« 雪まつり de ランチ | トップページ | いよいよ明日、poroco3月号が発売! »

2009年2月14日 (土)

TEAM NACS FILMS 「N43°」試写

いよいよバレンタインデーですね!

poroco本誌および別冊もすべて印刷所に入れましたが、まだまだ鉄火場からポツポツと炎が出ている状態です。

そういえば本日、ただいま発売中の2月号の表紙をかざっていただいた、TEAM NACS のショートフィルム「N43°」が、札幌シネマフロンティアで公開されるんですよ。先日、オフィスキューで試写が行われたので、観てきました。

182_1

「N43°」はメンバー5人がそれぞれ監督した5本のショートフィルムで、もともとはファンミーティングのために制作されたものをこのたび一般公開するというわけです。北緯43度、つまり「北海道」の5人が、それぞれの個性を生かしてつくった作品です。画像は家紋のような映写機のロゴマークです。

といってもまあ、私は映画解説者じゃないので、ざっくりした感想を書いておきます。

大泉洋監督「頑張れ!鹿子ブルブルズ!」
TEAM NACS って、5人ほとんど集まれないほど忙しくて、表紙の際は本当に大変だったのに……大泉さん筆頭に、5人がしかもオールロケで集まってすごい!と思いました。
これじゃ映画の感想にならないか。(笑)内容的には、ムチャクチャでんがな!と突っ込み入れつつも、楽しませていただきました。

音尾琢真監督「神居のじいちゃん」
NHK朝の連ドラ「だんだん」でも、京都の呉服問屋のおじいちゃんを演じている夏八木勲さんが、旭川のふつうのおじいちゃんを素敵に演じてます。おだやかで、あたたかくて。
わかりやすいストーリーだったのに、クライマックスのおじいちゃんと子役の演技に思わず涙腺が、ダーッとゆるみました! やられた!

戸次重幸監督「部屋クリーン」
アニメのお好きな戸次さんですが、こう来たか!と驚かせられたアニメと実写の合成作品。徹底的に書き込まれたイラストが強烈ですごかった。「きれい好き」の人は直視できないかも(笑) ぜひ散らかし屋のお子さんをお持ちのお母さんは、子供に見せたいと思うんじゃないかなあ。文部科学省の推薦をいただいてもいいような映画です。おおげさ?
私の周りは「散らかしさん」に制圧されているので、ぜひ「片付けさん」が来てほしい……

安田顕監督「ヤスダッタ3D」
安田だらけ。(笑) 「安田」だけでこれだけの時間をあきずに見させるところがすごいです。
安田さんって、仮装が好きなのかなあ、とふと思いました。いろんなスタイルの安田さんから、特殊メイクの「ヤスダッタ」まで、かなり大変だったと思います。好きじゃなきゃできないでしょう。
あと、お酒もお好きとのことで、お酒のせいで囚われの身となってしまう「ヤスダッタ」に同情しました。(笑)

森崎博之監督「AFTER」
TEAM NACS を5人そろえるのも一苦労ですが、TEAM NACS の50年後を演じるおじいちゃんを5人そろえるのも、なかなかのご苦労ではなかったでしょうか。いいキャラしてました~。
これ自体、一つのお芝居を見ているような不思議な達成感がありました。
個人的には、看護師さん役と森崎さん(笑)がかわいかった! それと、観終わった後、ハンバーグが食べたくて食べたくてしょうがなかった~!!!

TEAM NACS FILMS 「N43°」は本日から札幌シネマフロンティアで公開でーす。
映画を1本見なきゃ、という気合なんかいらないので、今月号の森崎さんのインタビューのコメントにもちらっとありましたが、「5人が映画つくったんだって?だいじょうぶなのかなあ」という感じで、ぷらっと見に行ってはいかがでしょうか。
東京や大阪でも公開されるそうです。

poroco2月号、一部売切れ店もありますが、道内でまだまだ絶賛発売中なので、バレンタイン特集も合わせてお楽しみください♪

(編集長)

|

« 雪まつり de ランチ | トップページ | いよいよ明日、poroco3月号が発売! »

映画」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538107/44856697

この記事へのトラックバック一覧です: TEAM NACS FILMS 「N43°」試写:

« 雪まつり de ランチ | トップページ | いよいよ明日、poroco3月号が発売! »