« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の12件の記事

2009年7月27日 (月)

poroco8月号撮影小話。と、ひとり打ち上げ。

早いもので、poroco8月号の発売から約1週間。
皆さん、「大通公園エリア散策」と題したporoco8月号はもう手に取っていただけましたか??
 
今回は、大通公園周辺(北1条〜南3条、東3丁目〜西15丁目)に新しくオープンした飲食店や雑貨店のほか、カフェやファッションなども合わせてご紹介!

新しくオープンしたお店でランチを楽しむのもよし、大通公園でお弁当を広げるのもオススメ。また、散歩がてら、洋服や雑貨などの素敵なお店をのぞいて、ちょっぴり疲れたらカフェでひとやすみ…。夜は、友だちや大切な人と気兼ねなくディナーが楽しめる、そんな選りすぐりのお店をporocoがナビゲートしちゃいます♪

先日、表紙撮影の様子がアップされていたので、今日はポロコ初登場となった気になるあのお店の取材風景をどうぞ〜。

Dsc05908_2

こちらは、昨年5月にオープンしたQさん(本誌ではP34で掲載)。1年かけて取材交渉にあたり、ようやく今回poroco8月号で初登場していただきました! ご夫婦のあたたかい人柄が映し出されたような、居心地のいい店内で、Yシェフが心を込めて仕立てる料理をどうぞ〜。予約必須です!

Dsc06030_2

Dsc06040_2

続いてこちらは、巻頭ページを飾ってくれた今年6月オープンのRさん(本誌ではP22で掲載)。特集制作がスタートする前、まだコンクリート打ちっ放しで内装も始まっていないお店にお邪魔してみたりと、オープンを今か今かと待ちわびていた1軒。NYからアンティークの扉を取り寄せるなど、あちこちにこだわりが隠されていますよ。クルーを引き連れて伺ったのはオープン日前日。仕込みでお忙しい中、快く取材に応じていただたNさん、ありがとうございました!

Dsc06065_2

Dsc06066_2

そしてそして、こちらは本誌P46に掲載している「大通テイクアウトグルメ〜大通公園でピクニック気分♪」の撮影ひとコマ。日頃の行いがよいため、撮影日当日は快晴! と言いたいところですが、実は2週間前から天気予報とにらめっこ。あまりの不天候具合に、撮影日を遅らせたほどでした(アセアセ)。当日は、編集部イチ信頼の高いRのM&Mカメラマンのご協力のもと、撮影がスタート! 強風の中、麦わら帽子が飛ばされたり、紙コップが飛ばされたりとちっちゃなアクシデントは多々ありましたが、無事終了〜。それにしてもこの日は暑かった!!

そんなこんなで、みなさまのご協力のもと、制作も何とか終了し、現在店頭に並んでいるporoco8月号が出来上がったわけです。ぜひぜひ皆さま、全道のコンビニ・キオスク・書店にてお買い求め下さいね! 特集巻末には切り取って持ち歩けるエリアMAPもついていますので、お気に入りのお店を探しに出かけて下さい〜♪ 

Dsc06070_2

8月号の制作を終え、つかの間の休息タイムに↑コレ食べてきました!

ホテルオークラ札幌1F「レストラン コンチネンタル」でいただける『フレンチトースト』!! 実はporoco2月号のポロコトラベルの取材で神戸に行った時、ホテルオークラ神戸さんでいただいてから、“こんなにも美味しいフレンチトーストがあったのか!?”と目からウロコが落ちんばかりの衝撃を受け、いつか、いつの日にかもう一度食べたいと願っていたのです。

帰ってきてその話を先のカメラマン・M氏にしたところ、「そのフレンチトースト、ホテルオークラ札幌さんで撮影したよ!」とのこと。早速チェックしたら、ある!あるじゃないですか!! いつか頑張った自分へのご褒美に食べに行きたいと思っていて、8月号の制作を終えた今、ようやく願いが叶いました。

ホテル特製の道産卵や生乳を使ったオリジナル液にじっくり一晩浸したパンは驚くほどしっとりして、ふんわりやわらか。表面を焼き上げているのでカリッとした食感もよく、一度口にすれば濃厚な味わいが広がります。

実際のフレンチトーストは、私のショボい写真とは比べものになりませんので、ぜひ皆さん、足を運んでいただき、ご自身の目でご確認下さい!

本当に本当に、感動させられる逸品です!

コーヒーまたは紅茶がセットになって1,575円。
ちなみに1日限定3食、2日前まで要予約です。ぜひお試し下さい〜♪

(編集YM)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

道産野菜、続々発見

先日、とあるカフェで珍しい野菜を食べました。

Image5961_3

コリンキー」というカボチャの一種なんだそうです。
江別の農家が作ったものだとか。
天ぷらにして塩で食べると、サクサク、ポリポリと食べられて面白い食感。
北海道もいろんな珍しい野菜が出て来てますね~delicious

さて今週はずーっと雨や曇りの札幌。
そんな天気にも負けず、花火大会の音がポンポンと聞こえてます。
(会社にいると音だけで、見えません~)

ビヤガーデンも、盛り上がっていることでしょう!
毎年人気のビヤガーデン、満席で困っている人も多いですが、今年は安心。
今月の「poroco」がお店探しに一役買いますよ~scissors

(編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

大通ビヤガーデン&シェラトン試食会

皆既日食フィーバーの本日、札幌では皆既日食は見られず、しかも曇天なので、本州とは温度差を感じております(笑)

さて札幌では、昨日からいよいよ大通公園のビヤガーデンbeerが始まりました。道外から来た私にとってはドイツの「ビヤフェスタ」のようなスケールの大きなビヤガーデン。夏の大好きなイベントの一つです。
(一つ、とあるのは道内は酔っぱらうイベントが多いため)
ビール会社が各社自慢の生ビールを出し、フードも充実、夕方からはぎっしりと人が集まり座れないほどの人気ぶりなんです。

この初日、サントリーさんにご招待いただきました。「メディア懇親会」といって、雑誌から放送まで各メディアの方々がたくさんご招待されるのです。

R0013411
昨年もオープニングに呼んでいただいたのですが、
私の上司・ビール専務(ラーメン専務あらため)から
「酒を一滴も粗末にするな」との教えを受けていたため、
昼間からジョッキ4杯を飲みほし午後はヘロヘロでした。

そこで今年は気を引き締めて、朝から会議を三つこなして、
到着がちょっと遅れてしまいましたが「駆けつけ一杯」で
30分間でジョッキ2杯にとどめておきました。
(あくまで試飲ですので、2杯もどうかと思われるかもしれないけど……)

今回のビールは特に泡がおいしかった~。
数ある美味しいフードの中で、トマトとモッツアレラのサラダはおしゃれでした。サントリーさんのビヤガーデンはスイーツもあって女子好みです。

R0013415 R0013412

さて帰社後は、少々のアルコールが、ちょうどいいガソリンになったのか、午後もフル回転で仕事し、夕方から新札幌の「シェラトンホテル札幌」へ。

お次は、シェラトンホテル札幌10周年を記念した
「ブッフェ&招聘シェフのスペシャリテ&BBQ」試食会に行ってまいりました。
昼も夜もご招待、試食に試飲とは年に一度あるかないかでしょう。
盆と正月が一気にやってきたよう……happy02

こちらでは、北海道・横浜・神戸・宮崎・TDLの国内5か所のシェラトンホテルからそれぞれ一流シェフが集結、道産食材を中心にいろんな料理がつくられ、ブッフェスタイルで味わええることに。
それを一足先に試食、アンケートをもとに最終メニューが確定、8月1日・2日におこなわれる10周年イベント「Sheraton Festival」で、お客さんにお得なブッフェとして提供されるということです。

試食するのは道内のメディア各社の方々、ポロコスタッフより数名、
そして、今回抽選で選ばれたポロコ読者15組30名のみなさんでした。

会場は、素材も調理もまるみえのオープンキッチン。
まるであの「料理の鉄人」みたい!(二方向から撮ってみました)

003_2001

お料理は、道産食材がストレートに味わえるBBQはもちろん、
ホテルシェフならではの手がかかった前菜メインからデザートまで、
全36品が食べ放題
そして、アルコールも飲み放題!
まるで「ヘンゼルとグレーテル」になったよう……lovely

005006   

004_2007_2

印象に残ったものは、
・BBQのホタテ!これぞ北海道という5センチくらいはある大きな貝柱。
・岩塩包みのラム!お肉と付け合わせのソーセージが美味。
じゃがいも&塩辛とかイカ焼き&三升漬など、北海道の地方に伝わる食べ方をホテルで味わえるという、お酒にも合う前菜いろいろ。
・写真にはないけど、鮭とウニの冷汁(ひやじる=冷たいみそ汁で宮崎の郷土料理)もいい〆となりました。
カマンベールのチーズケーキ。ふわっふわでした。(写真はガトーショコラやパンケーキなども一緒に)

シェラトンホテル札幌のシェフの方は、近隣の生産者さんの畑から直接畑で野菜を採ったりもしているので、サラダの野菜も甘くてみずみずしくて美味しかったですよ~。

    002 

……こうして一種類ずつ、アンケートに記入しつつデザートまで味わい、おなかいっぱいになって数えてみたら、18品試食していました。
まだ半分しか食べられなかった……weep

試食に参加した読者のみなさんも、おなかいっぱい食べられたことでしょう!

さらにデザートに力を入れているシェラトンホテル札幌からおみやが。特製の焼き菓子に、“幸せになるエンゼル”のキーホルダー、ありがとうございました!

008_2

試食、試飲はもちろん楽しいですが、仕事だと責任も付いてきます。
一番幸せなのは、試食ではなくゆっくり食べるごはん。
ビヤガーデンも、一流ホテルの食事も、
こんどプライベートで心ゆくまでいきたいものです。

毎年欠かさず行くビヤガーデン、
そして必ず二次会は大通周辺やすすきので飲み明かす私。
今月の「poroco」も美味しいお店が満載ですよ~!

――と、ただいまブログを書きながら、今日の食事はおにぎり一個だけ……。
まあ、「ヘンゼルとグレーテル」は、毎日は起こらない物語ということで
夢から覚めて仕事をしております(泣)

(編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

ケアンズでハネムーン気分(!?)

ポロコ編集部ブログをご覧の皆様こんばんは!
編集YHですhappy01

poroco9月号(8/20発売)のporoco TRAVELでは私YHがオーストラリアの北東部に位置するケアンズを取材させていただきました!

今回は、イケメンと名高いカメラマン・吉田氏(略してイケ氏)に撮影していただいたのですが、
6月という時期のためか入国審査などの際に現地の人に「ハネムーン?」と聞かれる場面がありました。私はイケメンの奥さまと勘違いされただけで一瞬浮かれた気分になれましたが、全力でイケ氏が「No,no,no〜!」と否定していたのが忘れられません・・・(笑)
(まぁ、否定して当たり前なのですがsweat01

とまぁ、そんなこともありつつも、もちろんハネムーンではなく取材で行ったのですが、
ブログ用にイケ氏を隠し撮りしてみました。

ビーチを歩くイケ氏・・・・・
2

看板を撮影するイケ氏・・・・
Photo_3

カンガルーをかわいがるイケ氏・・・・・
2_2

とにかくいろいろな場所を移動していたので、重い撮影用機材を担いでいたイケ氏はもちろんハネムーン気分などを味わう暇もなく大変だったと思います。
(も、もちろん私もハネムーン気分とかいって浮かれてばかりいたわけではありません!)

ケアンズは日中は年中半袖で過ごせるほど暖かいそうです。
オーストラリアの国土は広いので、シドニーなどと、全く気候が異なるようです。
日本の沖縄みたいなものでしょうか。

そして、ケアンズの大自然はどこか北海道にも似ていて、過ごしやすく、
極上のスパもあり、コアラは想像以上にかわいく・・・・いいことずくめです(笑)

なのでいつかは、素敵な相手を見つけて本当のハネムーンに行きたいものです・・・
と切に願う、YHでした。

(編集YH)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

本日発売!「poroco」8月号は大通とドライブグルメ!

明日7/21からいよいよ大通公園はビヤガーデン一色ですね~!beerbeerbeerbeerbeer

というわけで、

今月号の「poroco」の巻頭特集は、「大通公園エリア散策」と題し、
大通公園から行ける魅力のスポットを特集しました!shine

Poroco0908
今回は、なんと会社の目の前にある、大通公園で表紙を撮影!

撮影の打ち合わせをした当時、
6月は「北海道に梅雨がない、というのはどうなったの?」というほど
雨ばかり。カメラマンNさんとのロケハンでも頭を抱えました。

カメラマンNさんにお願いしたテーマは、
「大通公園なのに、テレビ塔もあるのに、おしゃれな写真にして!」
という、またしても私のムチャぶり。(信じてますからwink

ところが当日は、奇跡的なピーカン(快晴)!sun

そして、奇跡は次々と続くのです……。

まず、ロケハン時には花壇に花がなく、問い合わせても
ロケ日のころはまだ咲いてないとのお話。
それなのに、咲いてた!

001

前日までの寒い雨の日々がうそのように、日傘をさし、汗だくでがんばるみなさん。
カメラマンNさん、スタイリストのSさん(&special thanks Iさんheart02)、
モデルの鈴木るりかちゃん、ヘアメイクの鈴木晶子さん、そして編集IM。

そこでまたハプニングが!
るりかちゃんがコンタクトを落としてしまったのです。
撮影中断して集合するスタッフ。Sさんが奇跡的に発見!

「でもどうしよう……洗面所はないし……」
と、突然、通りがかりの人が使い捨て目薬をプレゼント

あのとき目薬をいただいた、メガネをかけた優しい女性の方、
本当に本当にありがとうございました~~~!happy02

002

撮影再開。そして予定通り、素晴らしい天気のもとで撮影は終了しました。
スタイリストSさんが仕込んでくれた、カバンの中の「poroco」。
こんな小技もきいてて、とてもうれしいです。good

003

さて、こうして紹介する大通特集の中身は、
“ファッションタウン”大通で見つけた洋服や小物を紹介したり、
グルメ・雑貨などのお店をエリア別に掲載しています。

面白いビルやエリアにも取材し、そしておまけには、
「切り抜きマップ」がついてます!!

第二特集は、「大人のグルメドライブ」

大人がドライブして食べに行きたい、
ニセコ・美瑛・富良野・十勝の絶品グルメをご案内。
また、岩見沢・美唄・留萌・石狩・当別など、
札幌近郊の美味しい店オススメスポットも合わせて紹介しています。

大通公園のビヤガーデン、そこから街をぶらぶら歩いたり、
休日には美味しいものを食べに出かけたり。

poroco」をおともに、今年の夏を目いっぱい楽しんでくださいね!note

(編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

ポニョ?

18日に、季刊誌「北海道生活」夏号が、全国発売となりました!
(北海道では20日くらいになります)

月刊「poroco」は20日発売、というわけで編集長を兼務している私は
「北海道生活」夏号の追い込みが終わったら行きつく暇もなく「poroco」の追い込み。
やせる思いでしたが、デスクにかじりついていたため、やせない!

今回は、パーッと広がるきれいな湖が表紙の「洞爺湖」特集です。

Hl_vol13

「北海道洞爺湖サミット」から一年たちました。
サミットで全世界から集まったVIPが環境について話し合い、世界の注目も集めて、
……でもなんで洞爺湖? 環境って?
洞爺湖周辺には暮らしやすい街があり、食の宝庫でもありました。
そこがわかるヒントがありますよ。

第二特集は、ウニとホタテ
私も編集SHの一足先に利尻島に行ってきました。
ところが悪天候、しけ、不漁?……ウニ丼は??と取材は大変なことだらけ。
地元の方がふびんに思って作ってくれたお手製ウニ丼。catface

R0013014

詳しくは来週更新予定の「北海道生活」取材日記をおたのしみに。

そして今回の取材では、天候のせいで時間が空いてしまい、
稚内市役所のOさんに「ノシャップ寒流水族館」に連れていっていただきました。
そこで出会ったのが……
「ポニョ?」と思わず一言。

R0013066

フウセンウオっていうんだそうです。
泳ぐんじゃなくて、海とか石とか枝とか、
そこらへんのものにじーっとくっついているんです。カワイイ!

R0013061

フウセンウオが見られるのはここの水族館だけ! 

お客さんがいなくて、アザラシの芸の練習を目の前でしていたりして、
オホーツク海の珍しい魚介をじっくり説明いただくほど、
いやあ、穴場の水族館でした。(笑)

このかわいいフウセンウオで旭山動物園のように
ノシャップ寒流水族館」も一躍有名になっていいくらいだなあと思いました。

北海道の夏はあっというま。お盆が来たら秋です。
夏の稚内、宗谷地方方面へ、ぜひぜひ行ってみてください。

洞爺湖でのんびり、もいいですよ♪

(編集長)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

利尻・礼文に行ってきました。

先週末、両親とともに「利尻・礼文へのバスツアー」に参加してきました。

Photo_2

北海道に来た数年前から、一度は行きたいと強く願いながらも、
遠さと高い旅行代金がネックになり、なかなか実行に移せなかった旅。

「もうちょっと足せば海外旅行も行けちゃうんじゃ?」と思うほどの高額旅行代金ながら、
このツアーも早々に満席になっていましたし、
フェリーも島もた〜くさんの観光客の方でいっぱいship
本当に人気の観光地なんですね!smile

花の浮島と呼ばれる「礼文島」では、
高山植物についてのネイチャーガイドさんの説明を聞きながら、
ゆっくり約1時間半トレッキング。

Nec_0022

残念ながら、霧雨が降る中でのトレッキングでしたが、
晴れて明るくなりすぎると、お花の色が見えにくかったり、
紫外線が強すぎて、日焼け対策も大変なのだそうで。

そんなトレッキング日和のお天気の中で見た
礼文島に咲く植物の可憐で美しいことといったら!
Nec_0020Photo_3Photo_4

花屋さんに売っている花々のように、
ぱっと目をひく華やかさがあるわけではないし、
強い自己主張をするわけではない。

でも、大自然の中で、ごく当たり前のように、
毎年毎年たくさんの種類の小さな植物がさりげなく花を咲かせるって、
なんだかとってもすごいことなんじゃないか・・・・、
としばし自然の偉大さに圧倒される私。

環境破壊が進むにつれて、礼文島の自然環境も変わってしまうかもしれません。
そうなったとき、この小さな花々たちは、花を咲かせなくなるのでしょう。
そうならないように、ごみをきちんと分別するとか、
ごみをできるだけ出さないとか、
エコバッグを持ち歩くとか、
できる範囲内で環境保全に取り組まないといけないな、
なんてことを想いながら花々を見つめていました。

そして、トレッキングのあとは、お楽しみの昼食!

礼文といえば、「うに」!!!
Nec_0014


Photo_6

船泊(ふなどまり)漁協直営の「あとい食堂」さんというお店で、
ウニ丼、牡丹海老のお刺身、そして別盛りのウニ皿を追加!

漁協直営ってことで、美味しいしあり得ないお安さなんです。
もう向こう数ヶ月、大好物のウニを食べなくても大丈夫・・・というぐらい
ウニを満喫した3日間。
(こちらでのウニ丼以外にも、宿泊先の夕食にももちろんウニが必ず出てきました。)

礼文では、自然に穴があいた貝殻が広がる海岸があり、
そこで貝殻拾いをしたり

Nec_0015

Nec_0016

お次に向かった利尻島でも、
こーーんなにカワイイゴマフアザラシちゃんに出逢えたり
Photo
(仙法志御崎公園にて)

海抜0メートルの地点から山裾が広がっている利尻富士の一部を眺めたり、

Photo_2

盛り沢山な2泊3日。

そして、利尻富士といえば・・・・。
どうしてもそのお姿をこの目で見たかったのですが、
結局旅程中、お顔を出してくれることはありませんでした・・・・残念!

次は、今回出逢えなかった利尻富士を拝みに、
そしてあわよくば利尻岳登山なんかも企画しちゃったりしながら、
再び島へ遊びに行きたいな、と思います!

ちなみに、7月20日道内発売となるporocoの姉妹雑誌「北海道生活」のvol.13でも、
利尻礼文を取り上げています!
そちらも併せてぜひチェックしてみてください!

(編集SH)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

一秒の言葉

札幌は7月からゴミ有料化が始まりました。
しかし、雑誌の入稿に追われる週明けまで、
家に帰って寝るだけの毎日、出すゴミすらありません。
黄色い有料ゴミ袋を使うのはいつのことやら……

そんな余裕のないある日、昔お世話になった
小泉吉宏さんが奥さんと札幌に来てくださいました。
そして、小泉さんの新刊を一冊、サインしてプレゼントしてくれました。

『一秒の言葉』
小泉吉宏・メディアファクトリー

Koizumi001_2

もともと『一秒の言葉』は、小泉さんがCMディレクターだったころ、ラジオCMで1回だけ流して評判になり、その後映像をつけてテレビCMになり、昨年はCMがリバイバルで流された(!)というCMの名作なのです。

この本に書いてあるのは、一秒くらいしかかからない、あいさつの言葉です。

はじめまして/ありがとう/がんばって/おめでとう/ごめんなさい/さようなら

あいさつの言葉って本当に短いですが、その一言で人間関係や人生までも変わることがあります。そして、大事にしたい言葉でもあります。

いま『1Q84』がすごく売れていますが、上下巻の長編を読みきって感動することもある一方、この『一秒の言葉』は、短いのであっという間に読んでしまい、そのあとずーっと考えさせられる本でした。

そして、読んだ人すべてが、この一言一言で、自分の思い出を書きたくなるような、普遍的でシンプルな本だなと思いました。

「はじめまして」
小泉さんは、私が駆け出しの編集者だったころ、
(今でも駆け出しのようなもんですが、まあ置いといて)
長編漫画『リュウノスケ』(絶版)という本を作らせていただきました。
こんな担当編集者で小泉さんも大変だったかと思いますが、
明け方まで酒場で語り明かした(小泉さんは酒が飲めないのに)ほど、
一冊の本を作るまで、そして作った後も仲良くさせていただきました。

「ごめんなさい」
おそらく再会は10年ぶりに近いくらいだったかと思うのですが、
私はバタバタしていて、自分が忙しいからと、
会う前は余裕のない対応をしてしまいました。
再会したときの笑顔を思い出すたび、
あー、申し訳ないことをしたな、と謝りたくなります。

ちゃんと挨拶しよう、というのは心がけていますが、
余裕がないとそれができない。
余裕がないと、摩擦が起きる。
摩擦が起きると、傷をつける。

これからは余裕をもった大人になろうと思います。

来週から。 (来週からかよ!by スタッフ)

(編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

食事券プレゼント応募受付中!

7月号発売から2週間、すでに読んでいただけましたか?
今号の巻頭特集は「北海道レストラン」。道産食材にこだわるレストランを紹介しています。

Markas

こちらの写真は巻頭特集「北海道レストラン」の冒頭ページで使用した写真です。
写真の野菜は「教えて!道産食材の魅力」でも登場していただいた、シェフのマーカス・ボスさんが開いている「May MARCHE(メイ マルシェ)」にて撮影させていただいたものです。

Marche

「May MARCHE」にはマーカスシェフが仕入れる朝もぎの野菜が並びます。撮影の際、いくつの野菜を生のままで囓らせてもらったのですが、どれも甘くて美味しい!
昔、その日の朝に収穫されたグリーンアスパラを食べて、その美味しさにびっくりしたのを思い出しました。

そして、本誌掲載時にシェフのプロフィール欄で簡単に紹介していた野菜を中心にしたレッスンの詳細も決まったようです。
興味のある方は下記をチェックください。
http://www.may-eu.com/workshop/MaYlife/MaYmarche.html

ところで、今回の特集には食事券のプレゼントがついています。
応募の締切は7月10日(金)必着で、7月号巻末のアンケートハガキ、もしくはporoco mixの「ポロメール」からでも可能です。
まだ間に合いますので、今一度、特集を見直していただいて、どしどしご応募ください! 

(編集AO)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

タイ好きの集まり

ようやく夏の気温になってきましたね。

こちらでも二冊の雑誌の校了が続く、 アツい1週間が始まります。

そんな中、地獄のスケジュールを駆使して、タイ大好きな人たちとタイ料理を食べる会に行ってきました。私はタイが大好き、タイ料理が大好き、というわけで、この人たちと札幌市内のタイ料理屋をあちこちまわっているのですが、今回はサンスリービル(南3西3)4Fの「パタヤ」にて、お気に入りの定番メニューを。(このビルには「ジタパ」もあり、タイ料理屋が2軒もあっておもしろいですね)

1.パッド・ブーン/空芯菜の炒め(別名「水草」、旬のものはトロ~ンとして美味しい)

R0013337

2.ガイヤーン/鶏の炙り焼き

R0013339

3.プーパッポンカリー/ワタリガニのカレー炒め

R0013340

4.パッタイ/タイ式焼きそば

R0013342

とりあえず、タイ料理初心者でも辛くないものを挙げてみました。しかし、ほとんどのメンツはタイ大好き!タイ料理大好き!の人たちですので、続けてディープなメニューからメコンウィスキーまで頼んで酔っ払いました。

さて、今回何としてでも参加したのは、昨年タイに一緒に取材に行った、FMノースウェーブのDJナオミがニューヨークに引っ越すからです。ノースウェーブの仕事はそのままつづけるのですが、しばしの別れを惜しむ仲間が集まりました。ナオミは昨年の取材がタイ初体験、その時に気に入ったのがスイカジュースでした。

Farewell1

他にも、モリマンのモリちゃん、お友達のボビー君と、バラエティに富んだ面々がいろいろ集まり、日本語と英語が入り混じるトークが飛びかいました。モリちゃんも実はタイが大好きで、そして犬が大好きで、先日はタイにできた犬の保護施設に視察に行くというマジメなところもあるんです。

Farewell2

タイ料理をおなかいっぱい食べて酔っぱらって、それでもナオミと別れがたく、女子チームだけでなんと近くのカラオケボックスへ。

洋楽から日本のポップスまで歌いまくって、しかも芸達者が多くて、笑いっぱなし。最後にマイケル・ジャクソンの「スリラー」をかけると、女子チームのノリは最高潮に!

「スリラー」など歌ったことなかったのに、なぜか(テキトー英語で)歌えてしまった私。そしてライブ映像を見ながらマイケルと一緒に踊る面々。そうして、やっぱりマイケルはすごいと一同絶賛して、再会を約束して解散したのでした。

ナオミはニューヨークに行ってどんな活躍をしてくれるのでしょうか。とっても楽しみです。See you soon!

(編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

ミス・ハワイUSA2009のアリアナ・セイユさんが来社!

スタッフブログをご覧の皆様、こんにちは。
編集SHです。

日本の各都市でハワイをプロモーション活動されている
ミス・ハワイUSA2009のアリアナ・セイユさんが、
先日、ポロコ編集部にも遊びに来てくださいました!

P1160559

お、お美しい・・・・・・!
こんがり小麦色の健康的なお肌と、スラッとほっそり身長170cmの迫力ボディ、
そしてトロピカルないい香りをまとうアリアナさんに、
同じ女性ながら、お会いした瞬間、マジで恋する5秒前・・・・・
(古い、とかそういうレベルじゃないですね。この表現)

「ミス・ハワイ・ティーンUSA」などでの活動などを通じ、
数え切れないほど来日しているというアリアナさん。
ところどころ日本語でも受け答えをしてくださるほど親日家の彼女ですが、
なんと今回のプロモーションが初めての来札、ということで、
札幌の印象などについていろいろ伺ってみました。

来札当日は、異常な程に気温が上がった日だったため、
思ったより暑くてびっくりされたようですが、
「ハワイと似て、カラッとしていてじめじめしてないので、過ごしやすい」
とお話しされてました。

_dsf8865

それと、ハワイ島には雪が積もる山「マウナ・ケア(ハワイ語で白い山という意味)」
もあるそうなのですが、アリアナさんご自身は雪を見たことがないとのこと!

雪景色をぜひ一度見てみたい、とおっしゃってました。
今度はぜひ冬にも遊びに来てくださいね〜!

「今年、州誕生50周年を迎えるハワイには、
ビーチや青い空だけでなく、大自然やハートがあたたかい人々、
美味しい食べ物、独自のハワイアン文化など様々な魅力があります。
私はそれらのハワイの良さを皆さんにもっと知って頂きたいと思っています。」
とアリアナさん。

おすすめのハワイ観光スポットは、自然溢れるカウアイ島だそうで、
特にハレナイビーチやポイプは特に好きな場所なのだそう。

ハワイを愛するアリアナさんのハワイ愛が詰まったお話しを聞いてるだけで、
ハワイに行きたい欲が最高潮へと達した編集SH・・・
この想いの高まりをどうしましょうか・・・・

_dsf8958

札幌からハワイへの直行便がなくなってしばらく経ちますが、
やっぱりハワイは札幌人にとって、身近な外国。

調べてみたところ、今年も 8月5日と8月20日発で、
新千歳空港からJALのチャーター便が出るようです!!

お休みが取れる・・・なんて奇跡がもし私の身に起こるようなら、
ぜひラクチンなチャーター便でハワイにひとっ飛びしたいな〜なんて
夢見心地になったひとときでした。

皆さんも、夏休みは、
「空港を降りたった瞬間に感じるハワイの風」とか、
「アラモアナSCで買い物倒れ」とか、
「エッグスンシングスのパンケーキ」とか・・・・、
ハワイを感じにひとっ飛びしてみませんか?
_dsf0714

(2008年10月号の「poroco travel」でハワイを取材した際の写真とともにお届けしました)

編集SH

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

ドド~ンと490名様にプレゼント!

こんにちは。
WebスタッフQです。
札幌はまた梅雨のような天気に逆戻りdown
週末は積丹に旬のウニを食べに行きたいので、『sun晴れsun』でお願いします!

さて、昨日のporocoメルマガ(7/1号)はご覧いただけましたか?
poroco史上最高、なんとなんと総計490名様にプレゼントがsign03
これは見逃せません。

改めて紹介しますので、ぜひご応募ください。

 

movie試写会
ナイトミュージアム2 ペア225組450名様に

夜のスミソニアン博物館で展示物がひとりでに動き出す騒動を描いた「ナイトミュージアム」の続編。
今回は古代エジプトのファラオが…。
おっと、これ以上はネタばれなので言えません。

ご応募はこちらから
http://www.poroco.co.jp/topics/preview_nm.html

 

restaurant試食会 
0629_5_5 シェラトンホテル札幌
Sheraton Festival『ブッフェ&招聘シェフのスペシャリテ&BBQ』

ペア15組30名様に

日本国内のシェラトンホテルのシェフたちが作る、道産食材を使ったブッフェメニュー。
7月21日(火)の試食会にご招待します!

詳細はこちら
http://www.poroco.co.jp/machinavi/mimiyori/index.html

 

crown美術展
クリムト、シーレ ウィーン世紀末展
ペア5組10名様に

グスタフ・クリムトやエゴン・シーレをはじめとする選りすぐりの絵画120点が札幌芸術の森美術館に集結。

詳細はこちらから
http://www.poroco.co.jp/0907klint_schiele/

 

ふるってご応募ください。

(WebスタッフQ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »