« 食事券プレゼント応募受付中! | トップページ | 利尻・礼文に行ってきました。 »

2009年7月10日 (金)

一秒の言葉

札幌は7月からゴミ有料化が始まりました。
しかし、雑誌の入稿に追われる週明けまで、
家に帰って寝るだけの毎日、出すゴミすらありません。
黄色い有料ゴミ袋を使うのはいつのことやら……

そんな余裕のないある日、昔お世話になった
小泉吉宏さんが奥さんと札幌に来てくださいました。
そして、小泉さんの新刊を一冊、サインしてプレゼントしてくれました。

『一秒の言葉』
小泉吉宏・メディアファクトリー

Koizumi001_2

もともと『一秒の言葉』は、小泉さんがCMディレクターだったころ、ラジオCMで1回だけ流して評判になり、その後映像をつけてテレビCMになり、昨年はCMがリバイバルで流された(!)というCMの名作なのです。

この本に書いてあるのは、一秒くらいしかかからない、あいさつの言葉です。

はじめまして/ありがとう/がんばって/おめでとう/ごめんなさい/さようなら

あいさつの言葉って本当に短いですが、その一言で人間関係や人生までも変わることがあります。そして、大事にしたい言葉でもあります。

いま『1Q84』がすごく売れていますが、上下巻の長編を読みきって感動することもある一方、この『一秒の言葉』は、短いのであっという間に読んでしまい、そのあとずーっと考えさせられる本でした。

そして、読んだ人すべてが、この一言一言で、自分の思い出を書きたくなるような、普遍的でシンプルな本だなと思いました。

「はじめまして」
小泉さんは、私が駆け出しの編集者だったころ、
(今でも駆け出しのようなもんですが、まあ置いといて)
長編漫画『リュウノスケ』(絶版)という本を作らせていただきました。
こんな担当編集者で小泉さんも大変だったかと思いますが、
明け方まで酒場で語り明かした(小泉さんは酒が飲めないのに)ほど、
一冊の本を作るまで、そして作った後も仲良くさせていただきました。

「ごめんなさい」
おそらく再会は10年ぶりに近いくらいだったかと思うのですが、
私はバタバタしていて、自分が忙しいからと、
会う前は余裕のない対応をしてしまいました。
再会したときの笑顔を思い出すたび、
あー、申し訳ないことをしたな、と謝りたくなります。

ちゃんと挨拶しよう、というのは心がけていますが、
余裕がないとそれができない。
余裕がないと、摩擦が起きる。
摩擦が起きると、傷をつける。

これからは余裕をもった大人になろうと思います。

来週から。 (来週からかよ!by スタッフ)

(編集長)

|

« 食事券プレゼント応募受付中! | トップページ | 利尻・礼文に行ってきました。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538107/45592859

この記事へのトラックバック一覧です: 一秒の言葉:

« 食事券プレゼント応募受付中! | トップページ | 利尻・礼文に行ってきました。 »