« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の7件の記事

2009年2月24日 (火)

スイーツ王国さっぽろ審査

雪まつりの日記にもちらりと書きましたが、
札幌市が進めている&ポロコも協力しておりますスイーツ王国さっぽろ
今年のグランプリを決める審査が、本日行われました。

多くの書類審査を経て、選ばれた26種のスイーツが一堂に!

187_1

さて、これをすべて食べて審査するわけです。スイーツ26個。
なかなかハードです。私は審査は初めてだったのですが、経験者の方から「お昼は抜いたほうがいいですよ」とかアドバイスは受けていたので、かけそば1杯だけ食べてのぞみました。

食べては味わい、味わっては水を飲み、前の味わいを消して次の味に……ゆっくり味わっているほど甘くはありません。(スイーツは甘いのに)
しかしパティシエさんが気持ちをこめて一生懸命作ったスイーツです。適当には口にしてはいけません。味、デザイン、さっぽろを代表するスイーツであること……いろいろ考えつつ、五感をフル回転させるので、けっこう緊張感が続きます。

187_2

審査委員長の上田市長登場! マスコミの方がいらして、フラッシュがたかれます。スイーツ好きを自負する市長さん、どのスイーツにも興味しんしんです。

187_3

審査員の方もご一緒にカメラにおさまってくださいという事務局さんのお願いもありましたが、美しいミスさっぽろ&市長の素晴らしい組み合わせに、自分が写真を撮ってしまいました。(笑)

さて、マスコミの方が帰られてから、非公開で上田市長をまじえて審査が行われました。
はえあるグランプリは!?

……それは、後ほど正式に発表となります。おたのしみに!

187_4

おみやとして「ステラ・マリス」のお菓子詰め合わせセットをいただきました。入稿前の多忙なスタッフみんなで分けさせていただきました。

3月9日、新しいさっぽろのスイーツが生まれます!

(編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

本日発売!「poroco」3月号

「poroco」3月号が本日発売となりました!

185_1

巻頭特集「地下鉄沿線ひとりごはん」と題する今月の表紙は、すすきの駅から歩いてすぐ!の「野菜倶楽部818」が舞台、主演は、「ちぢみほうれんそうとサーモンのクリームパスタ」です。雪にさらされて甘味がギュッと閉じ込められた濃厚なほうれんそうと、サーモンとクリームのコクが……。撮影の間じゅう、生唾を飲み込んでいました。仁王立ちをしながらも……(笑)(以下YMの下記の撮影日記をご覧ください)

札幌市営地下鉄 東西線・南北線・東豊線の駅から歩いて行ける、そして、ひとりでゆっくり過ごしやすいお店ばかりをピックアップ。
各店駅から徒歩○分の表示付き。
お店に行って満足した方には、テイクアウトメニュー情報もあります。
また今回スペースの関係で紹介できなかったお店も「はみだし情報」で紹介している、充実の内容です。

まだまだ寒い冬、外に出るのはおっくう……と思っている今こそ、リーズナブルであたたかなもてなしを受けられる、一人だけの贅沢にひたってみてはいかがでしょう。

また今月号の「ポロコトラベル」は、ドイツまで取材に行ってきました~!
冬のドイツ、とても素敵で、そして大人の街です。
新千歳空港から中部国際空港で乗り換えて、思い切ってヨーロッパへ! 乗り換えも意外と安く楽にできるんですよ。ぜひご一読を。(スタッフは時差ボケとタイトな取材でよれよれでしたが)

そして、ファッション情報は「トレンド先取り 春シューズ」と題しまして、今のブーツを脱ぎ捨てたらまっさきに買っておきたい最旬のクツをご紹介。お気に入りを見つけたら、今のうちにゲットして。

春を予感させる蛍光のグリーンが目印! (画像より輝いてます)
「poroco」3月号は絶賛発売中で~す!

(編集長)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

いよいよ明日、poroco3月号が発売!

明日2月20日発売・poroco3月号の特集は「地下鉄沿線ひとりごはん」です。
まだまだ寒さが続くこの時期は、アクセスにも便利な地下鉄駅周辺で美味しいごはんと、スタッフのあたたかなもてなしのもと、“ホッ”とくつろげる時間を過ごしてみませんか?

道内各書店・コンビニ・キヨスク等で販売されるporoco3月号ですが、今回はその表紙撮影の現場をお伝えしちゃいます!

表紙撮影が行われたのは2月某日。“しんしんと降り積もる”という表現がぴったりくるほど、朝から大雪に見舞われ、撮影時までに止むかどうか編集部ではその話題で持ちきり…。何とか止まないものかと、最後は神頼みです。
そうしたら、まさか! びっくりしたのですが徐々に雪が降り止み…

184_1

少しずつ空が見えてきました!

184_2

「編集部は日頃の行いがいいから~~♪」と編集長。
あんなに心配していた空模様も一体どこ吹く風==33

184_3

そしてついには晴れ渡り…
まさに撮影日和と言ってもいいほど、空がぴかーんと広がっています!

184_4

今回は、女性一人の“おひとりさま”でも過ごしやすいような、カウンターや一人掛け用の席があるお店を中心に紹介しています。そんな雰囲気が伝わればと、座り心地のいい椅子が配された素敵なカウンターで撮影が行われることになりました。

184_5

撮影に協力いただくお店にて、オーナーのSさん・店長のTさんと「こんな感じの表紙になりますので~」と打ち合わせを終え、スタンバイ!
にしても、編集長のグラスが空ですが…。やはり、気合いの入り方が違います

184_6

徐々に料理が運ばれ、イケメンのカメラマンY氏が並べてくれます。

そんな様子を、仁王立ちの編集長が厳しくチェック!

184_7

アングルを決めかねている間に「奥に野菜を盛りましょうか?」とのSオーナーのナイス提案が。「そうですね! 折角なのでお店の雰囲気が伝わるようお願いします~!」と急遽野菜の盛りつけが始まりました。

184_8

その様子を編集長が撮影。

184_9

真剣な眼差しで野菜をセレクトしてくださるT店長。

184_10

そして、オーナー自らも盛りつけ。さすがは野菜のプロ! 「カボチャは量りに乗せて…。ホーローも出して!」とみるみるうちに仕上がっていきます。

184_11

そして完成したのがこちら。まぁなんてステキ~~ありがとうございます!!

そんなこんなでようやく日も落ち始め、撮影がスタート! カシャッ、カシャッとシャッターが押される瞬間は、誰もが真剣。ピーンと張り詰めた空気が漂います。

184_12

撮影したカットはすかさずチェック! まるで恋人にもたれかかるアベックのようなほのぼのとした後ろ姿ながらも、正面は鬼の形相で真剣そのもの。まさに正念場です。

184_13

そしてついに完成! 今回の表紙用に撮影したのがこのアングル。Yカメラマンさんが気を利かせてくれて照明をつけてくれているので、YMの撮影ながらなんとステキに撮れていることか! 
奥にはしっかり野菜も写っていますよ~♪
この写真にデザイナーさんが文字を配置し、poroco3月号の表紙が完成です。

今回表紙撮影にご協力くださったのは、巻頭特集のスタートも華々しく飾っていただいた「野菜倶楽部818」さんです。
美味しそうな料理の数々を掲載していますので、ぜひ本誌をご覧下さいね。
もちろん、こちら以外にも素敵なお店を数多く紹介しています。
今月はporocoを片手に自分だけの贅沢な時間をお過ごし下さい!

(編集YM)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

TEAM NACS FILMS 「N43°」試写

いよいよバレンタインデーですね!

poroco本誌および別冊もすべて印刷所に入れましたが、まだまだ鉄火場からポツポツと炎が出ている状態です。

そういえば本日、ただいま発売中の2月号の表紙をかざっていただいた、TEAM NACS のショートフィルム「N43°」が、札幌シネマフロンティアで公開されるんですよ。先日、オフィスキューで試写が行われたので、観てきました。

182_1

「N43°」はメンバー5人がそれぞれ監督した5本のショートフィルムで、もともとはファンミーティングのために制作されたものをこのたび一般公開するというわけです。北緯43度、つまり「北海道」の5人が、それぞれの個性を生かしてつくった作品です。画像は家紋のような映写機のロゴマークです。

といってもまあ、私は映画解説者じゃないので、ざっくりした感想を書いておきます。

大泉洋監督「頑張れ!鹿子ブルブルズ!」
TEAM NACS って、5人ほとんど集まれないほど忙しくて、表紙の際は本当に大変だったのに……大泉さん筆頭に、5人がしかもオールロケで集まってすごい!と思いました。
これじゃ映画の感想にならないか。(笑)内容的には、ムチャクチャでんがな!と突っ込み入れつつも、楽しませていただきました。

音尾琢真監督「神居のじいちゃん」
NHK朝の連ドラ「だんだん」でも、京都の呉服問屋のおじいちゃんを演じている夏八木勲さんが、旭川のふつうのおじいちゃんを素敵に演じてます。おだやかで、あたたかくて。
わかりやすいストーリーだったのに、クライマックスのおじいちゃんと子役の演技に思わず涙腺が、ダーッとゆるみました! やられた!

戸次重幸監督「部屋クリーン」
アニメのお好きな戸次さんですが、こう来たか!と驚かせられたアニメと実写の合成作品。徹底的に書き込まれたイラストが強烈ですごかった。「きれい好き」の人は直視できないかも(笑) ぜひ散らかし屋のお子さんをお持ちのお母さんは、子供に見せたいと思うんじゃないかなあ。文部科学省の推薦をいただいてもいいような映画です。おおげさ?
私の周りは「散らかしさん」に制圧されているので、ぜひ「片付けさん」が来てほしい……

安田顕監督「ヤスダッタ3D」
安田だらけ。(笑) 「安田」だけでこれだけの時間をあきずに見させるところがすごいです。
安田さんって、仮装が好きなのかなあ、とふと思いました。いろんなスタイルの安田さんから、特殊メイクの「ヤスダッタ」まで、かなり大変だったと思います。好きじゃなきゃできないでしょう。
あと、お酒もお好きとのことで、お酒のせいで囚われの身となってしまう「ヤスダッタ」に同情しました。(笑)

森崎博之監督「AFTER」
TEAM NACS を5人そろえるのも一苦労ですが、TEAM NACS の50年後を演じるおじいちゃんを5人そろえるのも、なかなかのご苦労ではなかったでしょうか。いいキャラしてました~。
これ自体、一つのお芝居を見ているような不思議な達成感がありました。
個人的には、看護師さん役と森崎さん(笑)がかわいかった! それと、観終わった後、ハンバーグが食べたくて食べたくてしょうがなかった~!!!

TEAM NACS FILMS 「N43°」は本日から札幌シネマフロンティアで公開でーす。
映画を1本見なきゃ、という気合なんかいらないので、今月号の森崎さんのインタビューのコメントにもちらっとありましたが、「5人が映画つくったんだって?だいじょうぶなのかなあ」という感じで、ぷらっと見に行ってはいかがでしょうか。
東京や大阪でも公開されるそうです。

poroco2月号、一部売切れ店もありますが、道内でまだまだ絶賛発売中なので、バレンタイン特集も合わせてお楽しみください♪

(編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

雪まつり de ランチ

鉄火場です。
今週は、本誌2/20発売号と、別冊2/25発売号のダブルヘッダーで、先月に引き続き2冊のポロコを作っている状況です。
入稿と色校正で、美味しい御馳走の写真をたくさん見ながら、おにぎり、カップめん、お弁当、お菓子、パンを食いつなぐ毎日。食事はデスクの上……

こんなときは、
(1)泣く (2)怒る (3)笑ってごまかす (4)逃げる
と様々な行動が考えられますが、今回は、(4)というわけで、ちょっと逃避行動してしまいました。

といっても、会社の向かいは大通公園なので、「雪まつり」に行ってみよう!ということで、昼休みの合間にコートをはおり、「雪まつり」にランチしに行きました。(笑)

6丁目「北海道 食の広場」は屋台がいっぱい! 札幌の有名店が出店していたり、道内の各地のご当地メニューなどがあったり、楽しいです。中央にはテーブルとチェアがあるので座れます。

ウニめしのおにぎり。こういうのはコンビニでもお目にかかれません。

181_1

芦別名物「ガタタン」というイカや野菜の入ったとろみのある塩味のスープ。
美唄焼鳥「福よし」のもつそば、旭川ラーメンなど、あつあつメニューに手が伸びます。

181_2 181_3_2

181_4_2

魚介に、牛、豚、焼き鳥、ジンギスカンと、焼き物をつまむもよし。観光客的メニューでも、なかなか楽しめます。

181_5_2

 

おっと、きれいな雪像ももちろん見ましたよ。

181_6

 

 

最後に、鉄火場でひいひい言っている編集部に、おみやげとして、札幌市が進めている&ポロコも協力しておりますスイーツ王国さっぽろの雪まつり限定ショートケーキを買って帰りました。

一瞬逃亡してごめんなさい!(笑)しかし帰社したらジャスト1時間でした。

観光客のイベントと思われがちな「雪まつり」ですが、近くにいる者の特権として、こうした食べ歩きに使うのも面白いなあと思ったひとときでした。いろいろ食べるならグループで行くのがオススメ!

今年60回目を迎える「雪まつり」は、明日11日までです。

こちらの校了はもうちょっと先、がんばりましょう……

(編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

welcome to poroco > ミス香港

WebスタッフQです。

さっぽろ雪まつりにあわせて来日していた2008年度ミス香港のスカーイ・チャンさんが、多忙なスケジュールの合間にポロコに来てくれました。

180_1_2

スカーイさんは、名古屋の大学に留学経験を持つ親日家。札幌は初めてとのことで、街の印象を尋ねてみると…
「街が雪で白くてとてもキレイhappy01 日本ぽい建物も雪があるとだいぶ印象が違いますね。」とのこと。さらに、
「スープカレー、みそラーメン、カニを食べましたrestaurant 今日が最後なので、お寿司も食べたいnote おすすめのお店はありますか?」と逆に質問されました。
もちろん、ポロコのプライドにかけて、とっておきのお店を紹介しておきました!
当然ながら、「2009年度版 札幌の美食店(poroco+10月号臨時増刊)」に掲載のお店です(笑)

香港のおすすめ情報もしっかり聞いておきましたので、インタビューの続きは3月20日発売のポロコ4月号で。

(WebスタッフQ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

チョコとシャンパンのマリアージュ

179_1

明日から始まる、丸井今井札幌本店9階催事場の「サロン・ドュ・ショコラ」のプレオープンに行ってきました。「サロン・ドュ・ショコラ」とはパリのチョコレートの祭典で、5日間で12万人を集め、80トンのチョコを消費するという大きなイベント。ここ丸井今井さんでも行なうようになり、今年で3回目なんだそうです。

この時期、あちこちでバレンタインのフェアをしていて本当に目移りしてしまいますが、こちらがおもしろいのは、「ショコラ・カフェ」といって、シャンパン(またはコーヒーか紅茶)と、世界的なショコラティエのチョコが2粒好きなのを選んでセットで楽しめること。

まずは入口で、宝石店のショーケースのようなところにきれいにならんだチョコレートを1粒ずつ選び、用紙に書き込んで注文します。これが本当に迷ってしまいます。それでも1粒ずつ食べられるというのは魅力的!

179_2

シャンパンも、〈シャンパーニュ ドーツ〉のブリュ・クラシック(辛口)か〈ドゥ・ミ・セック〉(甘口)かを選び、ボンボンショコラ2個セットで1,200円は破格です。カウンターにはイケメンのショコラティエのお写真が飾られ、気分は盛り上がります!

179_3

また今回は特別にフランスの老舗「ボナ」のステファン・ボナさんとデンマーク王室御用達「デザートサーカス」のモーテン・ヘイバーグさんが来場!
大変VIPな方々だと思うのですが気さくで、雪まつり初日に来られて雪像に感動したこと、ラーメンを食べたこと、日本の女性はチョコをあげるよりももっと味わうべきだと楽しくお話ししてくださいました。
このように期間中は、素敵なショコラティエさんが時々いらっしゃるようですよ。売り場にも出られることも。

179_4

なお売り場のあちこちでは美味しいショコラが試食させてもらえたのですが、初めにメンズの方々がずらりと並んで試食のチョコをくださったときは、さすがに緊張しました。(笑)

179_5_2

あちこちで試食したチョコも美味しくて、財布のひももゆるんでしまいそう。

確かに、チョコの味も値段もわからない男性にあげてパクッと食べられてしまうくらいなら、自分でじーっくり味わうのもいいですよね。本命かどうか、より、味がわかるかどうか、が問題だと思います。
いいものを買って、あげるときに「半分ちょうだい!」というのもいいかもしれませんね。
2月号の「チョコとお酒のマリアージュ」を参考に、お酒と楽しむのもオススメですよ~!

「サロン・ドュ・ショコラ」は明日から始まります。ネット通販もあるそうですよ。

さあ、雪まつりも開幕、チョコレートのイベントでも、札幌がますます盛り上がることまちがいなし!!

(編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »