« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月25日 (火)

雪積もり・・・・

先週、北海道生活営業スタッフは次号の特集のため、道南方面へ出張へ行ってました


私は、というとちゃっかり留守番担当!
みんなが函館や大沼や松前あたりを走っているときに、暖かい事務所の中で
のんびり いえいえ、しっかり お仕事してました。

先週の後半、大沼は吹雪で大変だったようですよ。
札幌でも最近のドカ雪には辟易しております
札幌市よりさらに雪の多い豪雪地域に住む私の上司のお家は、雪で屋根が潰れたそうです。( ゚д゚)ポカーン

自宅近くのサイクリングロード。
こんなとこまでしっかり除雪入ってますが、両側の雪が軽く子どもの背丈くらいあります。
三方を雪で囲まれて、冷蔵庫のようです逆に風が遮られて防寒???
110125_080211_2


ちなみにここ、秋は紅葉でこんな感じになります

101110_080201_2


そして春はこう(写真はお借りしました)
Cycling1_2


北海道は日本の中でも特に、四季の変化がはっきりしている地域と言われていますね。
まあ、中でも冬がはっきりしすぎなんですけど
12月中は「今シーズンは雪が少ないな〜」なんて、のんきに構えていましたが、
やっぱりそんなことないんですね〜。
スキーやスノーボード、雪の中の露天風呂、お鍋でビール
まだまだ楽しみなことがいっぱいです


(営業S)


北海道生活がランキングに参加中→1クリックの応援お願いします

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

旅のお供(2)

またまたどうも(=゜ω゜)ノまいど

旅におやつはつきものですよね。

こどもの遠足だっておやつは300円までとかありましたね。

そういえば、小学校の時の遠足のおやつの上限額を聞いたら、

話し相手の歳を当てることできそうですよね。

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

いや、そんなことはどうでもいいのですが、

最近コレにちょいハマリ気味

Img_0066

カルビー堅揚げポテト<潮香るのり味>

アタクシ、けっこうポテチ好きなので
あれこれ食べるのですが、基本のりしお的な味は
それほどツボではないんですね。

でもこれはウマッ(゚Д゚ )なのです。

『噛むほどうまい』堅揚げポテトシリーズの
噛めば噛むほどジュワっと広がる味わいと、海苔の風味がマッチしてます。
しかも今までのどの海苔系の商品よりも海苔の味が良い気がします。

みつけたらお試しあれ~

松前あたりで岩海苔使って高級ポテチとか作らないのかなあ(○゚ε゚○)ボソッ

(DiCE)

北海道生活がランキングに参加中→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅のお供(1)

さて本日も出張中のDiCEです(=゜ω゜)ノぃょぅ

いつも出張へいくと楽しみなのが、

宿だったり、ご飯だったり、温泉だったり(←なにしにいってるんだか)

いやきちんと仕事はしてますがね、そりゃあ( ̄Д ̄;;

でもそれなりに仮想一人旅も楽しむわけでございます

そんなときに個人的に楽しみなのがレンタカーです。

いつもと違う車に乗るのは、それがどんな車でも最初は楽しみなものです。

(よく車好き=浮気性とか女好きみたいな構図もこんなところから
来てるんですかね、多分ε-( ̄ヘ ̄)┌ )

しかも、予約したクラスの車がなくてひとつ上のクラスの車が来たときなどは
ここぞとばかりに堪能するわけであります。

で、いつもはヴィッツとかフィットなどのコンパクトクラスなのですが、
今回は・・・

Img_0058

インサイト(青)でした。ありがとうオリックスレンタカー!!

前にプリウスが来たこともあったので、乗りくらべしてる気分ですw

乗り込んでみると・・・あっ

Img_0021

なんかインパネまわりが・・・

なんか「昔にイメージした近未来」って感じ。

写真がへたくそでわかりにくいかもしれませんが(´・ω・`)

まあCMでも『IMAは未来』みたいなことは言ってたけど・・・

ちょっと好き嫌い分かれるかもしれません。

個人的にはきらいではないですが

ステアリングのつくりも含めちょっとちゃちい感じに見えなくもないかなあ・・・

あくまでも個人的感想です。

でもいい車だと思いますよ、本当に。

感想書き出したら長くなりそうで、アレなので

とりあえずこのへんで(o・ω・)ノ))

(DiCE)

北海道生活がランキングに参加中→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

は~るばる~きたぜ・・・

はぁ~こだてぇ~(*´Д`*)ハァ~

ということで、昨日からワタクシ函館に来ております。

週末までの滞在予定ですが、ぷらぷらと観光・・・ではなく

お仕事であちこち走り回ってます_ノフ○ グッタリ

昨日のお宿はこちらでした!

Img_0057_3

漁火館さんです。

出迎えてくれる総天然材の木の床がものすごく

足触りがよく気持ちがよいです。

 
そして、源泉掛け流しの温泉
・・・
・・・
・・・

あ、ちょっと写真が取れなかったので
こちらをみてくださいw

http://isaribikan.hakodate.ne.jp/spa.html

潮風に吹かれてきもちがよいですが
結構熱いです。いや、アタクシが熱いのが苦手というのもあるのですが

源泉は47度超だそうです。

熱いの苦手な人は、他に人があまりいない時間帯に
うめながら入るほうが無難です。

んで、今朝の朝食

Img_0045_2

(°д°)ウ・ウマー

定番の辛み大根で食べるイカ刺はもちろん

ばばがれいの煮つけとか、海草(種類は失念)の味噌汁とか・・・

朝っぱらからご飯3杯いっちゃいました(ノω・、)ヤッチマッタァ

早めにチェックインできるひとは、
夕食も食べてみてはいかがでしょう。
きっと満足度高し

湯元漁火館
函館市根崎町375-1
0138-57-1117
http://isaribikan.hakodate.ne.jp/

去年の北海道生活7-8月号も見てね

北海道生活がランキングに参加中→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

雪まつりの大雪像制作中

「さっぽろホワイトイルミネーション」が終わり
すっかりさびしくなった大通公園・・・ですが、
今は2月7日(月)〜13日(日)に開催される
「第62回 さっぽろ雪まつり」の準備中

1rimg0639_2
あんな高い所にショベルカーが
大雪像の雪積みが終わったようです。

近くの建物と比べると大きいことがわかります〜
1rimg0640_3

今年の大通会場では、3月27日(日)に札幌で開幕の
劇団四季ミュージカル「ライオンキング」

金閣・銀閣とならんで京都三名閣といわれる
「国宝 本願寺 飛雲閣」などの大雪像が見られます

実際の飛雲閣は外観すら撮影NGだったので、
ほぼ実物大で再現されるのは楽しみ〜

今日はあいにくこんな天気↓の中、
迫力ある大雪像づくりが着々と進められていました
1rimg0650_4

雪まつりを見に行くときには、万全の防寒対策でどうぞ

さっぽろ雪まつり
http://www.snowfes.com/

(編集SY)
北海道生活がランキングに参加中→
1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

W.O

あけましておめでとうございます

もう13日ですが・・・(;゚∇゚)アハ

札幌周辺は割と雪も少なく落ち着いた天気の3が日でした。

山陰・九州方面はニュースになるような大雪でびっくりしてしまいました。

同じ雪でも、湿った重たい雪であの積雪量がもたらす影響は相当な

ものでしょう。

さて、そんな雪の少なめな札幌でしたが、この間の3連休直前から、

どえらい量の雪が降ってきました。

『冬将軍』ってやつですかね。

しかも、気温も低く、風も強かったのでパウダースノーな北国ならではの

こんな現象が起こってました。

00_2

なんだかわかりますか?

交差点で信号待ちしてます。

前方にほのか赤く見えるのが信号です。

ほとんど何も見えませんが普通に車は行き来しています。

恐ろしいですね。ホワイトアウト(W.O)です。

(W.Oと略すのかは知りませんがね( ・ω・))

こうなるといけません。車の運転が怖い怖い。

トラックの運ちゃんも、軽1BOXのねーちゃんも、

VIP車のやんちゃなにーちゃんも、外回りしている営業のアタクシも

みんな平等にノロノロ運転です((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

だれも無茶できないから、かえってものすごい安全運転に

なったりするわけですが┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

ちなみに普段のこのあたりはこんな感じ(by Googlemap)

Photo_2

冬でも夏でも車の運転はいつでも気をつけたいもんですね。

ではまた(* ̄0 ̄)ノ

(DiCE)

北海道生活がランキングに参加中→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

函館みやげに、船旅を思う。

津軽海峡フェリーの方から、おみやげをいただきました

「函館美鈴」のコーヒークッキー

R0015278

「美鈴」は北海道で最も古いと言われている珈琲店で有名ですね。ちなみに、昨年の「北海道生活」3-4月号函館特集でも紹介しています。

函館か……しばらく行ってないなあ。

函館に行くと港。港に行くと、船に乗りたくなります

船に乗ったら、もう本州。

函館に来てみると、同じ北海道の札幌よりも、東北の方がお隣さんという感じになるんですよね~。東北新幹線も通ったし、あっというまに東京まで。本州がぐんと近くなっちゃった。

サブちゃんは、はるばる来たぜ、函館~と歌っていましたが、はるばるじゃなくなってきた21世紀。すごい。

……とただいま発売中の「北海道生活」1-2月号P72を見てみたら、1日8往復もあるんだって。

津軽海峡を超えて青森へ! のんびり船旅、いいなあ……

旅がしたいなあ……

そんな人のために、津軽海峡フェリーでは、2011年1月末日まで乗船券プレゼント実施中だそうですよ。
http://www.tsugarukaikyo.co.jp/
ケータイはこちら↓
http://www.tsugarukaikyo.co.jp/m/index2.html

しかもファーストクラスまたは一等室だって!

あこがれるなあ~

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2011年1月 8日 (土)

本日発売!「北海道生活」富良野・美瑛・旭川特集

1月8日は北海道生活」の発売日です!
(北海道地区は11日(火)ごろとなります)

今回の特集は、「冬の富良野・美瑛・旭川」です!

Hlvol_21

冬には特に寒さがきびしいエリアなんですが、だからこその魅力を知っていますか?

ロケハンの時の写真をもとに、簡単にご紹介。

冬には次々とクローズしてしまうカフェの中でも、冬にちゃんと営業しているところはあるんです。

こちらの小さな一軒家も、今ごろは真っ白な雪景色の赤いおうちになっているんでしょうね~

R0015101_2

↓このカフェも今ごろは真っ白い雪景色の中にあります。ストーブと煙突、あたたかいコーヒーにスープ。とっても幸せな空間に感じるのは、冬の寒さがあるとひときわです。

R0015080R0015081

あったかいメニューと言えば、レストランのシチューなんかも染みました~

R0015107

写真では湯気が出てないけど、アツアツなんですよ! この鍋だって旭川産。地産地消どころか、道具まで地元というのに驚きました。

R0015065

ラーメンも、寒い冬の時期にはサイコーですよね。旭川ラーメンが有名になり、こってり醤油のイメージがあると思いますが、地元の人たちが好きで通ってるラーメン屋さんを知ってますか? 今回は聞き込みをして(笑)地元率の高いお店を取材しました。

R0015068

冬の、寒さがすごい時期にしかつくれないアイスワイン外国の高級なものしか知りませんでしたが、厳寒のこのエリアだからこそ、の北海道のアイスワインもありました。(希少なので売り切れてるかも……)

詳しくは特集をご覧ください! そもそも編集長がロケハンってあまりやらないので、覆面でひっそり行ったお店やスタッフのリサーチのたまもので編集しました。

↓こちらは、こぼれ話。

ロケハンのあとでスタッフやライターさんに取材を申し込んでもらう際、残念ながら取材NGだったところもありました。地元の人だけに味わってもらいたいから、とひっそり営業しているところもあります。「そういうところにスポットを当てたい!」というのが本企画の狙いなので、残念なんですが。

あつあつの鴨せいろ。実直なおそばの仕事。素敵な一軒家にありました。

R0015093

↓こちらはタイ焼きにハムとマヨネーズが入っていて、富良野好きなら知ってるかもしれませんね。

R0015077 

グルメばかりではありません。

もちろん、ドラマ「北の国から」の舞台となったこの地は、風景にも美しい魅力があります。

花や畑の美しさではなく、雪と、樹形と、小さな一軒家がおりなす、静かな中の美しい風景。ぜひ訪れてみてください。

外は静かですが、ドアの中はあたたかく、迎える人のやさしさで心もほっこりしますよ。そういうのがじーんとくるのも冬ならでは。

ぜひ、全国の書店でお求めください。お近くのどの書店でも注文できますよ

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »