« 道東出張・ツブ編 | トップページ | 映画「すべては海になる」特別上映会が開催 »

2010年4月11日 (日)

道東出張・トリ編

北海道では鳥の唐揚げのことを「ザンギ」っていいますよね。北海道に来た頃はカルチャーショックでしたが、「ザンギ」は釧路が発祥と言われているそうです。(諸説あり)

で、そのルーツと言われている、釧路の「鳥松」

100406_191521

昭和35年に中国料理の鳥の唐揚げ「ザーギー」を出したのが始まりだそうです。

「ザンギ」は「骨つき」と「骨なし」があって、カウンターのみの狭い店内は、食べる人、飲む人、そして買いに来る人でいっぱい。「ザンギ」のほかにモツ煮やモツ炒めなどもあり、生ビールがすすみます♪

100406_192538  

「ザンタレ」なるタレをかけていただくのが釧路流だとか。初めての「ザンタレ」はスパイシーなウスターソースのような味で、この他コショウをかけてもなかなかいけました。

100406_194731

ザンギ、モツ煮、モツ炒めにビールとおなかいっぱいで、ワリカンにしても、一人2,000円弱。安い!

そして翌日、帯広で行ったのは……。帯広では誰もが知る焼鳥チェーン「鳥せい」

R0013816

私は帯広はけっこう行っているのですが、一度も行ったことがなかったので楽しみでした。地元の人は、わざわざ行くようなとこじゃなくて、ふだん行くとこだ(買いに行って家で食べる人も多い)と笑ってましたが。

ここでは、「ザンギ」ではなく、「から揚げ」というメニューです。半身をぶつ切りにした豪快な唐揚げ。とてもジューシー! これで840円。

R0013818

合わせて「炭火焼き」も人気メニューだそうです。こちらも840円。

R0013822

その他焼き鳥各種、精肉、レバー、砂肝、ハツなどなどの焼鳥メニューもわいわい頼みまして、生ビールなど焼酎のボトルまで頼んで、(酒の強い人が多かった……)一人3,000円くらい。なるほど、お財布にもやさしい!

釧路、帯広と二日続けて、唐揚げを食べることになってしまいましたが、それぞれ地元の人が晩御飯に買いに来るようなソウルフード。それぞれの美味しさは甲乙つけがたい!

それより、太りすぎに注意して揚げ物を避けていたのに、久しぶりに唐揚げを食べまくってしまったので、薄着の季節が今からおそろしい……coldsweats01

(編集長)

|

« 道東出張・ツブ編 | トップページ | 映画「すべては海になる」特別上映会が開催 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

取材・編集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538107/48056047

この記事へのトラックバック一覧です: 道東出張・トリ編 :

« 道東出張・ツブ編 | トップページ | 映画「すべては海になる」特別上映会が開催 »