« 一秒の言葉 | トップページ | ポニョ? »

2009年7月13日 (月)

利尻・礼文に行ってきました。

先週末、両親とともに「利尻・礼文へのバスツアー」に参加してきました。

Photo_2

北海道に来た数年前から、一度は行きたいと強く願いながらも、
遠さと高い旅行代金がネックになり、なかなか実行に移せなかった旅。

「もうちょっと足せば海外旅行も行けちゃうんじゃ?」と思うほどの高額旅行代金ながら、
このツアーも早々に満席になっていましたし、
フェリーも島もた〜くさんの観光客の方でいっぱいship
本当に人気の観光地なんですね!smile

花の浮島と呼ばれる「礼文島」では、
高山植物についてのネイチャーガイドさんの説明を聞きながら、
ゆっくり約1時間半トレッキング。

Nec_0022

残念ながら、霧雨が降る中でのトレッキングでしたが、
晴れて明るくなりすぎると、お花の色が見えにくかったり、
紫外線が強すぎて、日焼け対策も大変なのだそうで。

そんなトレッキング日和のお天気の中で見た
礼文島に咲く植物の可憐で美しいことといったら!
Nec_0020Photo_3Photo_4

花屋さんに売っている花々のように、
ぱっと目をひく華やかさがあるわけではないし、
強い自己主張をするわけではない。

でも、大自然の中で、ごく当たり前のように、
毎年毎年たくさんの種類の小さな植物がさりげなく花を咲かせるって、
なんだかとってもすごいことなんじゃないか・・・・、
としばし自然の偉大さに圧倒される私。

環境破壊が進むにつれて、礼文島の自然環境も変わってしまうかもしれません。
そうなったとき、この小さな花々たちは、花を咲かせなくなるのでしょう。
そうならないように、ごみをきちんと分別するとか、
ごみをできるだけ出さないとか、
エコバッグを持ち歩くとか、
できる範囲内で環境保全に取り組まないといけないな、
なんてことを想いながら花々を見つめていました。

そして、トレッキングのあとは、お楽しみの昼食!

礼文といえば、「うに」!!!
Nec_0014


Photo_6

船泊(ふなどまり)漁協直営の「あとい食堂」さんというお店で、
ウニ丼、牡丹海老のお刺身、そして別盛りのウニ皿を追加!

漁協直営ってことで、美味しいしあり得ないお安さなんです。
もう向こう数ヶ月、大好物のウニを食べなくても大丈夫・・・というぐらい
ウニを満喫した3日間。
(こちらでのウニ丼以外にも、宿泊先の夕食にももちろんウニが必ず出てきました。)

礼文では、自然に穴があいた貝殻が広がる海岸があり、
そこで貝殻拾いをしたり

Nec_0015

Nec_0016

お次に向かった利尻島でも、
こーーんなにカワイイゴマフアザラシちゃんに出逢えたり
Photo
(仙法志御崎公園にて)

海抜0メートルの地点から山裾が広がっている利尻富士の一部を眺めたり、

Photo_2

盛り沢山な2泊3日。

そして、利尻富士といえば・・・・。
どうしてもそのお姿をこの目で見たかったのですが、
結局旅程中、お顔を出してくれることはありませんでした・・・・残念!

次は、今回出逢えなかった利尻富士を拝みに、
そしてあわよくば利尻岳登山なんかも企画しちゃったりしながら、
再び島へ遊びに行きたいな、と思います!

ちなみに、7月20日道内発売となるporocoの姉妹雑誌「北海道生活」のvol.13でも、
利尻礼文を取り上げています!
そちらも併せてぜひチェックしてみてください!

(編集SH)

|

« 一秒の言葉 | トップページ | ポニョ? »

旅行・レジャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538107/45599661

この記事へのトラックバック一覧です: 利尻・礼文に行ってきました。:

« 一秒の言葉 | トップページ | ポニョ? »