« 【NEW OPEN】A.P.C.札幌店 | トップページ | 【オススメ】しっかり潤う化粧水 »

2015年9月10日 (木)

「フランスレストランウィーク2015」プレス発表会

9月26日(土)から10月11日(日)に全国で行なわれるイベント「フランスレストランウィーク2015」の開催に向けて、
円山にあるフレンチレストラン「ル・ミュゼ」さんでプレス発表会が行なわれましたsign01

ちなみに「フランスレストランウィーク」とは……
全国にある参加フレンチレストランで、ランチ2,215円、ディナー5,000円の限定コースメニューを出してくれるという夢のような企画happy01heart02

コース内容はもちろんお店によって違いますが、
前菜・メイン・デザート・食後のドリンクで構成され、税やサービス料は込みsign01
フランス料理の良さを知ってもらうため、それぞれのお店が努力に努力を重ねて作り上げたコースになっています。

2015年のテーマは「グランシェフのOSUMITSUKI」ということで、
北海道のグランシェフ・「モリエール」の中道シェフOSUMITSUKIshineのシェフを紹介。
左から、今回のお料理を出してくれる「ル・ミュゼ」の石井シェフ、「バンケット」の若杉シェフ、中道シェフ、「ラ・ブランシュール」の中本シェフ、「アキ・ナガオ」の長尾シェフです。今回、もう1人のOSUMITSUKIシェフである「レストラン ミヤヴィ」の横須賀シェフは欠席でした。

Photo_2

皆さん、この「フランスレストランウィーク2015」を、フランス料理について知ってもらうきっかけにしてほしいとそれぞれの想いを語ってくださいました。

さて、いよいよお料理です。
石井シェフは唯一の趣味であるきのこ狩りに毎日出かけているそうで、今回はきのこを中心に、秋の色合いmapleでコースをまとめてくれました。

最初に登場したのは、タマゴダケを使って森を表現したサブレ。
か…かわいい……。食べてしまうのがもったいなかったcoldsweats01

1


次は「神秘」を表現したお料理。

21

凍りついた海に見立てた昆布だしのスープのなかから、蝦夷アワビがsign01
口の中に磯の香りが広がって、海を飲んでいるみたいでした。

22

次は「大地」をテーマに蝦夷鹿。
3

「海」―真鱈や甲殻類のエッセンスにキノコも加えた、森のトムヤムクン。
4_2

「日差し」―黄色いトマトとキュウリで作ったガスパチョ。
52

「泉」。
こちらついついお肉に目が行きますが……主役はきのこ!
生態系の中で分解者の役割を持つきのこの力で、生き物が土に返る様子を表現しています。
6

残念ながら、私がいただけたのはここまで。
取材の予定が入っていたため、最後のデザートは楽しめませんでした。

7

最後もきのこで締めくくりだったようですね。

今回のコースは全体で「生態系自然観」がテーマになっていたのですが、気がつきましたか?

味を楽しむだけではなく、そのお料理が何を表現しているのか考えながら頂くというのが新鮮でした。
胃に重くてルールに細かくてなんだか面倒くさいフレンチは過去のもの。

「フランスレストランウィーク2015」でもっとフレンチを楽しんでくださいねhappy01

来週9月16日(水)10:00から予約スタートですsign03

(編集HS)

編集部ブログがランキングに参加中。→ポチっと応援お願いします

人気ブログランキングへ

|

« 【NEW OPEN】A.P.C.札幌店 | トップページ | 【オススメ】しっかり潤う化粧水 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538107/62254513

この記事へのトラックバック一覧です: 「フランスレストランウィーク2015」プレス発表会:

« 【NEW OPEN】A.P.C.札幌店 | トップページ | 【オススメ】しっかり潤う化粧水 »