2018年2月16日 (金)

北海道のワインとチーズと笑顔に出会った夜

昨夜、2018年2月15日にホテルロイトン札幌にて、
毎年恒例の「北を拓く道産ワインの夕べwineが行なわれました。
 
「北海道生活」がスタートして十年余り、北海道産のワイナリーを
折につけ取材してきましたが、ワイナリーはどんどん北海道に増えており、
また、全国や世界でも認められるクオリティの高いワインも登場するように。
 
11月28日に発売された「北海道生活」でも
最新の道産ワイナリーをいくつか取材させていただいています。
 
その中の一軒、仁木町にできた「Niki Hills」では、
取材時にお会いできなかった醸造家の麿さんに会えました。
 
1518735658364.jpg 1518735657532.jpg  
 
できたばかりのワイナリーから生まれた「はつゆき」も
さっそくコンクールで受賞するなど注目度が高く、
会場でも試飲に行列ができていました。 
 
ワイナリーの取材というのは、ワイン造りまっさかりの忙しいさなかなので
真剣勝負にお邪魔するようなものです。
 
でもここでは、取材したワイナリーの人の笑顔に出会えます。それが楽しみなのです。
「OSA WINERY」の長さん。
 
1518735654874.jpg
 
「千歳ワイナリー」の黒須さん。
 
1518735661842.jpg
「奥尻ワイナリー」の菅川さん。いつの間にかトレードマークの眼鏡からイメチェンしてました。
 
1518735662513.jpg
場内は、北海道各地のワイナリーのワインを試飲できるだけでなく、
近年ではチーズ工房もブースを出しているので
チーズをつまみながらワインをいただくことができます。
 
「ノースプレインファーム」の吉田さんと、「藤野ワイナリー」の(憧れの)伊與田さん姉妹。
 
1518735660087.jpg
 
毎年この笑顔に会えるのが楽しみで、足を運び続けています。
 
取材は一度か二度しかできませんが、北海道各地のワイナリーやチーズ工房の人たちと一堂にお会いできる機会、どうぞ今年も、いいワインとチーズを楽しみにしていますhappy01

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

 

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2018年2月 8日 (木)

十勝の温泉で、チーズを作ってみた。

十勝川温泉は「美人の湯」ともいわれるモール温泉(北海道遺産に認定されてますね)ですが、この温泉地に一昨年オープンした「ガーデンスパ十勝川温泉spaに行ってきました!

館内は水着ならぬ湯着を着て老若男女とわず一緒に入れるスパspaがあります。

1518079484918.jpg

写真の右端にあるのが、湯着です↑

温泉をたっぷり満喫したら、ランチをしたり、おみやげを買ったり、さらにホットヨガやさまざまな体験を楽しめるんです。

今回体験してみたのは、カッテージチーズ&パンケーキづくり。

1518074609528.jpg

材料は地元・十勝の「よつ葉乳業」の牛乳とパンケーキミックス、卵も地元産のいいものを使います。

まずは牛乳をあたためて、

1518074608859.jpg

60℃を超えたら火を止めます。

1518074608191.jpg

そこへ米酢を投入。

1518074607502.jpg

そうすると、あっというまに固まってきて、チーズのもととなるカードと、ホエー(乳清)に分かれます。

1518074606830.jpg

これをふきんでこして、

1518074606102.jpg

ぎゅーっとしぼります。

1518074604775.jpg

そうすると、このようにカッテージチーズができるんです。

1518074604047.jpg

しぼったあとのホエーは栄養のかたまりなので、捨てるのはもったいない! ということで、パンケーキに入れます。パンケーキミックスと卵に入れてまぜ、フライパンで焼くだけ。

1518074605420.jpg

これで、カッテージチーズとパンケーキのできあがり!所要時間40分です。

1518074602864.jpg

カッテージチーズとパンケーキは味をつけていないため、ジャムとはちみつを添えて。黒豆茶もサービスでつきました。

食べてみると、特に砂糖やバターなどを加えていないので、とてもあっさりとしていて、それでいて牛乳や卵が新鮮でいいものなので、控えめながらいい味をしています。

十勝川温泉は帯広駅から車で20分ほど。旅館やホテルでゆっくり過ごした後、お昼に遊べる場所として、この「ガーデンスパ十勝川温泉spa」はとても便利です。

ほかにも、やきたてのパンを出すベーカリー、ピッツア、豚丼などランチの店も充実しているので、気軽に立ち寄ってみてくださいね!happy01

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2018年2月 7日 (水)

「まめなマカロン」 本日2/7より発売

100年余の歴史ある老舗菓子店「ほんま」さんと、本場フランスで修業した人気パティシエ藤井俊輔さんがタッグを組んで開発した、新感覚テイストの

「まめなマカロン」

が本日より発売ということで、先ほど試食会に行ってきましたhappy01

_c1a3690

お味は、

「かぼちゃあんとオレンジ」、

「黒糖あんとライム」

「桜あんとグリオットチェリー」

「抹茶あんとゆず」

「メロンあんとグレープフルーツ」

という不思議な5種類・・。・。・。・。・。・・****

想像できるようなできないような…という感じですが、濃厚なあんと酸味のあるフルーツ合わさって、実際は想像を超えるような味わいが口の中に広がります。

「あんこってすごいなあ……」と思っちゃいますが、まさに

「あんこを甘く見ていた。」

というのが商品のキャッチフレーズになってまして、本当にその通りでした happy01

あんこは、豆の生産日本No.1の十勝産小豆100%。

可愛いけれどちょっと尖ったブランドロゴやイメージも新鮮です。

Ml_04

この「まめなマカロン」は、新ブランド「まめなスイーツLabo」の第一弾商品。

「まめなスイーツLabo」は、月寒あんぱん本舗を運営する老舗の「株式会社ほんま」さんと、新しい北海道を研究する「新どさんこ研究所」(北海道博報堂 内)が立ち上げたブランド。

古いもの&新しいもの、和菓子&洋菓子、など様々なコラボによる化学変化で、今までになかったような攻めたスイーツが出来上がっています。

発売は、ECサイトは本日7日から。実店舗では15日より発売開始です。

オンラインショッピング&さらに詳細は

↓  ↓  ↓

https://honma.ocnk.net/

おみやげにもぜひ。

(kana)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

渡辺肇之さん写真展 @旭川

旭川市中央図書館の2階ミニギャラリーにて、旭川在住のカメラマン渡辺肇之さんの写真展を開催中です。

渡辺さんといえば、燻製をつくるのと、プリンをつくるのがめちゃくちゃ上手な、ちょっとだけ卓球選手の張本君に似ていることが私の中で噂のカメラマンさんです。

ふだんは取材や広告用の写真でリクエスト通り、いやそれ以上の写真を撮ってくれるんですが、ライフワークの写真はそうした写真とは一味ちがって、とってもポエティックheart04な内面が垣間見られますlovely

012_a4_2

~27日(火)までですのでお近くの方はぜひお立ち寄りください。

心が静かに洗われていくような...素敵なひとときが過ごせるはずです(^^)

会場 旭川市中央図書館2階ミニギャラリー...
会期 2/1(木)~27(火)
休館日 2月5.12.19.26の各月曜
開催時間 火曜~金曜9:30~19:00、
     土・日・祝9:30~18:00
主催 旭川中央図書館

(kana)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 『松浦武四郎とドサンコ出版社』開催中

2月3日~15日、紀伊国屋書店 札幌本店 2Fギャラリースペースにて、松浦武四郎による北海道命名150年を記念した展示会を開催中です。

探検家であり、出版活動にも力を入れていた松浦武四郎の功績を振り返り、北海道に関連する様々な書籍を展示中です!

日時:2/3(土)~15(木) 10:00-19:00 ※最終日は18:00まで
※入場無料

0001_2

<今後のイベント>
2/10 『トークセッション・松浦武四郎とドサンコ出版社』

・モデレーター
 小磯修二氏(一般社団法人 地域研究工房 代表理事)
 
・ゲストスピーカー
 野澤緯三男氏(有限会社北海道出版企画センター 代表取締役)
 熊谷純二氏(株式会社北海道新聞社 事業局 出版センター長)
 和田由美氏(株式会社亜璃西社 代表取締役)
 
日時:2/10(土) 14:00-15:30(予定)
会場:紀伊国屋書店 札幌本店 1Fインナーガーデン
※定員70名(無料)

『北海道生活』も展示されています。

Img_3073

Img_3077

Img_3076


(kana)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

熊とニアミス?

現在発売中の『北海道生活』は“ディスカバー北海道”をテーマに、北海道の中でもあまり知られていない風景やエピソードをご紹介しております。

なかでも、今回は秘境的なスポットにも行くということで、一番の心配はやっぱり……熊coldsweats01

撮影予定場所は熊注意報が出ている所ばかり。万一の事態に備え、熊撃退スプレーを用意し、最近弱ってきている足腰に鞭打って撮影を敢行しました。

Photo 

えりも町の豊似湖は私も大好きな秘境スポットの一つですが、2007年にはこの近くで国内最大級の超巨大ヒグマが捕まっていますeye

1

まさに秘湖、といったイメージの豊似湖。

2

湖というより、この湖を取り囲む原生林の幹に熊の爪あとがあったりします。一人でぶらっと来るのは怖いですが、今回はここいらの熊の生態に詳しい地元カメラマンが一緒なので安心です。

Img_2679

素敵すぎる写真を撮ってくれる地元カメラマン

豊似湖の撮影も終わり、近くの峠をさしかかったときのこと、道路にちぎれたシカの足が落ちてました。

Photo_2

この辺で熊にやられたんだな~と思っていると、数分先にこんどは熊の落し物が!

1_2

明らかに熊さんがうろついてます。一瞬やばいと思いましたが、突いてみるとカラッカラに乾いており、もうこの辺りにはいないだろうということで、カメラマンさんがおもむろにフンの分析を始めました。

3

解体してみると、白くて固い、おそらくくだけた鹿の骨が出てきました。地元カメラマンによると熊のフンはほとんどが食物繊維で、骨が出てくることは案外珍しいことのようです。

今回、なんとか、熊にトウガラシスプレーを吹き付ける目には合いませんでしたが、秘境撮影はもうしばらくいいやcoldsweats01 と密かに思っている今日この頃です。

(kana)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

本日発売!北海道150年記念特集&新千歳空港・札幌特集

本日1月27日(土)は「北海道生活」の発売日です!shine

※北海道は1月30日(火)ごろとなります

表紙はコチラ↓

Hlvol_63_cover_b_250x320

巻頭特集 【北海道150年】ディスカバー北海道flair

2018年は、この地が「北海道」と名づけられて150年という節目なのです。

そこで、まずは北海道の歴史を「ディスカバー(発見)」に行きました。

身近なところにあるんですよ、ここは私の働いているビルですが、窓から見えるのは時計台

1517098373522.jpg

「時計台のこと、知っていますか?」――というわけで、おなじみの時計台から、意外な発見がありました。

1517112957316.jpg

そのほか、取材が大変だったのは北海道の秘境を「ディスカバー」しに行ったとき。

決してアウトドア派とはいえない私とスタッフが2名で北海道のあちこちを取材、というより、まさに探検でした!

↓こちらは、なんと北海道にあった「青の洞窟」。

1517098372976.jpg

ここにくれば、イタリアのナポリ(本場の青の洞窟)まで行かなくていいんだ!と感動いたしました。カメラマンは小船が揺れる中、必死ですcoldsweats01

↓これは、山の中を分け入って、やっと見つけた仏像のいる洞窟

1517098371844.jpg

一緒に行ったガイドさんも初めてで、見つけた瞬間、「やったー!」と感激いたしました。(ここへの行き方も載せていますよ)

↓このガイドさんが教えてくれた、秘密の絶景ポイントcamera

1517098371301.jpg

洞爺湖がこんなところから見えるとは! 

実はここは、とある崖の上。私の体は恐怖のあまりガクガク……bearing

さらに上をよじのぼっていったカメラマンを見ながら「これ以上ムリ!」と断念しました。カメラマンが撮ってくれた写真はぜひ、本誌で。

秘境だけではなくて、「秘湯」も取材しました。ほとんど海ですが、これも温泉。

1517118143456.jpg
 
「水曜どうでしょう」で大泉洋さんが入ったときは悲惨な天気でしたが、良い天気で撮影ができました。

そんなわけで、たくさんの「発見」ができた北海道。

この一年たっぷり遊べますので、ぜひご覧ください。

そして、毎年恒例の「新千歳空港特集airplane「冬の札幌・小樽特集snowも載っていますよ。私も久しぶりに取材に出かけました。

新千歳空港、いつのまにか、いろいろ変わっていてびっくり!happy02

↓こちらは、きれいなフラワーボールのオブジェで、インスタポイントcamera として隠れた名所なんですよ

1517098370095.jpg

さらに、ゲートラウンジ(搭乗待合室)に入ってみると、そこには新しいお店がいろいろとオープン!

↓ここは、有名ショコラティエでいただいた、ショコラオレ。

1517098370733.jpg

何層にも分かれたこちらをかき混ぜて飲みます。

そのほか、ここには書ききれないくらい新情報が満載の新千歳空港だったのでした。本誌でじっくりお読みください。

そして札幌特集では、新しい美食のお店や、久しぶりに取材に行った店など、「これはすごい!coldsweats02」という美食のお店をご紹介していますよ♪

もうすぐ札幌では雪まつりが始まり、飛行機で北海道にいらっしゃる人のために、春休みまで長く使える特集になっています。

新千歳空港へ、札幌・小樽へ、そしてさらにディープな秘境へ……たっぷり楽しんでいただける「北海道生活」をぜひご覧ください!

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2018年1月12日 (金)

【さらに続】2泊3日!北海道で暮らしてみよう(リポート後篇)

さらに、前回のブログのつづきです。

南幌町&栗山町の移住体験ツアーの二日目。

まずは南幌町からバスで栗山町へ移動しました。

栗山町といえば有名人が移住しているんですよ。それも、北海道日本ハムファイターズの栗山監督。同じ名前ということでのご縁なんです!(取材したい……と願っている日々)

この栗山監督も初詣にいらっしゃるという栗山天満宮へ。

Img_0474_320x213

こちらの宮司さんも、栗山町に移住した方なんです。宮司さんの目から見た栗山町という話も面白かったですよ。

Img_0481_320x213

そして栗山町は、その名にちなんで「クリエイトする町」を掲げており、こちらには新しい施設がオープンしていました。

Img_0461_320x213

「KURIYAMA CREATOR'S MARKET(くりやまクリエイターズマーケット)」といって、作家さんが手作りの雑貨を展示販売していたり、アロマ体験できたり、子供を遊ばせたり、若いママも楽しめる一軒となっています。

そして、こちらも子育て世代には参考になります保育園の見学へ。


Img_0500_320x213

途中で見学している子どもと見学されている子どもがごっちゃになるくらい、わいわい盛り上がっておりました。

Img_0511_320x213

町の説明会を兼ねた夜の懇親会は、「雨煙別(うえんべつ)小学校 コカ・コーラ環境ハウス」にて。

Img_0532_213x320

手づくりのおもてなしは、ジンギスカンや焼きそばなどブッフェ形式で。子どもたちもテンションMAXで盛り上がりました。

Img_0538_320x213

さらに、栗山町の老舗「小林酒造」から提供された地酒も提供。これは私がテンションMAX!(笑)

ここにも移住してきた方々が集まり、参加者のみなさんとお話ができました。

この「雨煙別小学校 コカ・コーラ環境ハウス」は廃校を利用した素敵な施設なので、ぜひ訪れてみてください。

終了後は南幌温泉パラダイスヒルズにて一泊し、翌日はみんなで移住体験住宅へ。

Img_0545_320x213

そして子育て支援センター「スキップ」では、地元の子供たちと遊ぶ参加者のお子さんたち。大人はじっくりと町の話を聞いて、その間に子供が遊べるというのはいいですね。

Img_0564_320x213

栗山町にできた「値ごろ市」では地元の野菜をお買いもの。本州から来た方は買うのかな?と思いきや、どんどん買っていらっしゃいました。

Img_0548_320x213

栗山といえば「さらさらレッド」というブランド玉ねぎが一躍有名になりましたが、今あたらしく注目されているのが「スマイルボール」という辛くない玉ねぎ。私もさっそく買ってみました!

Img_0552_213x320

真冬で初めてのまちをバスで回るのはラクチンなのですが、今回は参加者の皆さんに地図が配られて自由見学もありました。

Img_0567_320x213

寒いのに大丈夫かなと思いきや、「意外と寒くない!」とみなさん三日間ですっかり慣れた様子で出発。

Img_0570_320x213

こちらも地元のスーパー「ラッキー」などで買い物を楽しむ姿が見られました。


Img_0572_320x213

集合場所はアンテナショップの「まちの駅 栗夢プラザ」で。

Img_0576_320x213

あ!栗山監督!

この栗山町で有名なのは監督はもちろん、「北海道生活」でもご紹介した谷田製菓と、銘酒の小林酒造なんですが、この小林酒造の酒蔵にて最後のランチ。

Img_0579_320x213

名物「くりやまコロッケ」とメンチカツの定食でボリュームも満点!

栗山町を出発してバスは新千歳空港で解散。ここから帰る人、新千歳空港内で遊んでいく人、札幌に行ってもう一泊楽しむ人、とそれぞれプラスして楽しまれているようでした。

さて、次の移住体験ツアーは、2018年3月2日~4日に実施します。

Hlmsoratown_504x640_4

こちらも子育て世代向けのツアーで、南幌・栗山・長沼・由仁の4町のうち、長沼町&由仁町を2泊3日でまわる移住体験。

南空知は各町に温泉があるのも魅力なので、長沼と由仁も温泉で泊まれますよ~spa

「hl.M.Sora2town.pdf」をダウンロード

申込みは、お早目に!happy01

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

【続】2泊3日!北海道で暮らしてみよう(リポート前篇)

前回のブログのつづきです。

2018年3月2日~4日に実施される南空知の移住体験モニターツアーは、空知地方の南にある南幌・栗山・長沼・由仁の4町のうち、長沼町&由仁町を2泊3日でまわる移住体験。

すでに南幌町&栗山町のツアーは昨年行なわれており、私も同行して取材したので一部をご紹介します。

まずは南幌町から。

Img_0275_213x320

バスターミナルのある「なんぽろふるさと物産館ビューロー」は、物産を販売したり、展望台があったりと、ランドマーク的な存在です。

Img_0288_320x213

展望台から見る町の全景をみると、とてもコンパクトで、かわいい一軒家も多くみえます。ここで、南幌町の担当者が、参加者の方々にまちの説明をしてくれます。

まちのスーパーへご案内。

Img_0305_320x213

道外からいらっしゃる方は、スーパーで売られているものでも珍しいものが多いので、けっこう楽しみながら見学と買い物をされていました。

Img_0308_320x213

このツアーは子育て世代の人たち向けなので、幼稚園・保育園や小学校も見学できます

Img_0297_320x213

小学校ではパソコンの研修室もあり、今どきの小学校ってすごいんだな……と時代を感じました。

Img_0336_320x213

生涯学習センターぽろろでは、図書室も充実。DVDの閲覧もできます。

Img_0352_320x213

休憩は、南幌に移住してきた方が経営しているカフェ「来未(くるみ)」で。お子様には特製パンケーキをサービス。

Img_0314_320x213

福島から移住してきた片山さん。カフェを開くまでのお話や、南幌町に住んでみての感想などを話してくれるので、とても参考になります。

Img_0320_320x213

ツアーは単なる見学ではなく、移住者の方々や役場の担当者にざっくばらんに話を聞けるので、よりリアルに暮らす意識が高まります。

宿泊は「なんぽろ温泉ハート&ハート」で、懇親会もなごやかに行なわれました。

Img_0413_320x213

新千歳空港から近いせいか、新鮮な野菜はもちろん魚介も豊富で、ごちそうが並びます。

Img_0406_320x213

お子さんには特製の定食が。しかも年齢によって2種類もつくられていました。料理長もいろいろ考えていただいたんですねー。

Img_0379_320x213

翌日はバスで隣の町へ。すっかり打ち解けたみなさんと語らいながら出発。

Img_0415_320x213

「南幌はスーパーがひとつしかない」と初日に説明されましたが、コンビニもドラッグストアもあり、すぐ隣には大きなまちがあって、イオンもツタヤもマクドナルドも何でもあります。

毎日行くわけではないから、南幌は静かでちょうどいいな、と思いました。

そして、移住体験住宅へ。冬は移住体験したい方は無料で住むことができます。

Img_0444_320x213

一軒家なので、お子さんたちはテンションあがりまくり。わいわい走り回っても近所迷惑じゃありません。

Img_0436_320x213

あ、居間に「北海道生活」が!ありがとうございます!!

Img_0428_320x213

南幌町の最後は「すしはんガーデン」、参加者のみなさんでランチ会。

おとなには豪華な海鮮丼。

Img_0452_320x213

そして、お子さんには、これもかわいいランチが用意されていました。

Img_0449_320x213

南幌町はちいさな町だけどコンパクトで、必要なものはある。

新千歳空港からも近くて、いつでも飛行機で行き来ができる。

そして、静かで人が優しいなあ~と思いましたhappy01

では、このあとは栗山町へ移動ということで、次のブログへつづく。

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

無料で2泊3日移住体験!北海道で暮らしてみよう

日本全国、ただいま真冬で大変な時期ですね。

「北海道で暮らしてみたい……けど、こんな冬が心配」という方、当然のご心配だと思います。

私も石川県の出身で、故郷より北国で暮らして大丈夫か?coldsweats02と不安でした。なのに、住んでみたら全然よかったんです!happy02 (むしろ雪の少ない地方のほうが大変!)

というわけで、「北海道生活」では、

☆2泊3日で、ちょっとだけ暮らしが見える

☆観光地じゃない普通のまちに行ける

☆真冬だからこそ本当の暮らしがわかる

という移住のモニターツアーをこの冬、実施しています。

本格移住をしたい方以外にも、仕事転職をしたい、子供の健康のために田舎に引っ越したい、自分を変えたい、などいろいろ考えている方にもおすすめです。

二つのツアーがあり、一つ目は無料、二つ目は一部負担となります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

【その1】 せたな町

※こちら〆切りました

●せたな町 就業〈介護・医療〉体験ツアー(2018年1月まで)new

ご希望の2泊3日を選んでいただき、働いてみながら暮らしてみるツアー。

ツアー代金は無料です。(詳細は下記)

Setanaa4kaigo_452x640


交通費(往復航空券とレンタカー代)と宿泊は無料で、家族やグループでの参加(4名まで)もOK。働く体験のほか、せたな町の観光を楽しんだり、希望の場所に足を延ばしたい方はアレンジも可能です。

昨年から募集しており〈農業〉の方は定員に達しましたが、〈介護・医療〉はまだ参加OKです。介護については資格不要なので、新しい仕事を探す人もぜひチャレンジしてみてください。

詳しい資料(PDF)はこちら↓

「SetanaA4.Kaigo.pdf」をダウンロード

問い合わせ先: ☎011-223-7710 (えんれいしゃ:土日祝休)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

【その2】 長沼町&由仁町

南そらち移住体験ツアー(2018年3月2日~4日)new

期間限定で、上記の2泊3日間を長沼町・由仁町それぞれに泊まりながら、町の案内をしてもらいます。家族やグループでの参加もOKです。

Hlmsoratown_504x640


新千歳空港までの航空券はご自身の負担となりますが、空港からバスでまわって二つのまちを泊まり2泊3日でたったの5,000円。

「hl.M.Sora2town.pdf」をダウンロード

詳しい資料(PDF)はこちら↓

問い合わせ先: ☎011-221-0912 (シィービーツアーズ:土曜14:00~/日祝休)

南空知とは、空知地方の南側にある南幌・栗山・長沼・由仁の4町なのですが、すでに南幌町&栗山町のツアーは終了しているので、その時の模様を次のブログにてご紹介します。

次のブログにつづく。

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

北海道生活がランキングに参加→1クリックの応援お願いします 人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

«北海道のおせちで金沢のお正月