« ☆男 CATCH UP 2010 その後2 | トップページ | ひな顔の感謝 »

2010年3月 3日 (水)

試食で美食を実食!

なんちゃって編集長です。

土日は「ゆうばりファンタスティック映画祭」に行き、大泉洋さんのインタビューへと駆けつけ、毎日毎日仕事をしている状態ですが、ほどよくガソリンbeerも入れながら走り続けています。

さて、このブログを見ている人はお気づきのことと思いますが、私の1ヶ月間の食事は、試食→通常食→粗食→美食……とメリハリのきいた日々を送っています。(「絶食」があれば少しはやせれるんだろうが……coldsweats01

試食というのはお仕事なわけで、タダでラッキー♪という単純なものではありません。頭を動かしながら、いろんなこと考えながら、試食してるんですよ。けっこう気も使います。

しかーし、先日、新しくオープンしたという鉄板焼のお店、ワインバー&スパークリングバー「お肉屋 源」のプレオープンにはびっくりいたしました。試食ではなく、フルコースの実食です!

こちらには店内もいろいろなスペースがあり、それぞれの空間を楽しみながらのフルコースです。

まず、窓際のテーブル席で、食前酒とアミューズ。

100222_20170700

それから、カウンターで、シャンパンをいただきながら……shine

100222_20320000

お料理を待つわけですが、後ろにあるのはオブジェではありません。生肉です!

100222_20324300

まずは、料理人さんが趣向を凝らした前菜、そして魚料理が出てきます。盛りつけもきれいで、美味で、単に鉄板焼屋さんじゃないな~と納得!

100222_20353300100222_20441200

それからいよいよ、お肉! 希少部位も含めて、おいしいとこ取りの上質のお肉がずらりと並びます! 

100222_20455900

このお肉が、「日本鉄板焼き協会認定1級」のシェフによって、一つ一つ丁寧に焼いて行かれます。 お肉は切り方一つ、焼き方一つで、味わいが変わるので、一流の人にさばいてもらうと本当に美味しいんですね……。

若いころは安いお肉をじゃんじゃん食べ放題していた私ですが、今はもう、いいお肉だけ、少しずつ食べるシアワセをかみしめるように。同じ値段なら、量は少なくていいから、上質なものを……そのささやかなシアワセ~を知る年となりましたcatface

100222_20590300

食べ終わったら、この牛taurusのお父さんやお母さん、おじいさんやおばあさんまで牛の名前入りの家系図を見せてもらいます。牛の個体識別番号を出すところは増えてきたけど、ここまで教えてくれるとはすごい!taurustaurustaurustaurustauruswobbly

100222_21105400

〆にはこれでもかこれでもか、と、ごはんものとしてちまき、場所を移してテーブル席でデザートの盛り合わせをいただきました。

100222_21091600100222_21572600

最後にはおみやを……表に書かれた手書きの文字まで、徹底したホスピタリティーです。

100222_22582500

素材、技、盛りつけとお料理も申し分なかったのですが、ワインwineとシャンパンなど泡系がしっかり揃っていて、デートにも接待にも記念日にもぴったりのお店でした。

その翌日からは昼夜問わずほぼ「粗食」の日々に突入、怒涛の入稿期を過ごすことができました。

そうか、土日も含めてがんばれたのは、ガソリンでいうならハイオクを入れたからなんだな……upupup

ところで、夕張の出張で初めて食べた名物「カレーそば」も美味しかった♪ 大泉洋さんは昔あったという「藤の家」のが好きだったと言ってたけど、バリー屋台で食べたこちらもほっこりシアワセ~の味でしたconfident

100227_184402

(編集長)

|

« ☆男 CATCH UP 2010 その後2 | トップページ | ひな顔の感謝 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538107/47717676

この記事へのトラックバック一覧です: 試食で美食を実食!:

« ☆男 CATCH UP 2010 その後2 | トップページ | ひな顔の感謝 »