« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の13件の記事

2008年9月30日 (火)

改編記者発表と、おやつ

106_1

最後はHTBに行ってきました。
おみやでなく、おやつのモンブランをいただきました。子供の頃、大好物だったモンブラン(……あれは黄色い昭和のモンブランでした)をいただきながら、新作番組のVTRを拝見しました。

それから新人アナの紹介。フレッシュでかわいい!
一人は山形から、もう一人は愛知から。アナウンサーは人気職種なので、みなさん全国から応募してくるんですよね。これから寒くなるけどロケなどがんばってください。

さて、不規則な生活にカツを入れるべく、今日は検診でした。会社のおかげで毎年受けられるのはありがたいですが、注射、エコー、バリウム、婦人科検診と数々の関門が待ち受けています。いやだ~~~っと何度も逃げ出したくなります。医療は進歩してるのに何で楽になれないのでしょうかね~。

それでも昨年は相変わらず、胃と腸と肝臓の数値に異常なし。よく食べ、よく飲むことができました。親に感謝です。今年は駆け込みダイエット(検診前に毎年やっていた)もせず、暴飲暴食の後の、ありのままで勝負しました。どうなることやら。

検査の終わってからの食事は、いつにも増して食欲が出ます。
食欲の秋、と言い続けてますが、元気な体があってこそですね~

(編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

大人の和食入門&粋なイベントご紹介!

 9月20日の発売から約1週間が経ちましたが…、みなさま、poroco10月号の「大人の和食入門」はご覧いただけましたか?
 
 編集長からのお知らせにもあった通り、今回は、「懐石+和食」「お寿司」、そして「おそば」の特集に。どのお店も職人の心意気が感じられ、何よりも卓越した技から生み出される極上の一品に出合えること必至ですよ! いつもよりはちょっぴり大人ちっくな内容になっていますが、勝手さえ知っていればもうコワイものなしです。それぞれ、編集スタッフが実際に体験取材していますので、こちらもぜひご参考下さい~!

 そして、ここでステキなお知らせをひとつ☆

104_1

 来たる10月4日(土)に、噺家・柳家三之助を招いての独演会と寄席が開かれます。独演会は今回で2回目の開催、そして寄席は、以前porocoでも取材させていただいたことのある「すし懐石 柿八」さんで行われます。三之助さんのお話はもちろん、独演会ではお土産のお菓子、寄席ではバッテラがいただけるという嬉しい特典付き! 何とも粋なこちらのイベント、ぜひ足を運んで下さいね。

■独演会
  「~柳家三之助独演会~ 三之助をみたかい?」
   日にち*2008年10月4日(土) 
    時間*開場14:00/開演14:30(16:00終了予定)
    会場*札幌市・中央区民センター1F娯楽室(札幌市中央区南2西10)
お問い合わせ*はぎれ・リサイクル着物 まめぐら
       札幌市中央区南5西13-2-20
       TEL:011・511・6777
       または、、、e-mail:sapporo@sannosuke.jp

■寄席
  「第一回 柿八寄席」
   日にち*2008年10月4日(土) 
    時間*開場17:00/開演17:30
    会場*すし懐石 柿八
    料金*2,500円(バッテラ付)
お問い合わせ*すし懐石 柿八
       札幌市中央区北5西13-1
       TEL:011・231・7556

 こ~んなステキな会ですもの、いつもの洋服とは雰囲気をガラリと変え、お着物で訪れてみるのもオススメ! そんなときには、poroco10月号の巻頭ページ「poroco's eye」でご紹介している「はぎれ・リサイクル着物 まめぐら」さんで、自分に合ったとっておきの一着を見つけてくださいまし~~。

 味覚・食欲の秋、そして芸術・芸能の秋、そしてそしてオシャレの秋……、雪のお便りが届くほんの僅かな期間、北海道ならではの“秋”をみなさま思う存分楽しんでくださいね!

(編集YM)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

改編記者発表と、おみや(2)

UHBでいただいた、ゴンチャロフの焼き菓子です。

103_1

あと、かわいくて笑っちゃったのが、「ともだっち」の文房具。
分度器って懐かしいなあ! 定規は仕事柄よく使いますが分度器は小学生以来。

103_2

UHBといえば、「タカ&トシのどぉーだ!」で、全国区で大ブレイクした道産子芸能人の番組で成功していますが、それに加えて、里田まいちゃんの深夜番組も始まるそうですね。
地元に住んでいて、北海道の芸能人が全国で売れるのはうれしいことですが、それでもって、ちゃんと地元の番組に出てくれるというのは、さらにうれしいことです。

HBCでいただいたのは、もんすけのシールと、ブロマイド?と思っちゃうようなアナウンサーのスチール写真。Hanaテレビも時間拡大だそうです。

103_3

HBCではヤスケンこと安田顕さんの深夜ドラマが始まるそうですよ。いまやNHKの連ドラでもおなじみになりましたよね~。

テレビ各局がこんなに趣向を凝らして新番組を打ち出していると、編集部とて他人事のように感心してはいられません。
急に冷え込んだ札幌、景気も上がらない……なんてネガティブにならず、だからこそ明るく楽しい情報を発信してまいります!


ところで、札幌市が日本で「最も魅力ある街」第1位になったというニュース、聞きましたか? しかも連続3年首位!

「地域ブランド調査2008」結果速報
市区町村の魅力度、札幌市が3年連続1位
http://www.tiiki.jp/corporate/news_release/2008_09_25.html

全国ベスト20のうち、函館、小樽、富良野、旭川と北海道から4つもランクインされていたんですよ! 洞爺湖町もランクアップだそうです。やった!

イメージ的なものもあるのでしょうが、それでも日本中から最も魅力があるといわれていること自体、大変ありがたいことだし、だからこそ、ますます魅力ある地域情報を発信しなきゃ……と責任重大です。
朝からちょっと明るい気分になったニュースでした。

(編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

あらためて、「2009年度版・札幌の美食店」

「2009年度版・札幌の美食店」の画像をケータイからアップさせたのですが、なぜかうまくいかなかったので、あらためて画像だけアップします。

102_1

せっかくなので、販売担当スタッフが作ってくれた特製の「平積みラック」に積んでみました♪

102_2

このような形で本屋さんで見かける方もいるかもしれませんね。

寒くなりましたが、美味しいもので心からあったまりましょう!

(編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

本日発売!「2009年度版・札幌の美食店」

またまた新刊のご案内です。
「2009年度版・札幌の美食店」本日発売となりました!

これはポロコ編集部が1年かけて集めた美味しい店の中から、さらに読者の反響・評判に基づいてさらによりすぐり、再編集したものです。

新店、限定メニュー、カウンター、厳選素材、ランチという5つのキーワードから紹介し、また、読者に人気の円山エリアを特集しました。
さらに札幌市内のホテルグルメも網羅しました。
付録インデックス付きで便利、しかも編集部一同が一年かけた汗と涙の結晶、というのはおおげさですが(笑)、最新版であり永久保存版の一冊です。

ぜひぜひぜひ、本誌10月号とともにお買い求めください! 決して損はさせません! よろしくお願いします。

2冊の同時進行は大変でしたが、こうして出来上がると、感慨もひとしおです。

(編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

poroco10月号本日発売!

いよいよ本日発売となりました、poroco10月号。
巻頭特集は「大人の和食入門」です。

「和食好き!」「和食が食べたい!」という声はよく聞くけど、いざ食べに行こうということになると、
「居酒屋くらいしかわからない」「専門店は高そう……」と一歩引いちゃうところはありませんか?
日本人なのに日本食に引いちゃうなんてもったいないですよね。

だから、ポロコは初めて和食の専門店を特集してみました。
気軽に使える和食屋さんから、懐石料理屋さんでのマナー。
お寿司屋さんやお蕎麦屋さんでの“粋”な過ごし方。

この特集のために、スタッフは「なだ万」や「すし善」などに潜入?してみたり、専門書を一生懸命調べたり、お店の人に教えてもらったりしたんですよ。

95_1

95_2

95_3

つまりは結局、お店での過ごし方、お値段、内容がわかれば、全然のれんをくぐるのはこわくない、ということがわかる、この秋オススメの特集です。ぜひ保存版にしてほしいです!

味覚の秋、食欲の秋、ただいま美味しい食材が満載。
カロリーも控えめだし、和食の専門店にすっと入れる大人の女性になれますよ♪

人気連載「ポロコ・トラベル」はハワイ、グルメにショッピング、フラにレジャーと欲張りに遊ぶハワイ旅行を紹介します。

そして、先月から連載が始まった、札幌で買えるファッションアイテム「poroco favorites」はブーツです。人気が出そうなものばかりなので、ほしいデザインは今のうちにゲットして!

ぜひ最寄りの本屋さんやコンビニでお買い求めください。よろしくお願いしま~~~~~す!

(編集長)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

改編記者発表と、おみや

おみや、いただきました。
ショコラティエ・マサールの焼き菓子。

93_1

脇にあるぬいぐるみを見てお分かりのとおり、これはSTVの改編記者発表の帰りにいただいたものなんです。

テレビ局は春と秋に改編というものがありますね。新しいドラマや番組が始まったり。そういうものの記者発表があるということを、これまで知りませんでした。ただいま各局記者発表まっさかりです。
集まっているマスコミの方は、新聞社、テレビ雑誌、など。きびしい質問なんかも時折出たりもしていました。

STVといえば「朝6生ワイド」に「どさんこワイド」。出演のアナウンサーさんが出てきて、番組説明や自己紹介、撮影といったことが行われました。
この秋から「どさんこワイド」にミニドラマ「桃山おにぎり店」が始まるそうで、その役者陣も出ていました。なかなか本格的なドラマでしたよ。
それから、アナウンサーがドラマ仕立てで番組を紹介するという「ドラマ三姉妹+長男」の紹介もあり、かわいい女性アナ三人がオリジナルソングで歌って踊っていました! さすが出版社とは違う、タレントでもないのに大変だなあ。
(しかし今日見た女子アナさん、みんな細くてかわいかった。うらやまじい)

93_2

93_3

93_4

93_5

さて、いただいたおみやは、10月号もまだ発売していないのに、11月号の入稿に追われているという、いたいけなスタッフたちにあっという間に配りました。

実は私はテレビが大好き、朝から決まった時間にチャンネルをどんどん変えながら身支度を整えています。昼時は見られませんが、朝と深夜は明るさと元気をもらっています。そんなわけで、おなじみのアナウンサーの方を間近にたくさん見られた滅多にない体験でした。

(編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイルドストロベリー

皆さんこんにちは!

今日も天気がいいですね~、どこかに出かけたい!とそんな気分になりながらもくもくとデスクで作業しているYHです。
(の合間に更新しているんですけども)

さていよいよ今週土曜にはporoco10月号(9/20発売)が発売になります!“和食特集”ということで、食欲の秋にぴったりの一冊になっています!!

さて、いきなり話が変わりますが(変わりすぎ…ですが)皆さん“ワイルドストロベリー”って知ってますか?

ご存じの方も多いと思いますが、実がなると“幸せになる”と言われている植物です。

一年半ほど前に人から苗を贈り物として頂いたのですが、「これ、枯らしたら不幸になるんじゃあ…」とびくびくしていました。

で、時間はかかりましたがちゃんと実がなって一安心!

Photo

なのですが、途中から育ててくれているのは母です。

実を食べているのもまだ母だけです。

結局幸せが訪れるのは母なのか…(?)という疑問も頭をよぎりますがとりあえず実がなって嬉しいのでアップしてみました。

皆さんは何か植物を育ててますか??

花やガーデニングに興味のある方は北海道の花生活マガジン「MyLoFE」もオススメです!

と少し女の子らしい話をしようとしてずぼらさが露呈してしまったYHですが、11月号、12月号と年末に向けて頑張ります!!

(編集YH)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

岩手県のタウン誌編集長より

本誌の目次の下に小さく載っているのでご存知の方もいるかもしれませんが、「poroco」はタウン情報全国ネットワークに加盟している、北海道のタウン情報誌です。

先日、東京本部からメールが送られてきました。岩手県は地震の風評被害で観光客が激減しており、県をあげて全国に安全をPRしているので、全国のタウン誌も協力してください、とのことでした。

風評被害。
私は6月にプーケットに行った時、津波のニュースのおかげで日本人旅行客が来なくなったという話を聞きました。昨年ペルーに行った時には、出発前に大地震が起き、周りの人から大丈夫かと心配もされました。
外務省のホームページには、天災や伝染病、テロなど、大昔に起こったことでも注意地域としていつまでも地図に残しています(なぜか欧米の大国はテロがあっても地図には表れていませんが)。

聞いた話なんですが、新潟で大地震が起きた時、アメリカ人が京都旅行を中止したとか。全く離れているのに、現地を知らない人はそうやって心配してしまうものなんですね。

岩手県も、広い県土の一部で起こった地震で、岩手県全体が危ないかのように思われているとか。
私たち北海道だって、ひとごとだと思ってはいられません。洞爺湖はサミット開催が決まるまで、噴火のせいで観光客が激減していたのですから。風評被害はむしろ、天災よりもこわいものだと思います。

……なーんて、重々しく書いてしまいましたが、先のメールをいただいたところで、小さいことでも何かできないかと岩手県のタウン誌編集長とメールしました。

そして、岩手県の魅力を教えて!といくつか画像をお借りしました。

91_1

91_2

91_3

前沢牛、盛岡冷麺、おおお、美味しそう。
現在、本誌10月号と別冊美食本の入稿と校了に追われて動けない身としては、身もだえしてしまいます。
そういえば、昔、盛岡でわんこそばを90杯食べたことがありました、楽しかったなあ~。じゃじゃ麺というのも食べてみたい!

東北といっても北海道のお隣さんなんですよね。函館に行くとさらに強く思います。
これからの秋の行楽シーズン、祝日もちらほら、ちょっとだけ遠出したいなあ、なんていう方、岩手でトラベル気分を味わってはいかがでしょうか?

ちなみに私はこの連休も校了中です。
トラベルしたいなあ~!!

(編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

ロールプレイングコンテスト!

本日、「第14回SCロールプレイングコンテスト北海道支部大会」の審査員をつとめてきました。
SCというのは日本ショッピングセンター協会のことで、ショップ店員の接客について、好感度・コミュニケーション力・販売力の3ポイントから審査するということです。

ロールプレイングですから、お客さん役の女優を相手に、5~6分の寸劇をやらなければいけない。女優さんが何を言い出し、何をするのかわからない。それをステージの上で、商品を薦めながら、最終的にお買い上げまでを行う参加者の皆さん、誠に勇気があります。私など絶対無理。

といっても審査員だって、初めての経験です。もちろん、接客業のエキスパートや、ベテランの方々がいらっしゃるので、審査自体は厳正かつ公正にきちんと行われましたよ。

90_1 90_2

しかし、ショップ店員さんの熱演と、オススメの商品。最近、服を買いに行ってないなあ……と、思わず行きたくなるお店が何軒もありました。このまま終了後に買いに行きたかったなあ。

今日は11時に集合、お弁当をいただき、12時から競技開始……で、終わったのが5時半過ぎ。
なぜか私も緊張しましたが、やっと長丁場が終わりました。事務局の方が、
「おつかれさまでした。これから懇親会なんですが」と。
こんしんかい? 冷たいビール? 食べもの??と一瞬目が輝きつつも、今日も校了中……(泣)
「これから仕事がありますので……」と、
ショッピングもビールもあきらめて、会社に戻ってきたのでありました。

さあ、これから本業スタート!であります。(なぜこの口調?)

(編集長)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

美味しい中華を食べたくなったら

こんにちは。
またもや1日遅れの更新となった編集SHです。

目下、編集部は9/20発売10月号「札幌・大人の和食特集」制作の最終段階に取りかかっています。
懐石料理やお寿司、そば、和食など、秋の味覚をたっぷり楽しめる美味しい和食をご紹介しています。
和食だけを特集した号は、poroco11年の歴史で初めての試み!
ぜひぜひご覧下さいませ♪

さて、話はがらっと変わって、中華です。

「中華ならホテル」で。と決めている方も多いのでは?
ホテルの中華って、味のレベルがとっても高くて、しかもホテルという高級な場所のわりにコスパもいいお店が多いですよね。

そんな私の「お気に入りホテル中華@札幌」リストに、絶対書き加えたいお店が誕生しました。

セレブや食通も通う、東京の有名中華料理店・ウェスティンホテル東京の「龍天門」。
その「龍天門」料理長・陳啓明氏をアドバイザーに迎え、リニューアルしたシェラトンホテル札幌30F・中国料理「仙雲」です。

なにやら、陳シェフの味を完全に守ることを第一に、料理人の方が長期間東京で修業を積んだそうで。
メニューの品数も、完璧に仕上げられるものだけに絞り込んでリニューアルしたというこだわりよう。

東京の有名シェフの味を、札幌で気軽に楽しめるなんて素敵! ぜひ行ってみたい!とメディア向けのリリースを見ながら思っておりましたら…
なんとなんとうれしいことに、試食会にご招待いただきました!

編集部でも1、2を争う食いしん坊の私。もちろん、ルンルン気分でお伺いしてきました。

「ブッフェ形式かな?何品ぐらいいただけるのかな?」などと、お下劣な想像を巡らせながらの東西線車内。
待っていたのは、私の想像を遙かに越える、美味なお料理の数々でございました。

以下その一端をご紹介します~。

まず、一品目。
「活ボタン海老の湯引き」

87_1

もう、お味を説明する必要性すら感じません。
メニュー名だけで、ご飯1杯いけちゃいそう、な勢いです。
あっという間にペロリと完食。

二品目。
「湯葉、エノキのフカヒレスープ 陳皮の香り」

87_2

口に含むと、かすかに感じる柑橘系の爽やかな香りが、とてもいいアクセントになっています。
「この柑橘系はなんだろう?」と思ってメニュー表を見てみると、
英語で「Orange Peel Flavor」と書いてあります。
陳皮とは、熟したみかんの皮を干したものなんだそう。
とりあえず、柑橘系の香りを感じることのできた自分の味覚にほっとしながら
三品目をいただきます。
「旬の野菜と帆立貝の炒め」

87_3

続く四品目は「北京ダック」です。
既に巻いたものが出てくるお店も多いですが、
「仙雲」さんでは、サービスの方による「プチ巻き方講習」のあと、
自分で巻いていただきます!

87_4

北京ダックの巻き方って、何気に「ちゃんとは知らない」という方も多いのでは?
ちゃんとした巻き方で、しかも自分で巻いた北京ダックの味は、適当に巻いたものとはひと味もふた味も違うんです!
今度どこかで北京ダックを味わう機会があったときには、本格的な巻き方を披露して、ヒーローになれそうな予感がします。

そして、「春雨と茄子のガーリック風味蒸し」
「豚トロ肉の海老醤煮込み」
(紹興酒で酔っ払ってしまい、ブレブレの写真だったため、写真は割愛させていただきます。。。。)

ここまで来ると、もう満腹です。
次にくる「坦々麺」は、どこにも入りそうな隙間がありません。
なんて思っていたら…

87_5

サービスの方が持ってこられたのが、普通のラーメン鉢サイズの坦々麺!
正直、「む、ムリ…」と思ったのも束の間。
あまりの美味しさに、完食です。
さすがにスープまでは飲み干さなかったものの、「絶対無理」と思った完食をやってのけました。
なにやらこの担々麺、「龍天門」の常連さんが必ず注文する隠れメニューなんだとか。
そんな美食家の舌をうならせてきた担々麺を、「仙雲」ではレギュラーメニューとして取り入れて、提供してくれています。
お値段、1,200円。

東京のセレブをもトリコにしている担々麺、ぜひ食べに出かけてみてください♪

今回紹介したメニュー以外にも、メニューには気になるものがずらり!
「本格香港家庭料理」がコンセプトだから、味は超本格的ながら、お値段はリーズナブルです。

そして、シェラトンと言えば、美しい夜景も忘れちゃいけませんよね。
ホテルらしいエレガントでシックな内装、窓の外は美しい夜景や景色。

気の置けない友だちとの美食ランチにも、恋人や配偶者とのラブラブな夜にも、ぴったりだと思います!

皆さんも、ぜひ足を運んでみてください!!
おすすめ!!!!です。

(編集SH)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

ステラプレイスのリニューアル内覧会

札幌ステラプレイスが9/5(金)にリニューアルするフロアの内覧会に一足先に行ってきました。

ベールの向こうには新しく生まれ変わったフロアが……!
マスコミ、テレビ局、ラジオ局の人たちも来ていました。

おしゃれなお店、かわいいお店、面白そうなお店。
美味しそうなものもありましたよ。

84_1

84_2

84_3

84_4

84_5

84_6

午後にはporocoのスタッフも撮影に来ていたそうで、詳細は本誌でも見られることと思います。
ちょっとだけ先に見られて面白かったですよ!

(編集長)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

HTBの「歓喜の歌」の試写会に行ってきました。

82_1 先日、9月7日(日)に放送される、HTBの開局40周年記念のスペシャルドラマ「歓喜の歌」の試写会&記者会見が行われ、足を運んできました。

原作は立川志の輔の新作落語(今年2月に映画化もされています)。
女性コーラスグループのコンサートと市長の市政20周年報告会をダブルブッキングしてしまった、市民会館のいい加減な事務主任が、コンサートの日時変更を認めないお母さんたちと衝突しながらも、その交流を通して成長していく姿を描いたハートフルコメディです。

主演の事務主任役・大泉洋さんをはじめ、田中裕子さん、大滝秀治さんらの豪華キャスト、笑って泣けるストーリーなど、見どころはたくさんありますが……、個人的には物語の舞台である小樽市(物語中は「大樽市」という名前です)の風景が一つひとつ繊細に描かれていて、その映像の美しさにすごくびっくりしてしまいました。

今回、メガホンをとったのは「水曜どうでしょう」でおなじみの藤村忠寿ディレクター。地元で制作するからこそ、生活者の視点で小樽の美しさを描いた作品にしたいと何度もロケハン(撮影場所の下見)を重ね、カット割りや機材など技術的なこともいろいろ工夫していたとのこと。その言葉通り、映像の面でもすごく見応えのある作品だと思います。

大泉さん曰く、鈴井貴之さんもおもしろいと太鼓判を押してくれたとのことで、「水曜どうでしょう」ファンは必見の一作かもしれません。

放送は7日(日)の14:00~15:25。ぜひチェックしてみてください。

(編集AO)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »