« “いいふうふの日”の素敵なイベントに潜入してきました! | トップページ | 占い漬けの深夜●時…… »

2008年12月10日 (水)

プレミアチーズフェアで道産モノを試食!

忘年会シーズンまっさかりですが、忘年会をするひまもない私たちは、1月号(12/20発売号)ランキング特集の追い込みに向けて目下驀進中です。パーティ情報をみなさんにお知らせしておきながら、因果な商売であります。
「〆切は?」「予定過ぎてるよ!」などと檄を飛ばしていたら、なんと、先週行ったレセプションのブログをまだアップしていないことに気が付きました。原稿はお早めに(笑)

先日、ホテルロイトンで行なわれた「プレミアチーズフェア」に行ってきました。

まずは、ホクレンの方から北海道ナチュラルチーズの現状についての説明がありました。
北海道は国産チーズ9割以上を占める一大生産地っていうのが知らなかった。
確かに今年の本州でのバター不足騒ぎが「?」と思うほど、牛乳と乳酸品に恵まれている北海道です。
でも、実は国内消費量の8割以上は外国産。最近は牛乳を飲む量がへってきてもったいないので、チーズをどんどん国産(ていうか道産)をつくろう!ということです。

それから大手の雪印乳業、明治乳業の方から説明がありました。
雪印は「道産100%」にこだわり、徹底して北海道の生乳を100%使用するそうです。
明治はヨーグルトの技術があるので、「うまみ乳酸菌」を開発して、さらにおいしいチーズができるそうです。
森永乳業も含めた大手3社がチーズ工場を新設・増設して、国産ナチュラルチーズをどんどん作っていくそうですよ。

次は、共働学舎の宮嶋さんから、北海道のチーズ工房としての取り組みや、その品質は世界の賞もいただいたり、洞爺湖サミットでもVIPの方々に出して評判だったり、と北海道のチーズの底力を押していただいて、住んでる者としては非常に誇りに感じました。
そして最後に、来年1月から札幌の東急百貨店と帯広の藤丸デパートで行われる「ミルク&ナチュラルチーズフェア2009」の概要を説明いただき、プレゼンテーション終了。

さて、待望の試食タイム。(いつも試食して生きているわけじゃないですよ、たまたまです!)
当日は来客と会議が続き、ランチ抜きで飢餓状態。各メーカーさんのおいしいチーズが試食でき、共働学舎・半田ファーム・冨田ファームのチーズも試食できてのはうれしかった。

152_1

152_2

152_3

さらにロイトンの料理人さんが作ったチーズのメニューがずらり。がっついてしまいました。
どれもおいしかった~!(ランチをすでに食べたスタッフは、ワインがほしいとぼやくことしきり)
これらのチーズは「ミルク&ナチュラルチーズフェア2009」でも試食したり購入できると思いますので、ぜひオススメします。

実は私、この前、オホーツクの興部町に行ったのですが、そこの「冨田ファーム」にもうかがったんですよ。
それはチーズじゃなくて……生キャラメル!
生キャラメルを最初に作った「ノースプレインファーム」にも行ってきました。詳細は来月に別の形でご紹介しますね!

「ノースプレインファーム」の牛さん。寒くても元気です!

152_4

牛も元気で何より。
牛乳も、チーズも、ますます元気になってほしいと思いました。
来年はうし年なんですね~♪

※興味のある方はミルクランド北海道HP 
http://www.milkland-hokkaido.com/

(編集長)

|

« “いいふうふの日”の素敵なイベントに潜入してきました! | トップページ | 占い漬けの深夜●時…… »

おみやげ・特産品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538107/44980285

この記事へのトラックバック一覧です: プレミアチーズフェアで道産モノを試食!:

« “いいふうふの日”の素敵なイベントに潜入してきました! | トップページ | 占い漬けの深夜●時…… »