« 初雪から一週間 | トップページ | イルミネーションはじまりました »

2011年11月25日 (金)

北海道と原田知世さんとパンの話

北海道を舞台にした素敵な映画ができました。

幸せのパン http://shiawase-pan.asmik-ace.co.jp/index.html

来年1月公開、札幌では1月21日に先行上映します。

原田知世さんと大泉洋さん演じる夫妻が洞爺湖畔に移住して、小さなパン屋さんとカフェを営む、心があたたまる映画です。北海道には、このようにご家族で移住してパンを作っているところが各地にあるんですね。

R0018683

先日キャンペーンで来札した原田知世さん。インタビューのあとで少しお話ししたところ、音楽のお仕事を通じて全国の素敵なカフェを御存知でした。

数年前に「poroco」でインタビューさせていただいた「アトリエ・モリヒコ」というカフェも覚えていらして、併設の雑貨店「cholon」は東京・代官山にもお店があるのだそうです。

それが、こちら。

R0018697

まず店内に入ると、「cholon」ではあたたかな冬の雑貨が販売されていて、その隣には「アトリエ・モリヒコ」が。コーヒーの匂いに鼻をくすぐられるようでした。

実はこのカフェの奥のドアをくぐり、ビルの階段の上にあがると小さなギャラリーがあり、イラストレーターすずきももさんの行なわれていました。

すずきももさんはかわいいイラストと文章で、北海道のパン屋さんの本や、街歩きの本「おさんぽ日和」などを出版されています。

R0018700

イラストは展示されているものや、カレンダー、ポストカード、マグカップなども販売。見ているだけで楽しくなります。

R0018701

そして、パン屋さんが日替わりで限定のパンを販売。すずきももさんイラストのエコバックとパンの小さな冊子「おいしいパンが手に入ったなら」がついています。

R0018706

今回は訓子府(くんねっぷ、と読みます。オホーツクにあります)の伊藤さんが育てた小麦を石臼で挽いた「コンプレ95」という、高田真衣さんがつくられたパンが販売されていたので、買って帰りました。

「幸せのパン」の試写の後、おいしいパンが食べたくてしょうがなかったのですが、原田知世さんご本人にお会いできて、カフェの話につながって、そのカフェからパンにつながった、そんな素敵な数日間でした。

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

|

« 初雪から一週間 | トップページ | イルミネーションはじまりました »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初雪から一週間 | トップページ | イルミネーションはじまりました »