« 日本全国の人気スイーツプレゼント! | トップページ | チョコとシャンパンのマリアージュ »

2009年1月30日 (金)

市電 de ワイン

札幌の庶民の足、市電がなんと一夜限り、おしゃれな南フランスのトラムになってしまいました。

今月号のバレンタイン特集でもお世話になった、
(チョコとワインのマリアージュを教えていただいた)
「ワインショップ フジヰ」さんのイベント
「ワインパーティ with ローヌギャング」に潜入取材です。
東京の株式会社飯田さんが、南フランスの「ローヌギャング」とコラボした、おしゃれで楽しいワインのイベントです。

あの市電が「ローヌギャング」号に!
貸し切り市電は見たことあるけど、乗るのは初めてでワクワク!

177_1

車内も「ローヌギャング」のロゴマークだらけ。
そもそも「ローヌギャング」とは?
――品質のいい南フランスの「ローヌワイン」を作りたいという同じ情熱をもった、ワインメーカーとワインを愛する人たちのグループ(資料引用です)
だそうです。

そして今回、ワインの生産者である3人とワインハンターの4人の明るく素敵なムッシューに来ていただきました!

177_2

「シャトー・ド・サンコム」、「シャトー・ペスキエ」、「シャトー・ド・モンコフォン」という三つのワイン醸造所(というより、シャトーだから広大なワイン畑とお城!)のワインが飲み放題です。
たとえばこのラベル、このお城がおうちだなんて!

177_3

中にはコミック「神の雫」にも取り上げられ、たちまち品薄になったワインもあったり、「ローヌギャング」のオリジナルもあります。なかなかしゃれたエチケット(ラベル)でしょ?

 

177_4177_5 

実はただいま、「神の雫」を一生懸命読んでるもので(笑)
それなのに飲む暇がなくほとんど頭にもワインの知識が入りませんが。
理屈は抜きにして、飲む、飲む!
難しい飲み方しなくても、そのままプラスチックのグラスで飲んでも十分に美味しい!

ケータリングの料理もとっても美味しかったです!

177_6_2

あっというまにワイワイ飲み食いしているうちに、途中からなんと、アコーディオンとバイオリンのデュオが乱入!
フランス人のみなさんがシャンソンを流暢に歌い、なんとまあ、素敵な雰囲気で盛り上がること。

177_7

お土産には、手作りショコラをいただきました。
御存知の方もいるかもしれませんが、夏に大通公園で親子が手売りしている、オリジナルのショコラ。
ただいまの時期は「ワインショップ フジヰ」さんで買えるそうです。

177_8 177_9

デザートまで大満足!
フランスにいるように粋で、冬の札幌にいると思えないほどあたたかくて、とっても楽しいイベントでした!

(編集長)

|

« 日本全国の人気スイーツプレゼント! | トップページ | チョコとシャンパンのマリアージュ »

お酒・バー」カテゴリの記事

コメント

チョコとワインのマリアージュ…うらやましいです。

でも札幌の市電を使って…
というのがおもしろいですね。
風情あるものを生かしてくれるのは
気持ちもホッとしちゃいますね(^^)

バレンタインは女性のためのイベントでもある!
…と、最近わたしは思います(笑)

投稿: tomoc | 2009年2月 2日 (月) 05時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538107/44856693

この記事へのトラックバック一覧です: 市電 de ワイン:

« 日本全国の人気スイーツプレゼント! | トップページ | チョコとシャンパンのマリアージュ »