« 今年のシュトーレン | トップページ | コーヒーの芳しい香り »

2012年12月 4日 (火)

北海道フルコース in ホテルオークラ

ただいま発売中の「poroco」12月号P77に載っているニュースですが、今年は別々のお店のシェフがコラボするイベントが多かったですね~restaurant

というわけで、行ってまいりました、ホッカイドウフルコース。

「HOKKAIDO FULL COURSE  -the autumn supreme-」

これは、札幌の人気店のシェフ5人が道産食材を使って一皿ずつ作ってフルコースをつくるイベント。その5人はこちら!(ポーズを撮ってもらいました……かっこいいしょhappy01

R0022524右から、

道産食材で芸術的なイタリアンを作る「oggi」高尾 僚将さん

リーダー的存在、北海道イタリアンの先駆け「テルツィーナ」堀川 秀樹さん

スイーツ界で新風を巻き起こした「JEUNESSE」若山 一哉さん

陰陽五行×北海道の四季で中華を手がける「季璃香」石井登さん

そして、パリ出店のため旅立った「TAKU」渡邉 卓也さんに代わり、「TAKU円山」和田 勇人さん

2月に第1回、8月に第2回、ということで今回は12月で3回目。

R0022485

場所はホテルオークラ札幌で、特別ゲストとして、総料理長・藤間高志さんが登場! 最初の一品をつくります。

R0022486

ゆったりとしたホテルらしい落ち着きの空間では、まるで「料理の鉄人(あ、「アイアンシェフ」ですね、今はcoldsweats01)」のように料理の実況中継が。

R0022490

その最初の一皿はフレンチ、総料理長・藤間高志さんによる、広尾産秋サケ“広輝”のミ・キュイ生姜風味の茄子のコンポート 平取産椎茸のクロッカン添え

R0022492

秋鮭のむっちりしたコクのある味わいと、厚みのある椎茸が食べごたえあります。

スープは、「季璃香」石井シェフによる、金・銀 扇貝の湯

R0022496

毎回、石井さんの料理と言うのはどこか驚かされるんですが、「北海道のホタテって世界一旨いんだぞ」というのが、上品にまとめられて、やっぱり美味しいなあって思いました。

パスタは、「oggi」高尾シェフによる、蝦夷鹿スネ肉と十勝産マッシュルームのラグー“ビーゴリ”

R0022506

このパスタを見れば、ご存知の方は、あ!高尾さんのパスタだってわかっちゃいますね。エゾシカと十勝マッシュ、まちがいない。

小鉢は、「TAKU」系列の「TAKU円山」和田 勇人さんによる、十勝産長芋の葛饅頭と道産 鮑の柔らか煮

R0022508

このイベントで、ひと皿だけ和食で合うの?と思う方もいるかもしれませんが、それが合うのです。このあたりでは、ビール→白ワインにすすんでいたのですが、ワインにもぴったり。

メインは、「テルツィーナ」堀川シェフによる、道産黒毛和牛A5ランクのタリアータ 伊勢ファーム江丹別ブルーチーズと山わさびのソース

R0022518

はい、この前のブログで書いちゃいましたね、江丹別のブルーチーズ。北海道の美味しいビーフに付けていただくとたまりません。左に添えられているのは、堀川さんがハマっているという「焼きリゾット」です。(こちらも12月号P63で紹介)

しめくくりのデザートは「JEUNESSE」若山さんによる、北海道・秋の収穫祭 “タタン風 wakayama style”

R0022521

つぶつぶは、カボチャのアイスの粒。毎度毎度、どこからアイディアが出てくるんだろうと感心いたします。

日ごろはそれぞれのお店で自身の料理を手がける人気シェフたち。この日だけは、特別にひと皿ずつ、ご自分の役割の料理を出しながらも、個性が光ります。

こちらのフルコース、飲みものがフリーで1人12,600円。おなかいっぱい食べて、飲んで、まさに食欲の秋を贅沢に謳歌してしまいました。

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

編集部ブログがランキングに参加中。→ポチっと応援お願いします 人気ブログランキングへ

|

« 今年のシュトーレン | トップページ | コーヒーの芳しい香り »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年のシュトーレン | トップページ | コーヒーの芳しい香り »