておる所存です。
ん?問題発言??



さて本題。


みなさん、料理の際、

いろいろな調味料をお使いかと思います。

『さしすせそ』はもちろん、辛味や香りの香辛料類や
みりんやお酒、ソースやケチャップ、マヨネーズなど、
身近なものだけでも結構ありますよね。




ところで『魚醤』ってふだんつかいますか?

あたくしは、常備こそしてませんが、
鮭の魚醤ホッキの魚醤は今冷蔵庫に入ってます。



で、なんでこんな話かというと、
昨日、北海道魚醤油生産組合のレセプションへ
行ってまいりました。


一般的に魚醤というと、
日本では『しょっつる』『いしる』
世界的には『ニョクマム』『ナンプラー』
といった当たりが有名でしょうか?

古代ローマでも『ガルム』といった魚醤があったことなどは
割と有名かもしれません。


北海道生活の読者の方ならもしかしてお気づきかもしれませんが、
そんな魚醤、実は今、種類・量ともに北海道が一番多いのだそうです。
P1050020
その数40以上あるとか。

恥ずかしながら、知っている商品10あるか無いかという
程度でした。


そんな北海道の魚醤なのですが、原材料の種類の豊富さ故か
歴史の浅さゆえか、「いしる」や「しょっつる」のような
北海道の魚醤の統一呼称がなかったのです。


で、統一のブランドネームを設けたというのが
今回の発表なのでした。

その名も「雪ひしお」
P1050022_2
帆前掛けをイメージしたデザインだそうです。

で、イメージキャラクターがこちら
P1050023_2

「雪 ひしお」


(ノ∀`) アァー
あれですな。音の響きは
「メキシカンロック」のかほりがしますな。

色白、ひし形、醤油顔のイケメン男子だそうで・・・



何はともあれ、これからどんどん
売り出していくようなので、
ちょっと気にしてみてください。
そして、できれば、ぜひ食べ比べてみてください。
いつもの料理に一味加えて、プロ並みの味わいに・・・

なるかもしれませんよ。


てなとこで、今日はこの辺で(=゜ω゜)ノじゃっ

北海道生活がランキングに参加中→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

雪まつり週明け開幕!

いよいよ来週月曜から一週間、

さっぽろ雪まつりが始まります

最後の仕上げが夜も続いているみたい。

Rimg0179_2

Rimg0181_4

まだ近づけませんが、街の中心部に登場した

タージ・マハルやスノボのジャンプ台を見に

カメラ片手に歩いている人もたくさん

今年の冬は特に寒いので、

あったか~い恰好でぜひ札幌にきてください

(編集SY)

北海道生活がランキングに参加中→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »