« 祭り | トップページ | 中島公園&豊平館 »

2011年5月30日 (月)

桜からライラックへ……花×お酒で楽しい札幌

札幌の桜の開花は5月

私の住んでいた本州では3~4月の入学式シーズン=桜が普通だったので、札幌で桜と鯉のぼりが一緒に見えた時にはびっくりしました。

また、5~6月が運動会シーズンというのにもびっくり! 体育の日は10月だし、運動会といえば秋なんですが、北海道では10月は初雪も見られそうな寒い時期なのでこの時期なんですね。梅雨前線もやってこないので、さわやかな空気のもとで人々が外で楽しむシーズンの到来です。

長~い冬を過ごし、やっと人々が外に出るのがの季節。

ゴザを敷いて買ってきた焼鳥とか缶ビールで夜桜なんて楽しむことしか知らなかった私は、花見のメッカ・円山公園でまたまたびっくり!

たくさんの人がキャンピング用品を持ち込み、ジンギスカンやBBQをやり、煙がどこかしこからもモクモクあがっているのです。このコンロ率の高さはなんなんだ! ビールをサーバーで借りることもできて、生ビールをやっているグループもいましたよ。

Kicx2690

よほど日光がきついとき以外は、まだ寒いのでダウンを着込む人もまだいて、日没ともなればほとんど撤収してしまい、夜桜で飲むという習慣はまだあんまりありません。

それが、5月も終わりになると、ライラックが開花しはじめ、春のコートを着て歩けるようになります。そんなときに、大通公園では「さっぽろライラックまつり」がスタートするんです。

R0015935

今年のライラックまつりは、八重桜が満開のなか、ライラックも少しずつ咲き始め、大通公園でさまざまなイベントが開催されました。

中でも「ライラックフェスティバルワインガーデン」は、北海道でつくられた道産ワインをチケット制で楽しめるエリア。 今年は売り上げの一部が震災の義援金に充てられています)

昼間から大人たちが北海道の美味しい食材でつくられたホタテやアスパラ、ソーセージやハム、チーズなどとワインを楽しんでいます。

R0015933_2

私も会社が終わってすぐにかけつけましたが、午後6時30分でもまだまだ明るく、終了する8時半くらいになると、写真のお花の左にある手作りキャンドルに灯がともり、とてもオシャレな雰囲気です。このキャンドル、牛乳パックの再利用なんだそうですよ!

このライラックまつりが終わった今週は次々とライラックが咲いています。パープル、ピンク、ホワイト……と、さすが札幌の花とされるだけあってキレイ!

Lilac1Lilac3Lilac2

ライラックまつりが終わるといよいよ6月。今度は「YOSAKOIソーラン祭り」が始まり、札幌もどんどん賑やかに楽しい季節が続きます。

半年近い冬の後、春・夏・秋をあっというまに過ごすからこそ、イベントがすごく濃密。札幌での生活が飽きないのは、こういうところにもあるかもしれませんね

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

|

« 祭り | トップページ | 中島公園&豊平館 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 祭り | トップページ | 中島公園&豊平館 »