« 読者モニター募集開始! | トップページ | 7月号シネマページより »

2011年7月 3日 (日)

アスパラ美食フルコースの夜

6月いっぱいまで宮の森の有名フレンチ「ル・ミュゼ」でおこなっていたホワイトアスパラのフルコースに「poroco」のスタッフと行ってきました!restaurant

【ホワイト・アスパラフェアー】&【ルイ・ロデレール・フリーフロー】
札幌の高級フレンチレストランのホワイトアスパラのフルコースと、シャンパンのフリーフロー(お代わり自由!)が破格のお値段。

追分産の極上のホワイトアスパラを使ったフルコース 5,250円
http://www.musee-co.com/contents/11.06.tra.html

名門シャンパン・メゾン【ルイ・ロデレール】のフリーフロー(お代わり自由heart04)は3,500円!

R0016333_2

このシャンパンは、泡系に詳しいフクちゃんによると、「ロシア皇帝がつくらせた由緒あるシャンパンで、ボトルで買っても5~6000円くらいのはずhappy02」」と大絶賛。このシャンパンに合わせたホワイトアスパラのフルコースって……気分はあがります!upupup

R0016330

まずアミューズは、ホワイトアスパラの冷製スープに、手前の球体は、ホワイトアスパラとウニのムース。口の中ではじけた瞬間の感動といったら! ぷちん、ほわ~んと口の中で広がったところへ、シャンパンをくいっ。ああ、おいしい……happy02

R0016336

お次に驚かされたのは、ホワイトアスパラとベーコン、半熟玉子の黄金の取り合わせに、上にカリカリのチーズと、間にバニラアイス。その触感の変化と、味わいの変化、温度の変化に脱帽です。石井シェフの料理は、こういう遊び心、サプライズが楽しいんですね。

R0016340

お魚はグリーンアスパラを使った一皿となりました。白身と貝なので、グリーンが映えますね。ソイとホタテ下にグリーンアスパラ、上には生のアスパラをスライスしています。こちらも、火を通したアスパラと生のアスパラの触感の違い、ソイの皮のパリパリ感、美味しいという以上になんといったらいいんでしょう!lovely

R0016345

お肉は子牛とホワイトアスパラのロティ。大地の土に見立てたあしらいや、紫のハーブ、石井シェフのアートな感覚が光ります。

R0016348

デザートには、とろとろでビターな大人のプリンに、アスパラのカタラーナ(焼きプリン)。最後に軽く、しかもちゃんとアスパラでしめているところがうれしい。

R0016352R0016354

最後にセレクトできるお茶に、黒豆茶があったので、頼んでしまいました。香ばしいかおりがたまりませんでした。

R0016356

北海道のアスパラが美味しい」ということは何度も書いていますが、こうして一流のシェフの腕にかかると、その美味しさの可能性は無限大に広がり、とにかく、感動ばかり。

至福とはこのことでございました。

お腹も心も大満足、って雑誌ではよく表現していても、自分自身が味わうこの気持ちは筆舌に尽くしがたい。呑み助の私の定番「もう一軒行こう」なんて思えなくて、この幸福の気持ちを心にしまい家に帰ってしまいましたheart04confident

このフルコースとフリーフロー、お店をリニューアルした特別企画なんです。新しくなったお店は、テラスも生かした純白のとっても素敵な一軒家で、開放的な感じもありながら、隠れ家的な造りもあったり。

とっても素敵でした!shine

私がいただいた「ル・ミュゼ」フルコース、少しアレンジをして、7月もいただけるそうですよ。アスパラの旬はもうすぐ終わり、今のうちに味わいたい美味です!

(編集長)http://twitter.com/yukikoyagi/

編集部ブログがランキングに参加中。→人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

|

« 読者モニター募集開始! | トップページ | 7月号シネマページより »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 読者モニター募集開始! | トップページ | 7月号シネマページより »