« つかの間の…… | トップページ | チョコレート、そしてエゾシカ »

2010年2月10日 (水)

映画「時をかける少女」、主演の仲 里依紗さん来札!

昨日、映画「時をかける少女」の主演の仲 里依紗さんが、谷口正晃監督とともにキャンペーンのために来札。記者会見に出席してきました。

P1190875_2

最近、テレビドラマでもよく見かける仲 里依紗さん。映画の出演作も多く、その数はこれまでに10本以上。個人的には「ガチ☆ボーイ」「純喫茶磯辺」を観て、注目していた女優さんの一人でした。そして、実際にお会いしてみて……映画のままのかわいらしさにびっくりです!

P11908812

本作での仲 里依紗さんの役どころは、交通事故に遭ってしまった母の代わりに過去へタイムリープ(タイムスリップ)し、母の願いである初恋の相手を探す娘の役。

Tokikake_sub2
(C)映画「時をかける少女」製作委員会2010

谷口監督は「はつらつとした、躍動感にあふれる2010年版ならではのヒロインを描きたかった」と仲 里依紗さんを起用。その言葉通りスクリーンからは彼女の魅力がたっぷり伝わってきます!! 彼女が演じる主人公・芳山あかりは、タイムリープ先で出会う大学生・涼太(中尾明慶さん)と恋に落ちるのですが、二人のやりとり&仲里依紗さんのかわいらしさに胸がキュンとしてしまうシーンばかり。

Tokikake_sub5

そして、舞台は'70年代、涼太のアパートは風呂なしで2日に1回銭湯に通う、まさに、かぐや姫の“神田川”の世界なのですが、そこに現代の女子高生が入り込み、世界観のギャップにクスッと笑えるシーンも。その時代について、平成生まれの仲 里依紗さんは、「実際に'70年代の世界をまったく知らないので、いろいろな発見を楽しめました。今なら携帯で連絡を取り合えるけど、携帯がないからこそ人のことを思って行動して、それがうれしかったり…。」とコメント。印象に残ったシーンにも、「雨の日に涼太が傘を持って、あかりを駅まで迎えくるシーン(思いがけず涼太を発見したあかりのうれしそうな表情と、その反応にちょっと照れる涼太の表情に間違いなくキュンとくるシーンです!)」を挙げてくれました。

そして、最後に、谷口監督が「時代を超えても変わらずにあり続ける“人が人を思う心の尊さや強さ”を感じてもらえれば」と、仲 里依紗さんが「'70年代を知っている方は青春時代を思い出せると思うし、知らない若い方も純粋に楽しんでもらえるはず!」とPR。

Tokikake_main

公開は3/13(土)と、実は1カ月以上も先なのですが…、
上映館は札幌シネマフロンティア。ぜひ足を運んで見てください。
オススメです!

(編集AO)

|

« つかの間の…… | トップページ | チョコレート、そしてエゾシカ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538107/47533200

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「時をかける少女」、主演の仲 里依紗さん来札!:

« つかの間の…… | トップページ | チョコレート、そしてエゾシカ »