« 「風のガーデン」と富良野特集 | トップページ | 北海道ワイン試飲会 »

2008年11月 4日 (火)

レセプションとカフェで一息

今日は朝から雪が降って、寒い寒い札幌です。
そして、今日から印刷所への入稿、しかも、ポロコ12月号=巻頭特集2本立て+クリスマス&宴会別冊付録という1年間で最も厚い号を作らなければならず、今年最大の波が押し寄せています。
雪よりもこわい、巨大な波です。電車が動いているうちに帰れるか!?

さて、先週は巨大な波が来る前に、二つのレセプションと、とあるカフェに行ってきました。

まず一つ目は、大通の「芽吹庭」で行われた「北海道ワイン」のヌーヴォーの試飲会。
「国産ワインといっても8割は海外の素材で作られている」と報道がありましたが、「北海道ワイン」は100%国産、しかもいくつかは100%道産!と胸を張って言える純国産ワインです。
私が社会人になって初めて飲んだのが、こちらの代表銘柄「おたるワイン・ナイアガラ」。ぶどうの持つ甘味がストレートに伝わる白ワインに衝撃を受けたものです。

北海道ワイン」は、これまでは小樽の「小樽バイン」出しか飲めなかったのですが、これからは「芽吹庭」で飲めるようになるそうです。国産ワインは高い!というイメージがあったけど意外と安く、また飲み比べセットもあるので、北海道にいるからこそ北海道のワインを飲むいい機会なのではないでしょうか。

今回、試飲会でいただいたのは、赤と白の2種。新鮮なぶどうの味わい、すっきりした飲み口、どんな料理にも合いそうでした。飲みすぎました! 詳しいレポートは優秀なスタッフにおまかせで~す。

132_1

それから、次に行ったレセプションが、インテリアのハイクオリティブランド「カッシーナ」の新作発表会。しかもカクテルパーティです!
新作なので写真はNGなのですが、シャンパンやおしゃれなフードをいただきながら、上質のカッシーナのソファに座って語れるひととき。とってもセレブです。すっごく素敵でした。
カッシーナに行くといつも、「そのうち家を建てて、好きな家具で揃えよう」と思います。いい家具は一生もの、そして、いい家具の似合う空間で暮らしたい、と願わずにはいられません!

そして先週末には、まわりのスタッフを道連れにランチがてら、とあるカフェに。こちらは今月のカフェ特集に載っている某店。(わかる人にはわかるかも?)

132_2

先週はずっと「おにぎり生活」だったので、カフェでゆっくりするのはやっぱりよいなあ、とくつろいでしまいました。その割に仕事の話ばっかりしていたので、スタッフがくつろいだかどうだか……(笑)

そんなこんなで怒涛の1週間が始まりました。
スタッフのみんなともども雪と大波に負けず、体調崩さず無事に乗り切れたらと願わずにはおれません……

(編集長)

|

« 「風のガーデン」と富良野特集 | トップページ | 北海道ワイン試飲会 »

カフェ・スイーツ・パン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538107/44980270

この記事へのトラックバック一覧です: レセプションとカフェで一息:

« 「風のガーデン」と富良野特集 | トップページ | 北海道ワイン試飲会 »