« 「さっぽろスイーツカフェ」地下街にオープン! | トップページ | 日本酒night »

2009年10月 8日 (木)

北海道の新種じゃがいも発見!

今日は北海道生活」の校了、そしてporoco」の入稿前という、怒涛の一週間のまるで「台風の目」のような日に、道産じゃがいもをいろいろ味わえるというパーティに行ってきました。

道庁近くのKKRホテルで、道産の美味しいじゃがいもを、シェフが技をきかせてさらに美味しい料理に!happy01

日本では北海道=じゃがいものイメージがありますが、まさに国内生産量の8割が北海道産! ただでさえ北海道のじゃがいもは美味しいのに、特に珍しい品種がいろいろありましたよ。

牛アントレコートポアレ 「こがねまる」シポラタポテト添え

091008_191932

↑「こがね丸」は「ホッカイコガネ」などと同様にフレンチフライ用の品種だそうです。だから業務用で、一般的には知られていないとか。サイコロ状にしてポアレした「こがね丸」、一瞬里芋のようなモチっとした歯ざわりがして美味しかったです。

「シャドークイーン」マセドワーヌサラダ

091008_192123

↑紅芋と見まがうような、新種のじゃがいも「シャドークイーン」は、いくつかのフレンチレストランでも見かけるようになりました。まさにサラダにぴったり!で美味しかったです。

「インカのひとみ」ポテトサラダ

091008_192210

↑「インカのめざめ」はすでに全国的にも有名になりましたが、それの新種です。中身が黄色くて栗みたいに甘いのはもちろん、皮が赤と黄色のまだらで、別名「パンダ」ともいうそうです。

北海道産豚バラ肉のマデラ風味 「北海98号」ベークドポテト添え

091008_191914

↑これも新種。名前からして、これから世に出るって感じですね。「インカのめざめ」の皮がさらに赤く変種したらしく、甘みといい、一瞬サツマイモと間違う人も多いかも。

仔羊肩ロース肉のロースト 「はるか」のドフィーネ風グラタン

091008_191952

↑「はるか」は来年発売の新種だそうです! 荷崩れしにくいので煮物に合うとか。グラタンにもぴったりで、じゃがいもらしい味わいが強く出てました。 

「美味しかったです」という表現が多いのは、深夜番組「シルシルミシル」の影響かも……いえ、表現が貧困ですみません。美味しいときって、なんで「美味しい」しか言えないんだろうcoldsweats01

じゃがいもにぴったりのビールは、ドイツの正統な製法で作られた「小樽ビール」から、本格的な民族衣装のいでたちで、ビールを注いでいただきました。ピルスナー、ヴァイス、デュンケルと3種のビールをいただきました。

091008_1915591

北農研の「じゃがいも王子」さんから、じゃがいもについての講義を聞かせてもらったり……

091008_195001

ダチョウの一種、エミューを育てている、網走の東京農大インダストリーからは、珍しいエミューの卵のドラ焼きをいただいたり……

091008_200432   

そのうえ、現在品薄の道産ワイン、ナカザワヴィンヤードの「クリサワブラン」など、いろんなワインをいただき……ついつい、ビール3杯、ワイン3杯、各1種類ずつ制覇をしてしまいました。いけない、試飲なのに……(笑)

これが立食でなければはてしなく飲み食いしてそうでしたが、ふと気付くとカボチャの馬車が、ではなく、まだまだ残っている仕事がありましたので、泣く泣く戻りましたよ。weep

それでも、じゃがいも好きとしては大満足でした♪

(編集長)

|

« 「さっぽろスイーツカフェ」地下街にオープン! | トップページ | 日本酒night »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538107/46434126

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道の新種じゃがいも発見!:

« 「さっぽろスイーツカフェ」地下街にオープン! | トップページ | 日本酒night »