« サツコレオーディションに潜入! | トップページ | 「poroco」4月号のお店より »

2013年3月25日 (月)

小樽で洋食ディナー

札幌からちょいとプチ旅行できる、小樽。ドライブで日帰りの人も多いですが、私は1泊してのんびりするのが好きで、2日間でも休みがあると、小樽でリフレッシュしてきます。

思い立ってホテルをネットで探したらほとんどいっぱい。「越中屋旅館」というところを見つけて予約しました。

R0022694

こちら、創業明治10年という屯田兵の時代からつづく老舗宿だったと知りました。といっても敷居は高くなく、簡素なこぢんまりとした宿でした。

今は若いご主人が後を継いでいるのですが、
「小樽=すし、など和食のイメージがつよいけど、実は洋食の美味しい店もあるので紹介したい」という意気込みから、向かいにある小さなビストロと提携したプランを用意していました。

「poroco」11月号にも掲載された「ビストロ・ブランシュ」にて小樽ディナーを満喫。

R0022686

白ワインを1本オーダーして、まずは、ボリューム満点のお肉とフォアグラのパテから。

R0022691

これぞ小樽!地元で獲れたカスベのムニエル。本州だと舌平目のムニエルとか白身魚でおなじみですが、カスベのムニエルは、エイヒレの軟骨がコリコリとして美味しかった。これも地元産の大きなアサリがゴロゴロ入って、けっこうボリューミイです。

R0022693

最後はカタラーナで〆。

そして食後は「屋台村レンガ横丁」に……繰り出す予定が、おなかいっぱいになってしまいました!

小樽のビストロでディナーとワイン、なかなかよかったですよ~happy01

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

編集部ブログがランキングに参加中。→ポチっと応援お願いします 人気ブログランキングへ

|

« サツコレオーディションに潜入! | トップページ | 「poroco」4月号のお店より »

旅行・レジャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サツコレオーディションに潜入! | トップページ | 「poroco」4月号のお店より »